トピックス

アートや文化を発信!歴史的建造物を改装し誕生したニセコ中央倉庫群

中瀬りあの
Written by 中瀬りあの

2016年7月16日、ニセコ町にアートや文化を発信する施設が誕生しました。 と言いましても、新築の現代風の建物ではなく、昔から使われていた倉庫を改装したものです。

「1号倉庫」、「2号倉庫」、「12号倉庫」、「13号倉庫」、「肥料新倉庫」、「旧でんぷん工場」、隣接する「広場」等をまとめて「ニセコ中央倉庫群」と呼ぶようですが、どのような施設なのでしょうか。館長の向田薫(むかいだ かおる)さんにお話を伺いました。

▼ニセコ中央倉庫群 館長の向田薫さん
アートや文化を発信!歴史的建造物を改装し誕生したニセコ中央倉庫群

ニセコ中央倉庫群とは

JRニセコ駅の目の前に並ぶ倉庫群は、大正から昭和にかけて、羊蹄山麓で獲れる農産物の集積場として建てられたもの。現在まで残るのは、1931年(昭和6年)に建てられた石造倉庫の「1号倉庫」、「2号倉庫」と、昭和40年代に建てられた「旧でんぷん工場」、「12号倉庫」、「13号倉庫」、1982年(昭和57年)に建てられた「肥料新倉庫」の6棟です。

石造倉庫は2013年(平成25年)まで、ようてい農業協同組合の倉庫として使われていましたが、新しい倉庫へ移転することに。そのため、これら倉庫群を歴史的な建造物としての保存と地域活性化の拠点として再利用することになりました。

▼昔の中央倉庫群(年代不明)(提供:ニセコ中央倉庫群)
アートや文化を発信!歴史的建造物を改装し誕生したニセコ中央倉庫群

▼倉庫前に並んだ馬たち(1930~1931年頃)(提供:ニセコ中央倉庫群)
アートや文化を発信!歴史的建造物を改装し誕生したニセコ中央倉庫群

芸術、文化活動への意識向上と交流

ニセコ中央倉庫群のうち「2号倉庫」、「12号倉庫」、「13号倉庫」、「肥料新倉庫」は、民間事業者への再利用計画公募により、それぞれ使用する民間事業者が決まり、交流スペース、事務所、倉庫などに使用されることになりました。

「旧でんぷん工場」と「1号倉庫」については、ニセコ駅前温泉「綺羅乃湯」に隣接する立地を活かし、地域住民や観光客が集い賑わう交流の場にできないかと検討。 住民アンケートや、2011年(平成23年)から2014年(平成26年)にわたる「ニセコ倉庫邑」イベントでの来場者アンケート等をもとに活用法を検討した結果、ニセコと言えばアウトドアが注目されて町との関わりも深くなってきているように、芸術や文化も同じく意識を高めていく場にする方向で決まりました。

例えば、旬の野菜販売や料理教室など食文化に関するイベント、コンサート、ライブ等の音楽イベントや練習、写真、絵画、彫刻などの展示や販売、映画や演劇の上映などなど、様々な活動できる場所としての倉庫再利用となったようです。

アートや文化を発信!歴史的建造物を改装し誕生したニセコ中央倉庫群

▼旧でんぷん工場
アートや文化を発信!歴史的建造物を改装し誕生したニセコ中央倉庫群

▼石造倉庫
アートや文化を発信!歴史的建造物を改装し誕生したニセコ中央倉庫群

→次ページ 旧でんぷん工場と1号倉庫はどう変わった?

筆者について

中瀬りあの

中瀬りあの

スポーツ万能インドア派を目指してきて、はや40代。アウトドアスポーツは何でも挑戦。インドアでは世代的にゲーム好き。(どちらも上手くはない)子供のように何にでも興味はある。