トピックス

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

編集部
Written by 編集部

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

【倶知安町・ニセコ町】2015年7月1日、45頭もの大量の牛たちがニセコの街を占拠したとの情報が。その牛たち、ただの白黒や茶の牛ではなく、カラフルに彩られた牛なのです。いったいどういうこと?「カウパレード・ニセコ2015」が開催中のニセコヒラフにお邪魔しました。

世界80か所で行われてきたアートイベント

「カウパレード」は、「カウ」つまり牛のオブジェにアーティストがペイントを施し、街に飾って地域への集客を図るパブリックアートイベントです。1998年にスイス・チューリッヒで始まり、これまで世界80か所ほどで開催し、5000体以上のカウが誕生してきました。日本では過去3回東京で開催されており、国内では4回目の開催です。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

2015年のニセコ開催は一般社団法人ニセコプロモーションボード(倶知安町)が開催。2014年にワールドスキーアワードで日本の全部門最優秀賞を受賞し世界的に注目を増しているニセコエリアの夏の観光にスポットを当て、ニセコブランドの認知度向上、観光客増加などによる収益確保を目指しています。

牛をデザインするのは、一般募集に応募し、選考委員会によって選出されたアーティストたち。それぞれのアーティストが等身大の真っ白い牛のオブジェに思い思いのデザインを施し、ニセコの各所に設置されることになりました。開催期間は2015年7月1日から10月1日までです。羊蹄山バックに、ニセコの街並みをバックに、写真を撮りに行ってみるのもいいでしょう。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

カウパレードを見に行くならどこに行けばいい?

カウパレードの牛たちは47頭あり、そのほとんどが倶知安町とニセコ町の各所に置かれています。倶知安町市街に2頭、ニセコ町市街に2頭、道の駅ニセコビュープラザに2頭、アンヌプリに1頭、東山地区に5頭、樺山地区に2頭、花園地区に2頭、そして倶知安町ヒラフ地区には最も多い29頭。残る2頭は札幌市にあり、「レゴ牛」はIKEUCHI iGATE Sapporo、「フルーツ&ベジタブルホッカイドー!!」はJR札幌駅に置かれています。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

ということで、まずはヒラフ地区に行ってみることをお勧めします。ヒラフ地区の29頭は密集しているので、徒歩ですべて見て巡ることができます。それでは倶知安・ニセコ地区のカウたちを一挙ご紹介しましょう。

倶知安町ヒラフの牛たち

ヒラフ地区は市街に29頭の牛たちがいます。「iGATE IKEUCHI ニセコひらふ」のように3頭が一緒にいることもありますし、ペンション街を下った先、少し離れたところにいることもあります。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!
カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!
カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!
カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!
カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!
カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!
カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

倶知安町樺山の牛たち

オーチャードニセコとカントリーリゾートに1頭ずついます。少し距離があるので歩いていくのはきついでしょう。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

ニセコ町東山・アンヌプリの牛たち

ミルク工房前に1頭、ヒルトンニセコのニセコビレッジに4頭、アンヌプリいこいの湯宿いろは前に1頭がいます。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!
カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

ニセコ町ニセコ駅前と道の駅の牛たち

ニセコ駅前、ニセコバス事務所前、道の駅ニセコビュープラザに2頭がいます。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

倶知安町倶知安駅前と花園の牛たち

倶知安駅前に1頭、国道近くのスーパーラッキー倶知安店の入口前に1頭います。花園地区では、HANAZONO 308入口横、坐忘林がありますが、それぞれ距離が離れているので徒歩では厳しいでしょう。

カラフルな牛45頭がニセコを占拠?! 「カウパレード・ニセコ」開催中!

いかがでしたか。カウたちはカラフルにデザインされており、どれも個性的です。中には羊のようになっているカウ、小道具が取り付けられているカウ、花々に囲まれたカウまで、様々です。自分だけのお気に入りのカウを見つけに行ってみてはいかがでしょうか。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。