トピックス

やはり「白い恋人」は強かった!名物の知名度調査で全国1位に

編集部
Written by 編集部

やはり「白い恋人」は強かった!名物の知名度調査で全国1位に

株式会社インテージリサーチ(東京都)は2015年4月20日、全国各地の名物の知名度を調べた「ふるさと名物に関する知名度調査」の結果を発表した。その結果、北海道の「白い恋人」(白い恋人)が全国の名物で最も知名度が高く、全国的に最も浸透していることが判明した。また、トップ10に北海道から2品目がランクインした。

道内から2品目がランクイン

この調査は、2015年3月27日~31日に全国の20歳以上の男女約1万人を対象に、同社がインターネットで調査を行った。各地のふるさと名物3,330産品がどのような名称で浸透しているかを調べるもので、全国的な知名度と、都道府県内の知名度の差について結果をまとめた。

調査は居住している都道府県内の産品について「知っているもの」を回答し、さらに他都道府県の産品のうち1,100品目について「知っているもの」を回答してもらった。全国知名度の結果は下記の通り。

▼全国知名度上位10品目
1位 白い恋人(北海道) 87.3
2位 生八つ橋(京都府) 81.5
3位 ちんすこう(沖縄県) 81.2
4位 八つ橋(京都府) 79.4
5位 夕張メロン(北海道) 78.2
6位 きりたんぽ(秋田県) 78.0
7位 讃岐うどん(香川県) 77.0
8位 シークワーサー(沖縄県) 76.9
9位 サーターアンダギー(沖縄県) 75.3
10位 長崎カステラ(かすてら)(長崎県) 75.2
(※株式会社インテージリサーチ調べ)

上記の通り、北海道勢がトップ10に2品ランクインした。特に1位に輝いた「白い恋人」(札幌市)は2位に6%ほどの差をつけて87.3%という結果に。5位に「夕張メロン」(夕張市)が入り、トップ5に北海道から2品目が入ったことになる。

北海道の名物としてはほかに、「バター飴」が59.9%、「ロイズ生チョコレート」が53.3%、「日高昆布」が48.3%が北海道上位5品目に入っており、全国的知名度が50%以上あるものは4つであった。

道内知名度が高いのは「白い恋人」「ロイズ生チョコレート」

一方、道内知名度で見ると、「白い恋人」は95.7%、「ロイズ生チョコレート」は94.2%と、道内では知らない人がほとんどいないくらい、とても高い知名度を誇っていることが分かった。

これらを比較してみると、道内では知名度が高いのに全国的にはまだ知名度が低い品目というのが見えてくる。例えば「ロイズ生チョコレート」は道内では94.2%知られているのに、全国ではまだ半分ちょっとの知名度である。

▼北海道のトップ5
1位 白い恋人
全国知名度87.3 / 道内知名度95.7
2位 夕張メロン
全国知名度78.2 / 道内知名度91.8
3位 バター飴
全国知名度59.9 / 道内知名度84.5
4位 ロイズ生チョコレート
全国知名度53.3 / 道内知名度94.2
5位 日高昆布
全国知名度48.3 / 道内知名度82.1
(※株式会社インテージリサーチ調べ)

都道府県内では知名度が高いのに他都道府県では知名度がそれほど高くない例は少なくない。都道府県別で見ていくと、全国知名度1位の品目でも50%に届いていない県がある。新潟県1位の笹団子21.0%はその一例。その一方で、全国知名度品目トップ5すべてが50%を超えている県もわずかにあり、京都府、沖縄県だけが該当する。そういう意味では、北海道の名物は全国的に比較的高い知名度があると言えそうだ。

調査結果によると、地元では知られていても全国では知られていない産品は4品に1つの割合であるといい、「産品の知名度向上に向けて、各自治体でのマーケティングの強化が課題」としている。
さらに詳しくはこちら

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。