トピックス

世界を意識した花火大会へ―5回目の「モエレ沼芸術花火」概要発表

編集部
Written by 編集部

世界を意識した花火大会へ―5回目の「モエレ沼芸術花火」概要発表

毎年9月に札幌市東区のモエレ沼公園で開催されてきた「モエレ沼芸術花火」。5回目の節目となる今年の開催概要が発表された。開催日は2016年9月10日。内閣総理大臣賞受賞3社がいわば花火ドリームチームを結成して音楽とシンクロした演出を提供するほか、会場の規模拡大やアクセス利便性の向上が盛り込まれた。さらに、外国人サポート体制の充実など、世界を意識した花火大会になる。

内閣総理大臣賞受賞3社が札幌に集結!

モエレ沼芸術花火は、2009年から構想が始まり、2012年にモエレサマーフェスティバルを初開催。その後、2014年から現在の名称に変更しパワーアップ、今回が通算5度目、現名称としては3度目の開催となる。

今回から長期的な展開を視野に入れて幅広く活動するべく、事務局機能を担うNPO法人モエレ沼芸術花火を設立、4月1日から活動している。特定の企業で開催するのではなく、幅広い企業協力で祭りを後世に残していきたいとの思いで設立した。実行委員会は単年度ごとに結成し、NPO法人と共同主催し花火大会を盛り上げる。また、札幌市が特別後援する。

世界を意識した花火大会へ―5回目の「モエレ沼芸術花火」概要発表

今回は花火師も豪華だ。全国花火競技会で内閣総理大臣賞を史上最多15回受賞し、2014年から3年連続で参加している野村花火工業(茨城県)野村陽一氏はもちろん、5号玉の魔術師と呼ばれるアルプス煙火工業(長野県)矢沢武彦氏、日本で数少ない花火プログラマーのひとり大矢亮氏、さらにゲスト花火師として山内煙火店(山梨県)ほかが参加する予定。内閣総理大臣賞受賞3社が札幌に集結するため、主催者は「札幌にいながら最高峰の花火を楽しめる」と太鼓判を押す。

打ち上げるのは昨年同様約18,000発だが、日本一感動する花火大会、日本一笑顔になれる花火大会に磨きをかける。19:30からの前半30分間は、高さ150m以下の小型花火を使った庭園花火。それに続く後半「Great Sky Art」では、他の花火大会ではなかなか見られない尺玉(10号玉=直径約30㎝、重量約8.5㎏、170m上空で開花直径320m、最高到達点490m)40発など、最新式の多彩な花火を打ち上げる計画。広大な面積と奥行きを活かした3D演出が特徴で、コンピュータ制御により、音楽のリズムや曲調に合わせて感動的な花火体験を提供する。

世界を意識した花火大会へ―5回目の「モエレ沼芸術花火」概要発表

会場の規模も拡張される。来場目標は、昨年の18,000人から5,000人増やして23,000人。昨年までモエレ山麓にあったフードエリアを移設し、旧フードエリアに5,000人規模の東側芝席(エリア名:ミルク、玉ねぎ、じゃがいも、とうきび)を新設する。移設したフードエリアも、昨年の31店舗から45店舗に拡充する。

世界を意識した花火大会へ―5回目の「モエレ沼芸術花火」概要発表

そのほかの変更点としては、入場開始時間を1時間繰り上げて16:00からとし混雑緩和を図る。アクセス面でも利便性を増し、シャトルバスの運行に加えて、今回から札幌全区と石狩市と江別市から発着するリムジンバスパック、駐車券をセットにしたマイカーパックを新設し、先行抽選販売する(4月16日から申込受付)。

世界一のゴミ拾いや外国人サポート体制も充実

「花火は観光資源の一つ。(モエレ沼芸術花火が)世界中から脚光を浴びるイベントになってほしい」と花火師の野村陽一氏は語る。本祭では、イサム・ノグチ氏の遺志を継ぎ「世界中が仲良くなりますように」とのフレーズが使われるなど、随所に「世界」の文字がみられる。

世界を意識した花火大会へ―5回目の「モエレ沼芸術花火」概要発表

花火打ち上げ翌日に行われる「日本一たのしいゴミ拾い」は本年から「世界一たのしいゴミ拾い」に変更された。昨年808人が参加し、コースごとに一体感が生まれるイベントとして好評を得たが、今年も1000名限定・事前登録制で参加者を募る(参加者には来年の花火鑑賞券プレゼント)。日本全国へのさらなる普及と2020東京オリンピックでの開催を目指して活動をさらに加速していく。

学生ボランティアは250名体制でおもてなし体制を整える。「今回は外国人へのサポート体制を充実させ、世界から愛される花火大会を目指す」と冨田百合子・学生部代表。本祭では外国語を話せるスタッフを常駐させる予定だ。

▼左から順に、野村陽一・野村花火工業株式会社代表取締役、冨田百合子・モエレ沼芸術花火2016学生部代表、糸川一也・モエレ沼芸術花火2016代表(2016年4月13日記者発表にて)
世界を意識した花火大会へ―5回目の「モエレ沼芸術花火」概要発表

「モエレ沼芸術花火2016」は、2016年9月10日(土)16:00入場開始、19:30~庭園花火、20:00~Great Sky Art、21:00終演予定。プレミアム指定席7,000円(税別)、芝席自由席3,300円(税別)・小学生500円(税別)。前述のリムジンバスパックやマイカーパックは2016年4月16日から先行抽選販売申込受付(5月13日抽選発表)、一般は5月28日発売。世界一たのしいゴミ拾い大会は翌11日(日)午前中。詳しくはモエレ沼芸術花火公式サイト参照。
※一部写真提供:主催者

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。