トピックス

コレがぶたどんまんの全力!ばんえい馬リッキーとの競争がカワイイ

コレがぶたどんまんの全力!ばんえい馬リッキーとの競争がカワイイ

【清水町】2014年10月1日から13日までの約半月間、十勝を舞台にメディア芸術祭十勝帯広展『メディア芸術の林間学校』が開催される。そのメイン会場となるのが、清水町の十勝千年の森だ。同会場の野外展示の一つに「スポーツタイムマシン」があるが、開催スタートに合わせ、十勝をPRするキャラクター「ぶたどんまん」が実際に挑戦した。

スポーツタイムマシンとは?

スポーツタイムマシン(作:犬飼博士・安藤僚子)とは、壁に映し出される動物や選手などの映像と一緒に走り競争できるというもの。その様子は記録され、客観的に見ることも可能だ。山口県山口市の展示では子供たちも挑戦し、多くの笑顔を生み出した。

今回は林間学校がテーマで、野外展示として、十勝千年の森内の芝生上に設営。13日までの期間中、無料で利用することができる(入園料別途必要)。10月4・5日にはスポーツタイムマシンを使った大運動会も開催予定。きっと良い思い出作りになりそうだ。

ぶたどんまんが早速チャレンジ!

そんなスポーツタイムマシンを早速、あるキャラクターが着ぐるみ姿で挑戦した。十勝をPRするキャラクター・ぶたどんまんだ。今回のスポーツタイムマシンでは十勝開催ということもあり、ばんえい馬リッキーの走りが映像に映し出され、競争を楽しむことができるのだが、ぶたどんまんとリッキーの夢の競演の模様が映像で公開された。

「いちについて、よーい」で音楽と共に競争スタート。一方の端に到着すると折り返して(往復して)スタート地点でゴールするのだが、結果は、リッキーは25秒ほどでゴールしたのに対して、ぶたどんまんはスタートから遅れをとって35秒ほどでゴール!ゆっくりながら、その全力で挑む姿がとてもカワイイのだ。

興味ある方は、十勝千年の森へ、ばんえい馬リッキーと競争しに行ってみていただきたい。

▼映像:全力でリッキーと競争するぶたどんまん

※キャプチャ画像・映像はぶたどんまん公式チャンネルより

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。