味わう

いったいどんな味がするの?「やきそば弁当風ソーセージ」が誕生!

編集部
Written by 編集部

いったいどんな味がするの?「やきそば弁当風ソーセージ」が誕生!

北海道では広く食べられている北海道民のソウルフードのひとつ「やきそば弁当」。本来捨てるお湯の一部をスープに活用できる特徴をもつカップ焼きそばです。そのやきそば弁当がソーセージになった! と話題になっています。

やき弁製造の東洋水産から発売

「やきそば弁当風ソーセージ」は、やきそば弁当を製造するマルちゃんの東洋水産から、2015年11月2日に発売されました。サイズは小さめで、23gのソーセージが3本入り、160円(税別)。北海道工場で製造し、北海道のスーパーなどで販売されています。

いったいどんな味がするの?「やきそば弁当風ソーセージ」が誕生!

たらやたちうおといった魚肉を使っている点はソーセージそのもの。やきそば弁当の麺やかやくが入っているわけではありません。ソーセージの中には緑色の点々が見えますが、これはやきそば弁当完成時にふりかけるあおのりをイメージしたあおさです。「やきそば弁当風」ですから、やきそば弁当そのものが入っているわけではありません。

味は魚肉ソーセージ、香りはやきそば弁当

やきそば弁当風ソーセージは、ピンク系というよりは茶色系に近い色合いをしています。袋を開けた瞬間、やきそば弁当のソースとあおのりを全部混ぜた後の強烈な香りがぷーんとします。ソーセージを買ったはずなのにやきそば弁当の香りがしてくるので脳が錯覚を起こしてしまいそうです。

いったいどんな味がするの?「やきそば弁当風ソーセージ」が誕生!

一口食べた瞬間の味は普通に魚肉ソーセージ。ソーセージの味の後からやきそば弁当の香りがします。やきそば弁当の味がもっとガツンと来るかと思いきや、それほど強い味ではありません。そして、そのあとからあおのりの香りがします。サイズも大きくないので、あっという間に食べることができます。

東洋水産によると、子供から大人まで手軽に食べてほしいと、やきそば弁当特有のソースをベースに甘めに仕上げているのだとか。やきそば弁当が大好きな方、興味本位で食べてみたい方、是非一度食べてみてください。→購入はこちら

▼るみちゃんとばんくんも食べてみました!

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。