トピックス

登別マリンパークニクスでアシカ・アザラシの一日飼育員体験!

吉田匡和
Written by 吉田匡和

4月19日は、しいく(飼育)の日。全国の動物園や水族館で、飼育に関するイベントが開催されました。登別市にある登別マリンパークニクスでは、この日「おとなの一日飼育員体験」を実施。運よく選ばれ、「アシカ・アザラシ」の一日飼育員を体験してきました。

当日、朝8時半にマリンパークニクスに集合。開園前の準備から開始します。今回の募集は「魚類・鳥類」「イルカ」「アシカ・アザラシ」「両生類・爬虫類」の4つ。7人の応募者の中から選ばれた3名(1名はキャンセル)が、それぞれの持ち場に就きます。

リングを回るゼニガタアザラシ

すでに開園準備は始まっていました。まずは勤務歴が最も長い飼育員Kさんとアザラシのリングプールの清掃と餌やりを開始。

マリンパークニクスには一組の親子のほか、去年6月にえりも地域の個体群管理の目的で捕獲されてやってきた“ミサキ”を含めて4頭のアザラシがいます。

登別マリンパークニクスでアシカ・アザラシの一日飼育員体験!

餌をあげるときバケツを傍らに置いておくと、「隙アリ」とばかりに、それに首を突っ込んでムシャムシャ。バケツは左手で抱えていないといけないそう。

▼日本でも希少なリングプール
登別マリンパークニクスでアシカ・アザラシの一日飼育員体験!

珍しいリング状のプールは、香川県の新屋島水族館と同様なプールを設置。右手を高く上げると、アザラシがクルクル回りました。勝手に回っているときもありますが、意図的に回ってもらうとなると、やはり餌が必要なようです。

毎日欠かせない健康管理と餌

▼体温測定
登別マリンパークニクスでアシカ・アザラシの一日飼育員体験!

健康管理も大切な仕事のひとつ。体温は直腸から測ります。平均体温は人間より少し高く、36~38度くらい。ヒョイとお尻をあげる姿がかわいい!

▼魚の価格高騰が悩みの種
登別マリンパークニクスでアシカ・アザラシの一日飼育員体験!

バックヤードに戻り、10時半から行われるアシカショーに向けて餌の準備をします。ポイントは、食べやすいように斜めに切ることと、傷んだ内臓を食べて体調を崩さないように内臓を取り去ること。自分の用意した餌がショーに使われると思うと嬉しいです。

1回目のショータイム

▼カリフォルニアアシカのショーが始まるよ
登別マリンパークニクスでアシカ・アザラシの一日飼育員体験!

ショーの時間が近づき、飼育員のHさんと一緒にお客さんを誘導します。近年では台湾からのお客さんが占めるため、中国語や広東語も交えてご挨拶。

私には音響係の役割が与えられました。ショーの展開に合わせてボリュームを落とし、音楽を変更します。まずは問題なく本日1回目のショーが終了。動物、飼育員が一丸となってショーを作っていることを実感しました。

AirBookmark

筆者について

吉田匡和

吉田匡和

札幌在住の文筆家・写真家。日本のすべての年金制度(厚生年金・国民年金・国家公務共済・地方公務員共済・私学共済)に加入したことがあるという、自慢にもならない経歴を持っています。苦労しなくて済む程度のアウトドアが趣味で、夕日を見ながらビールを飲むのが大好きです。