トピックス

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

大谷修一
Written by 大谷修一

2017年4月28日、大幅にリニューアルし「スポーツ体験型リゾート」として生まれ変わった「きたゆざわ森のソラニワ」。以前の第二名水亭時代からあった「ヨットのある温泉ビーチ」に加え、ロビーで出迎えてくれるロボットやお菓子を積んだミニSLが走るレストランなど、家族で楽しめる新しい仕掛けがいっぱいです。

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

その中でも話題を呼んでいるのが「野外アドベンチャーパーク北湯沢 ムササビ」です。

これは梯子やロープを伝って樹上のトレッキングを楽しむフィールドアスレチックのコースや、ムササビのようなスタイルで森の中を滑空する「ジップライン」など北湯沢の自然を活かして作ったユニークなアクティビティ施設とのこと。

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

パンフレットに書かれた「鳥だ!飛行機だ!ムササビだ!」という昔懐かしいキャッチコピーとかっこよく滑空しているお嬢さんの姿に冒険心をそそられ、さっそくアウトドア好きの友人を誘って「ムササビ体験」をしに行きました。

ホテルのロビーを通り抜けた裏山を少し登ると、木から木へとロープやネットが張り巡されたコースが見えてきました。はるかな昔、秘密基地を作ったり忍者ごっこをして遊んだ少年時代を思い出し、次第にワクワク気分が高まってきます。受付を済ませ、安全装具を装着したら、冒険の旅にいざ出発!

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

イメージだけは冒険少年でも実際は熟年親父だったと気がついたのが、スタート地点から樹上のコースに踏み出したあと。

揺れるクライミングパネルあり……

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

障害物が設置された空中の木道もあり。

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

ロープは揺れるし、コース上の板は動いて足下は極めて不安定。しかもその高さは8~9m、下を見ると余計に力が入ります。

それでもあえぎながらネットの道をくぐり抜け……

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

ゆらゆらと揺れるロープのブランコを一歩一歩進みます。気分は今や「樹上のお散歩」転じてテレビのサバイバル番組「SASUKE」のチャレンジャーそのものです。

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

そして幾多の障害を乗り越え、ついに迎えたファイナルステージ。待ちに待ったジップラインの「ムササビフライト」です。命綱を握りしめ、勇気を出して樹上のステージからジャンプ!

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

シュルシュルシュル。ターザンのように綱にぶら下がり、スピードを上げながらラインを滑り下りて行きます。

うしろに流れる木々の残像、そして顔に当たる心地よい風。

もはや樹上アスレチックの疲れは吹き飛び、脳裏をよぎるのは森を飛翔している快感と、このあとに待つホテルの温泉、そして湯上がりのビールへの期待だけでした。皆さんもぜひ新しいアクティビティ「ムササビ」にチャレンジしてみてくださいね。

リニューアルした「きたゆざわ森のソラニワ」で話題のムササビ体験!

野外アドベンチャーパーク北湯沢 ムササビ
所在地:伊達市大滝区北湯沢温泉町300-7
問合せ先:きたゆざわ森のソラニワ(TEL:0142-68-5522)
料金:
・ファミリーコース 大人2000円、小人1500円
・ファンコース 大人2500円、小人2000円
・ジップライン 大人1500円、小人1000円
・日帰り温泉入浴 大人800円、小人400円
公式サイト

AirBookmark

筆者について

大谷修一

大谷修一

宮の森風水鑑定所代表。風水、パワースポット研究の分野で、第一人者的存在。
北海道のパワースポット調査の為全道取材の折各地の観光協会や地域住民とネットワークを構築し、目下「風水と観光」をテーマに幅広い活動を展開中。
北海道文化放送「さあ!トークだよ」、北海道テレビ「イチオシ!」、札幌テレビ放送「ジョシスタ」等テレビ番組に出演。北海道内の風水パワースポット紹介者として、また風水の「開運アドバイザー」として視聴者から好評を得ている。