トピックス

江別市8位、千歳市10位に!2015国勢調査速報値で人口順位に変動

編集部
Written by 編集部

江別市8位、千歳市10位に!2015国勢調査速報値で人口順位に変動

道は2016年2月17日に2015年国勢調査の速報値を発表。2015年10月1日現在、道内179市町村の人口と世帯数及びその増減数が明らかになった。人口増は8市町のみで、人口ランキング上位10位以内で変動が生じた。

道内総人口は538万3579人

道内の人口は538万3579人。前回2010年調査(確定値)では550万6419人だったので、12万2840人、2.2%減少したことになる。男女別でみると、男性260万3345人→253万6648人、2.6%減、女性290万3074人→284万6931人、1.9%減。

世帯数は242万4317世帯が244万0502世帯になり、0.7%増という結果になった。

人口増は8市町のみ

市町村別にみると、人口が増加したのは8市町のみ。札幌市、千歳市、恵庭市、帯広市、東神楽町、東川町、幕別町、ニセコ町。札幌市の一極集中は進んでおり、4万人増の195万3784人、道内の36.3%を占めるまでになった。

増加率の道内一位は東神楽町で、10.1%。今回の調査で初めて10,000人の大台を突破した。増加率二位の東川町(3.3%)とともに旭川市のベッドタウンとして宅地化が進んでいることも要因のひとつ。ニセコ町の増加率は2.9%で道内三位だが、これは外国人が増えたことによるもの。

▼道内市町村増加数ランキング(8市町村)
1.札幌市 1,913,545→1,953,784(+40,239)(2.1%増)
2.千歳市 93,604→95,664(+2,060)(2.2%増)
3.帯広市 168,057→169,389(+1,332)(0.8%増)
4.東神楽町 9,292→10,231(+939)(10.1%増)
5.恵庭市 69,384→69,745(+361)(0.5%増)
6.東川町 7,859→8,115(+256)(3.3%増)
7.幕別町 26,547→26,764(+217)(0.8%増)
8.ニセコ町 4,823→4,962(+139)(2.9%増)

人口減は171市町村

一方で、人口減の市町村はそれ以外の171市町村ということになるが、その中でも46の自治体で10%以上の減少率を記録した。人口減少数でみると函館市と小樽市が10,000人以上の減少、旭川市、釧路市、室蘭市、岩見沢市、北見市といった主要都市部でも5,000人以上の減少がみられた。

減少率では、夕張市が10,922→8,845人で19%の減少率。歌志内市、音威子府村、京極町、松前町、島牧村、積丹町、木古内町、上砂川町、天塩町はいずれも14%超の減少率を記録している。

▼道内市町村減少数ランキング(トップ10)
1.函館市 279,127→266,117(-13,010)(4.7%減)
2.小樽市 131,928→121,910(-10,018)(7.6%減)
3.旭川市 347,095→339,797(-7,298)(2.1%減)
4.釧路市 181,169→174,804(-6,365)(3.5%減)
5.室蘭市 94,535→88,585(-5,950)(6.3%減)
6.岩見沢市 90,145→84,541(-5,604)(6.2%減)
7.北見市 125,689→120,652(-5,037)(4.0%減)
8.稚内市 39,595→36,399(-3,196)(8.1%減)
9.江別市 123,722→120,677(-3,045)(2.5%減)
10.美唄市 26,034→23,048(-2,986)(11.5%減)

道内市町村人口ランキングに変動が

179市町村別人口ランキング上位に変動があった。僅差ではあるものの減少数の違いから江別市と北見市の順位が入れ替わり、人口が増加した千歳市と9万人を割り込んだ室蘭市の順位も入れ替わっている。なお、10万人以上の都市は9市で前回と変わらない。

▼道内市町村人口ランキングトップ20
1.札幌市 1,953,784
2.旭川市 339,797
3.函館市 266,117
4.釧路市 174,804
5.苫小牧市 172,794
6.帯広市 169,389
7.小樽市 121,910
8.江別市 120,677
9.北見市 120,652
10.千歳市 95,664
11.室蘭市 88,585
12.岩見沢市 84,541
13.恵庭市 69,745
14.北広島市 59,087
15.石狩市 57,462
16.登別市 49,656
17.北斗市 46,416
18.音更町 44,835
19.滝川市 41,209
20.網走市 38,966

ちなみに道内三大都市である札幌市、旭川市、函館市の合計が道内全体に占める人口割合は約半数の47.5%となっている。なお、確定値は2016年10月に発表される予定で、速報値と数値は一致しない場合もある。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。