トピックス

ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

石簾マサ
Written by 石簾マサ

「花火は夏のもの」という概念を取っ払い、札幌の新たな冬の風物詩になるかもしれないイベントが2017年3月14日(火)に開催されました。その名も「札幌雪花火2017」。大倉山に上がった1,500発の花火が雪景色を照らし、イベントは大盛り上がりでした。

当日は、18時半からステージイベントが行われた後、20時過ぎから約20分間花火が打ち上げられました。

ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

大倉山会場はもちろん、札幌市内からもライトアップされた大倉山ジャンプ競技場と花火を楽しむことができました。大倉山を真正面に見ることのできる大通公園でも多くのカップルたちが足を止めて、西の夜空に打ち上がる花火を鑑賞していました。

▼札幌中心部、大通公園で花火鑑賞する若者たち
ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

ホワイトデーの夜に1500発の花火!大倉山で「札幌雪花火2017」初開催

札幌の冬と言えば雪まつりが有名ですが、雪まつりが終了すると観光客も減り、閑散期に入ります。この時期の札幌をもっと元気にしたいと立ち上がった有志により「札幌雪花火2017」は実現しました。

開催日はホワイトデーに決め、今年だけでなく来年以降も続いていく新コンテンツとして、期待されています。

実行委員によれば、将来的には札幌市内のさまざまな山から花火を打ち上げ、ホワイトデーの夜を演出したいのだとか。都会でありながら豊かな自然資源を持つ札幌市だからこそ可能なアイデア。街中からも花火を見られるとあり、来年も注目したいイベントです。

主催:札幌雪花火2017実行委員会
公式サイト
後援:北海道 / 札幌市 / 札幌商工会議所
協力:(株)札幌振興公社/北海道フロンティアカレッジ/NPO法人モエレ沼芸術花火

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。