味わう

希少な「ねこあし昆布」を使った世界初の「ねこあし昆布だし」が新登場!

編集部
Written by 編集部

突然ですが、「ねこあし昆布」をご存知ですか? 北海道東部の一部にしか分布せず、希少価値の高い昆布です。その「ねこあし昆布」を使った世界初の「ねこあし昆布だし」が昨年発売されました。「ねこあし昆布」とは? 世界初のねこあし昆布だしとは?

読者プレゼントは記事下部をご覧ください!

釧路~根室の太平洋沿岸でしかとれない「ねこあし昆布」

「ねこあし昆布」は、北海道東部の釧路町昆布森近く~根室市納沙布岬までの太平洋沿岸から千島にかけて分布する昆布です。昆布の根の部分の形が猫の足に似ていることから「ねこあし昆布」と呼ばれるようになりました。さらに、葉の下の形状から「耳昆布」とも呼ばれます。

希少な「ねこあし昆布」を使った世界初の「ねこあし昆布だし」が新登場!

漁期は10月1日~10月末日のわずか1ヵ月のみ。また、毎年4~6月には旧葉が脱落する「子別れ」があって大量に海岸に流れ着くため、それを拾い集める風景は春の風物詩として地元では知られています。

「ねこあし昆布」は生産量・流通量ともに少なく希少な存在。それでも一般的な昆布と比べると、がごめ昆布を超える10倍もの粘りがあるというから驚きです。この粘りの中にはミネラルが豊富に含まれ、潤いや艶を保つ働きなどがあるとされています。

希少な「ねこあし昆布」を使った世界初の「ねこあし昆布だし」が新登場!

さらに「マンニット」と呼ばれるうまみ成分が多く含まれており、茶褐色で粘りのあるだし汁を取ることができます。

世界初!「ねこあし昆布」で液状の昆布だしを開発

 そんな「ねこあし昆布」の昆布だしを開発・発売したのが、北海道食彩フーズ株式会社(札幌市中央区)です。「ねこあし昆布だし」を2015年11月に完成させ、翌年1月以降販売開始。2016年に札幌商工会議所の「北のブランド2017」に認証されました。

希少な「ねこあし昆布」を使った世界初の「ねこあし昆布だし」が新登場!

同社によると、「ねこあし昆布」は熱を加えるとうまみが逃げるなどの理由から、これまではふりかけなどの用途しかありませんでした。くせの強い昆布だけに、うまみを凝縮し苦みが出ないようにするには独特の加工法が必要でした。

根室産「ねこあし昆布」のエキスや粉末を使って開発した「ねこあし昆布だし」は、「ねこあし昆布」特有の甘い香りと濃厚な粘りは生かしつつ、赤穂の塩を使ってキリッとした味わいに仕上げました。また、野菜の味が出るようにも工夫しました。

「ねこあし昆布だし」はさまざまな料理に使える万能だし。たとえば、15倍に薄めてうどんやしゃぶしゃぶの出汁として使ったり、薄めずに納豆や焼き肉のたれとして使ったり、お米3合につきお好みで小さじ1~大さじ1混ぜて炊くと艶が出て甘さが引き立つお米を味わうこともできます。

現在の販売先は、同社ウェブサイト、札幌商工会議所が入っている経済センタービル1階「北のブランドアンテナショップ」、および関東圏のみです。ご家庭に一本いかがですか?

「ねこあし昆布だし」2本セットを10名様にプレゼント!

希少な「ねこあし昆布」を使った世界初の「ねこあし昆布だし」が新登場!

北海道食彩フーズ株式会社様のご厚意により、今回ご紹介した貴重な「ねこあし昆布だし」「ねこあし昆布だしカツオ入り」を2本セットにして抽選で10名様にプレゼントします! ふるってご応募ください!

賞品:北海道食彩フーズ「ねこあし昆布だし」(300ml)「ねこあし昆布だしカツオ入り」(300ml)各1本セット
応募期限:2017年3月31日(金)
応募方法お問い合わせフォームから必要事項を入力してご応募ください。
当選人数:10名様
当選発表:賞品の発送をもって代えさせていただきます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。