旅する

北海道新幹線もいいけど同日開業の道南いさりび鉄道にも乗ってみよう

編集部
Written by 編集部

北海道新幹線もいいけど同日開業の道南いさりび鉄道にも乗ってみよう

2016年3月26日の開業までカウントダウンとなった北海道新幹線。歓迎祝賀ムードで盛り上がりを見せていますが、一方で「道南いさりび鉄道」も同日開業するのをご存知ですか? JR江差線(木古内ー五稜郭間:37.8㎞)が新幹線の並行在来線として経営分離され、第三セクター鉄道としてスタートするのです。

JR江差線から道南いさりび鉄道へ

北海道新幹線開業で道南の鉄道事情は大きく様変わりします。在来線特急「白鳥」「スーパー白鳥」の廃止、在来線臨時寝台特急「カシオペア」、国内唯一最後の急行「はまなす」の廃止、そして江差線の第三セクター移管・改称があります。

1913年に上磯軽便線として五稜郭ー上磯間が開業した江差線はその後江差まで延伸。しかし、2014年5月12日に木古内ー江差間が部分廃止されたことにより五稜郭ー木古内間のみとなりました。その残った区間も2016年3月26日に第三セクターに移管されることにより「道南いさりび鉄道線」と改称され、江差線の名がなくなると同時に、JRの在来線が木古内ー五稜郭間で分断されることにもなります。

あえて道南いさりび鉄道に乗ってみよう!

北海道新幹線もいいけど同日開業の道南いさりび鉄道にも乗ってみよう

道南いさりび鉄道の管轄区間は木古内ー五稜郭間ですが、函館まで乗り入れ、木古内ー函館間で列車を運行します。上磯ー函館間は下り19本、上り18本、うち9往復が木古内まで運転します。木古内駅は北海道新幹線の木古内駅でもありますので、木古内駅で乗り換えて函館駅まで道南いさりび鉄道でのんびりと移動してみるというのもいいでしょう。

北海道新幹線で終着の新函館北斗駅まで行き、在来線の快速はこだてライナーに乗り換えて函館まで約45分ほどの所要時間。一方、木古内駅で道南いさりび鉄道に乗り換えて函館までは乗り換え時間を除いて約1時間の乗車になります。急いでいなければ、津軽海峡の車窓を楽しみながらゆっくりと函館に向かう方法もあります。

気になるのは乗り継ぎ時間。同社によると、利用者の利便性の維持・確保を図るため、JR時代の運転本数とダイヤを維持するとしているため、北海道新幹線の木古内駅発着時間と道南いさりび鉄道の木古内駅発着時間はうまく接続するのでしょうか? そこで今回、北海道新幹線と道南いさりび鉄道の木古内駅における乗り継ぎパターンをご紹介します。

北海道新幹線で本州から函館へ

新幹線で木古内まで、木古内から道南いさりび鉄道で函館まで

07:25木古内→08:19木古内発→09:18函館着
08:50木古内→10:13木古内発→11:13函館着
10:45木古内→12:33木古内発→13:34函館着
14:24木古内→15:18木古内発→16:22函館着
16:22木古内→16:32木古内発→17:31函館着
17:38木古内→19:00木古内発→20:00函館着
19:38木古内→20:21木古内発→21:24函館着
21:36木古内→木古内一泊

北海道新幹線で函館から本州へ

函館から道南いさりび鉄道で木古内まで、新幹線で木古内から

(06:48木古内発乗れない)
07:04函館発→08:04木古内着→09:44木古内発
10:40函館発→11:46木古内着→12:57木古内発
13:29函館発→14:33木古内着→14:57木古内発
15:13函館発→16:14木古内着→16:30木古内発
16:24函館発→17:28木古内着→18:49木古内発
17:43函館発→18:50木古内着→20:52木古内発
19:40函館発→20:42木古内着→20:52木古内発
21:32函館発→22:32木古内着→
(22:12木古内発乗れない)

以上のように、北海道新幹線と道南いさりび鉄道の乗り換えはうまくいきそうですが、待ち時間に難があり、10分ほどの待ち時間で乗り換えられる例もあれば、二時間ほど待たなければならない例もありまちまちです。あまりに待ち時間が長い場合は、木古内駅で降りて、駅前にできた道の駅「みそぎの郷 きこない」でゆっくりするのもいいかもしれません。

北海道新幹線下り最終便ですと、函館行きの列車がなくなってしまいます。逆に北海道新幹線上り始発便と最終便は接続しません。また、往路を北海道新幹線、復路を道南いさりび鉄道、またはその逆という行程ですと、両方の魅力を楽しめてよいかと思います。

観光列車「ながまれ海峡号」の運行も

北海道新幹線もいいけど同日開業の道南いさりび鉄道にも乗ってみよう

道南いさりび鉄道で使用するワンマン車両は、JR北海道からキハ40形気動車9両が譲渡されることとなっており、うち2両は改造したうえで観光列車「ながまれ海峡号」として運行されます。

「ながまれ海峡号」は日本旅行(東京都)が2016年5月28日(開業日以降通常運行でも運用あり)から運行開始する地域情報発信列車です。旅行会社が企画・商品造成・サービス提供を行う日本で初めての運行形態として注目されています。また、北海道で唯一、食事を提供する観光列車になる見通しです。

「ながまれ」は道南の方言で「ゆっくりして」「のんびりして」という意味。列車の特徴としては、観光団体用に車内で食事を楽しめる仕様であり、道南杉を使った内装、着脱式の大型テーブルやヘッドレストを設置した特別仕様になっています。

北海道新幹線もいいけど同日開業の道南いさりび鉄道にも乗ってみよう

日本旅行の企画運用の場合、木古内ー函館間の途中駅に停車し地元の人たちとのふれあいのひと時を設ける方針。お食事は、往路に函館駅で函館スイーツの銘店「プチメル・ヴィーユ」提供の「びっくりスイーツ丼」と自家焙煎の香り高い珈琲。いくらはグレナデンノ風味のオレンジゼリー、うには栗クリーム、ごはんはスポンジケーキにカスタードクリームとホイップクリームといったように、海鮮丼を模したスイーツを提供します。

また復路は木古内駅にて、イタリアンの巨匠奥田政行シェフによるイタリアンテイストの新感覚料理。茂辺地駅ではJA新はこだてと上磯漁協の協力による旬の海産農産品による豪快な「いさりび焼き(バーベキュー)」。駅構内でバーベキューを行う日本で初めてのおもてなしプランです。

津軽海峡の車窓とともに地元の食事を楽しめる「ながまれ海峡号」は、2016年5月28日、6月11日、6月25日、7月23日、8月6日、8月20日に運行予定です。同列車の行程は、函館駅16:00頃発、木古内駅17:40頃着、18:30頃折り返し発、函館駅に20:10頃到着予定。最大50名まで受付しています。

2016年3月26日に開業する第三セクター鉄道「道南いさりび鉄道」。北海道新幹線開業の陰に隠れがちですが、どうぞお忘れなく。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。