トピックス ファンログ

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

編集部
Written by 編集部

2017年2月15日午後、北海道の食匠「北のハイグレード食品S 2017」の発表会・試食会が札幌パークホテルで開催された。今回は「北のハイグレード食品+(プラス)」から「北のハイグレード食品S(セレクション)」へと名称を変更。食の達人が選定した、世界に通じる北海道ブランド16品目がずらりと勢ぞろいした。

7年目を迎えた「北のハイグレード食品」

実施しているのは北海道産業雇用創造協議会 成長市場向けマーケティング支援事業部会(北海道経済部食関連産業室)。北海道に縁のある一流シェフやカリスマバイヤーを「北海道食のサポーター」と認定し、食の専門家が選んだ世界に通じる北海道ブランドとして「北のハイグレード食品」を毎年選定している。今回は選定7年目となる。

北海道食のサポーターである株式会社食彩創研の浅野裕紀取締役は、セレモニー冒頭の選考講評で「今回は手作り感が特徴。生産者の気持ち、温かさが高い評価を得た」と説明した。単価が160円~7000円まで幅広いのも特徴の一つであることや、3つの分野の専門家が44点から選定したが審査が難航したことにも触れた。

辻泰弘北海道副知事は、「今回は幅を広げ、客のニーズをつかむことを重視した。作り手のモチベーションにつながっていけば」と語った。

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

では、今回選定された15社16品目を一挙ご紹介しよう。地域別内訳は、石狩管内6社7品目、後志管内2社2品目、渡島管内2社2品目、十勝管内2社2品目、日高・檜山・上川管内がそれぞれ1社1品目。

1.「チェリージュエリー」(千歳市:もりもと)

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

千歳市の有名製菓「もりもと」が仁木町のサクランボとコラボレーションした「北のちいさなケーキ チェリージュエリー」。仁木町の甘酸っぱいサクランボの道産子品種「水門(すいもん)」を使ったジャムをサンドした。心地よい酸味はお菓子にぴったりだと言い、職人厳選の素材と組み合わせ独自の味わいに仕立てている。4個入り593円(税別)。

2.「北海道産サフォークラムセット」(千歳市:肉の山本)

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

千歳市の精肉店 有限会社肉の山本が、契約農場で育てた希少な北海道産ラム肉を手切りし、オリジナルのたれをセットした商品。塩コショウでもおいしいし、味の濃い東日本ではたれをつけてもOK。羊肉100g×3、生ラムのたれ30g×3、3,714円(税別)。

3&4.「薪・炭火仕上げロースハム」「薪・炭火仕上げスモークスペアリブ」(北広島市:エーデルワイスファーム)

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

北広島市の株式会社エーデルワイスファームからは2品目を選定。一般的なハムは増量剤を入れることが多いが、同社は添加物も含め無駄なものは入れずむしろ凝縮。本場ドイツでも失われた古典的塾製法と長期氷温熟成を行うことでとろけるおいしさを楽しめる。スペアリブは、骨付肉をスパイスの効いたたれに4週間漬け込み牧人炭火でじっくりスモークした商品。ロースハム280g2,580円(税別)、スペアリブ280g1,850円(税別)。

5.「いくらのたまこ」(札幌市:豊商店)

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

誤字ではない。広尾町産鮭卵を、寿司職人が培った独自の製法で調味し、薄塩で皮が残らない生食感を実現した。いくら丼でも、お寿司でも、お通しでもおいしくいただくことができる。230g2,400円、470g4,500円(税別)。

6.「北海道深み玉葱ドレッシング」(札幌市:北海道バイオインダストリー)

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

株式会社北海道バイオインダストリーが日本醤油工業株式会社に委託して製造。特許製法で加工した北海道産タマネギ(岩見沢市・深川市など)を使用し、玉葱のうまみをぎゅっと凝縮した。羽幌甘えび香味、とうもろこし香味、プレーンの3種類があり、特に羽幌甘えび香味は羽幌町産甘えびの頭と殻の粉末をじっくり長時間ローストして作った甘えび油と粉末を使っており、ドレッシングなのに海老の香りを楽しめる珍しい一品。

7.「しろくま雪ミルク」(札幌市:北のおみや)

生産者の温かさが詰まった「北のハイグレード食品S」16品目が決定!

株式会社北のおみやが開発したのは、唯一無二、意外性のある牛乳の甘酒である。十勝産牛乳と酒粕の風味のハーモニー。くせになるおいしさのミルク甘酒。車を運転する方や子供なども安心して飲むことができる。円山動物園の白熊パッケージなのも可愛い。製造は帯広市の十勝ミルキー。140g320円(税別)。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。