味わう

ホントに二人前?! 旭川カムイスキーリンクスの超大盛りカレーに挑戦!

大谷修一
Written by 大谷修一

旭川のスキー場、カムイスキーリンクス。豪雪地帯の旭川郊外にあるこのスキー場はシーズンを通して雪質が良く、3月に入ってもコンディション良好なゲレンデで春スキーを楽しむことができます。

道央自動車道を使えば札幌からでも1時間半とアクセスも良く、他のスキー場に比べてリフト代が安いなどの利点もありますが、何よりゲレンデがすいており、広いコースを貸しきり状態で滑れるという「超・穴場的スキー場」です。

ホントに二人前?! 旭川カムイスキーリンクスの超大盛りカレーに挑戦!

ライス大盛り・かつ・コロッケ・目玉焼き入り?!

3月のある日、カムイスキーリンクスで「リフト・ゴンドラ待ち時間なし」という「がむしゃら連続滑り」を堪能した後、さていよいよお楽しみのランチタイムが到来。午後に備えて何かボリュームあるゲレ食でエネルギーを補給しようと、レストランに向かいました。

ゲレ食定番のカツカレーも良し。メンチカツランチも美味しそうですが、メニュー看板を見て気になったのがこちら!

ホントに二人前?! 旭川カムイスキーリンクスの超大盛りカレーに挑戦!

えっ!? 「ライス大盛り・かつ・コロッケ・目玉焼き入り」との説明が入った「キング・オブ・カムイ 1,500円」

厨房の方に内容をうかがってみたら、ベースのカレーライスは二人前の分量。これに一般のメニューで出す3品をそのままトッピングした「スキー場オリジナルのメガ盛りサービス品」とのことです。

厨房のカウンターを覗き込んで、実物を拝見。なるほど30cmを越えるパーティー用ジャンボ大皿に山盛りにされたライス上には「カツ・コロッケ・目玉焼きトリオ」が鎮座しており、こちらに向かって挑発的な波動を投げかけてきています。

二人前以上のボリュームに圧倒

よし、挑戦は受けて立つ!とばかりに気合いを入れ、このメガ盛りメニューを注文しました。

待つこと、しばし。ド~ンと目の前出された「キング・オブ・カムイ」の、その迫力……。

ホントに二人前?! 旭川カムイスキーリンクスの超大盛りカレーに挑戦!

スプーンと箸を平行に並べるより大きい……と言っても、この写真だけではイメージがわきませんよね。それでは、通常メニューの「カツライス」と比較した次の写真をご覧ください。

ホントに二人前?! 旭川カムイスキーリンクスの超大盛りカレーに挑戦!

いかがでしょうか、このメガ盛り度。ご飯の分量だけ見ても、厨房の方が言う「二人前」では収まりません。

ともあれ、眺めているだけでなく、勇気を出していただきましょう。まずはカレーを一口。

う~ん、ほんのり甘みがある懐かしい味で、これはいける! にんじん、ジャガイモ、豚肉などの具材もちゃんと入っており、よくある「ルーだけカレー」とは一線を画しています。

次は、メインのカツ。揚げたてで衣はカリッ、その中の柔らかい肉がマイルドなカレーと良くマッチしており、これもまたグー。一口、また一口とスプーン運びのピッチが上がってきます。

コロッケ、玉子、カレー、カツ、玉子、カレー、コロッケ、そして合いの手で刻みキャベツも。

みるみる間に崩れていくライスの山。よし、これなら楽勝かも、と余裕があったのは全体の三分の一ぐらいまででした。ここを過ぎたあたりから次第にペースが遅くなり、それに反比例して胃袋の張りが強くなっていきます。旨い、食べたい、もう一口。でもお腹が厳しい……。

「残り半分」の峠を越えると、満腹を通り越して「罰ゲーム」的世界に入ってきます。頑張って目玉焼きとコロッケはクリアしたものの、「残すにしてもせめてカツだけは平らげて」と願いつつ、ゆるゆると運ぶスプーンのもどかしさ。その様は、まるでゴールの遥か手前で喘いでいるマラソンランナーを思わせるものがあります。

勇気あるメガ盛りチャレンジャーの挑戦を待つ!

ようやくカツも完食、でも四分の三を平らげた時点で「戦いの終焉」は訪れました。悲鳴を上げる胃袋、膨らんだお腹とスキーパンツの圧迫、大皿に残されたカレーの「夢の後」、そして料理を作っていただいた方への申し訳ない気持ち、でも無念の気持ちとは裏腹の倒錯した満足感……。

午後の滑りを終え、アニメのヒーローのように「次回こそはカムイの王にリベンジを!」と、沈む夕陽に固く誓いをたてた次第です。

ホントに二人前?! 旭川カムイスキーリンクスの超大盛りカレーに挑戦!

さて、勇気あるメガ盛りチャレンジャーたちよ。キング・オブ・カムイは君たちの挑戦を待つ! 4月2日までの残り少ない今年のシーズンを。そして12月から始まる新たな次のシーズンを。

カムイスキーリンクス
レストランの主要メニュー
キング・オブ・カムイ 1,500円
メンチカツランチ 1,000円
カツランチ 1,000円

2017年の営業
4月2日(日)まで営業
平日はゴンドラ(9:00~16:00)と第4リフト(9:00~16:30)のみ運行

所在地:旭川市神居町西丘112
電話:0166-72-2311
公式サイト

AirBookmark

筆者について

大谷修一

大谷修一

宮の森風水鑑定所代表。風水、パワースポット研究の分野で、第一人者的存在。
北海道のパワースポット調査の為全道取材の折各地の観光協会や地域住民とネットワークを構築し、目下「風水と観光」をテーマに幅広い活動を展開中。
北海道文化放送「さあ!トークだよ」、北海道テレビ「イチオシ!」、札幌テレビ放送「ジョシスタ」等テレビ番組に出演。北海道内の風水パワースポット紹介者として、また風水の「開運アドバイザー」として視聴者から好評を得ている。