トピックス

PMFは誰でも気軽に楽しめます!札幌で行われる無料コンサートをご紹介!  

編集部
Written by 編集部

いよいよPMFの季節が近づいてきました。今から楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。また、気になりつつも、参加する機会がないまま見逃している方もいるかもしれません。

そこで今回は、PMF2017のスケジュールの中から、誰でも気軽に参加できる無料コンサートをご紹介。PMFデビューのきっかけに、ぜひ参考にしてみてください。

こんなにもある、無料コンサート!

PMFとは「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」の略称で、国際教育音楽祭として1990年より毎年7月頃、札幌を中心に開催されています。約1ヵ月にわたってさまざまな場所でコンサートが行われる、まさに音楽の祭典。クラシックコンサートはコンサートホールで行われ、チケットの値段も高いイメージがありますが、PMFでは無料のコンサートもたくさんあります。まだ一度も経験したことがない方は、まず無料コンサートから体験してみてはいかがですか?

PMFが街中で開催している無料コンサートは、オーケストラではなく2人から10人くらいの少人数で演奏されるのが特徴です。耳なじみのある曲ばかりではありませんが、1曲の時間も短めで、オープンな雰囲気でカジュアルに楽しめるのがポイントです。演奏者を間近に感じられるコンサートで、お目当てのミュージシャンを探すのも楽しみ方のひとつです。

▼2015年の「大通公園コンサート」の様子(写真:PMF組織委員会提供)
PMFは誰でも気軽に楽しめます!札幌で行われる無料コンサートをご紹介!   

期間中たくさん行われる無料コンサートの中で、まずおすすめしたいのは今年2年ぶりの開催となる大通公園コンサート。オープニング・コンサートの翌日7月9日(日)の午後5時から大通公園西6丁目でのんびりと、とても間近でコンサートをお楽しみいただけます。薫り豊かなPMFヨーロッパの演奏とともに、週明けに向けて気分をリフレッシュされてはいかがでしょうか。

PMF2017 大通公園コンサート

また、北3条広場(通称「アカプラ」)にて行われるコンサートも注目です。「PMFアカプラ・コンサート」と題し、今年は7月12日(水)に開催予定。こちらも午後6時スタートなので、夕方の涼しい風に吹かれながら楽しむことができそうです。

▼北3条広場隣のいつもの風景が、音楽によって彩られる!(写真:PMF組織委員会提供)
PMFは誰でも気軽に楽しめます!札幌で行われる無料コンサートをご紹介!   

赤れんが テラスでは、7月17日(月・祝)にも2階のアトリウムテラスにて「PMF 赤れんが テラス コンサート」が無料開催されるので、こちらもぜひ注目してみてください。

▼アカデミー生が出演する「豊平館コンサート」(写真:PMF組織委員会提供)
PMFは誰でも気軽に楽しめます!札幌で行われる無料コンサートをご紹介!   

PMFアカデミーのアンサンブルコンサートとして「豊平館コンサート」も見逃せません。木管と弦のメンバー構成で、フランセ『木管四重奏曲』、シュポア『ヴァイオリン二重奏曲 第3番』が主な演奏曲です。昨年6月にリニューアルオープンした、国指定重要文化財でもある豊平館で、優雅なひとときを過ごしませんか?

PMFアカプラ・コンサート
PMF「赤れんがテラス」コンサート
PMF豊平館コンサート

教育プログラムにも注目!

また、教育プログラムの一環として行われるプログラムの中にも、無料のものがあります。中でも、札幌市内の中高生を対象に金管楽器の基礎的なレッスンを行う「金管楽器クリニック」(7月20日(木)開催)や、ウィーン・フィルの前コンサートマスターであるライナー・キュッヒル氏が札幌市内の音大生を対象に行う「ヴァイオリンレッスン」(7月24日(月)開催)は、プロの指導風景を見ることができる貴重なプログラムです。通常の演奏会とは少し違った雰囲気を味わえるPMFならではのプログラムをお楽しみください。

PMF金管楽器クリニック
ヴァイオリンレッスン

▼昨年度の吹奏楽セミナーの様子(写真:PMF組織委員会提供)
PMFは誰でも気軽に楽しめます!札幌で行われる無料コンサートをご紹介!   

無料コンサートがさまざまな場所で開催されていることを、お分かりいただけましたか? ホール等でのコンサートと違い、気軽に音楽に触れられるのがこうした無料コンサートの魅力です。街中で偶然足を止め、そのままPMFやクラシック音楽の虜になってしまった、という人もいるかもしれません。音楽好きの方はもちろん、すべての人に開かれたイベントであることこそ、PMFの理念なのです。2017年が皆さんにとって「PMF元年」になることを願ってやみません。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。