トピックス

札幌駅前通地区に新しいお祭り誕生!「さっぽろ八月祭」初開催へ

編集部
Written by 編集部

札幌駅前通地区に新しいお祭り誕生!「さっぽろ八月祭」初開催へ

【札幌市】札幌駅前通地区活性化委員会は2015年8月7・8日の両日、新しいお祭り「さっぽろ八月祭」を北3条広場(アカプラ)で初めて開催する。昨年盛り上がりを見せた盆踊りを核に、100人線香花火も開催する夏らしいお祭りで、札幌の都心で「みんなでつくるまちのお祭り」を目指す。

「さっぽろ八月祭2015」として開催するイベントは、昨年の札幌国際芸術祭2014で開催した特別プロジェクト「フェスティバルFUKUSHIMA!北3条広場で盆踊り」を引き継ぐもの。

「フェスティバルFUKUSHIMA!」は、音楽家の大友良英氏ら福島県出身のアーティストが東日本大震災復興の取り組みの一つとして始めたもので、昨年2014年8月に全国5か所目となる札幌・北3条広場で盆踊りを初開催した。2015年も大友氏と札幌編成のニューバンドが盆踊りに登場し、様々な踊りの曲を生演奏する。 札幌市民200人による「オーケストラSAPPORO!」は8月8日に開催される予定。プロ・アマを問わない一般公募メンバーによる特殊巨大オーケストラのためのワークショップを開催する。

札幌駅前通地区に新しいお祭り誕生!「さっぽろ八月祭」初開催へ
札幌駅前通地区に新しいお祭り誕生!「さっぽろ八月祭」初開催へ

縁日も昨年に引き続いて両日開催されるが、個性的なお店のラインナップを増やす予定で、昨年以上に食べて飲んで楽しめるお祭りを目指す。今回初めて行われるものとしては「100人線香花火」がある。北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)をバックに、浴衣姿で線香花火を大人数で行うもので、8月7日に開催予定だ。さらに、アカプラ浴衣プロジェクトとして、浴衣姿で参加した人へのプレゼント企画なども計画している。

昨年開催した「さっぽろ天神山アートスタジオ大風呂敷工場」は、今回7月に札幌駅前通地下歩行空間にも登場するという。「さっぽろ八月祭」として新たなスタートを切る新しいお祭りについて、同委員会は「忙しい毎日からほんの少し抜け出して、参加して楽しんでいただきたい」としている。イベント詳細は4月に開催される予定の公式ウェブサイトで随時発表される。
※写真は昨年開催「フェスティバルFUKUSHIMA!北3条広場で盆踊り」の様子。撮影:ハレバレシャシン

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。