トピックス

「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

2017年9月21日(木)~24日(日)、ツーリズムEXPOジャパン2017が東京ビッグサイトで開催され、北海道/公益社団法人北海道観光振興機構もブース出展。「生きてる北海道を、めぐる旅。『生HOKKAIDO』」をテーマに、「生」の北海道が体験できるコーナーを設置しました。どんなブースだったのか、現地からリポートします。

主要空港を基準に、6つのエリアに区分したブース

同イベントの一般向け展示日は23日(土)、24日(日)。全国各地のブースがひしめく中、北海道ブースはキュンちゃんマークの熱気球(モチーフ)が目印となりました。

▼メインブース中央には高さ6メートルにも及ぶ熱気球(モチーフ)が
「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

メインブースの周囲は、道内の主要空港を基準に北海道を6つのエリア(新千歳、旭川・稚内、函館、釧路・中標津、帯広、女満別・紋別)に区分し、各エリアを象徴する大きなビジュアルボードを設置しました。例えば、釧路・中標津エリアは釧路湿原の写真、女満別・紋別エリアはオホーツク海の流氷の写真といった具合です。フォトスポットという位置付けで、来場者はボードの前で自撮りし、SNSで発信していました。

▼6方向のビジュアルボードは6空港を基準にしたエリアに対応。女満別・紋別エリアは流氷の写真。開催中は自撮りする来場者で賑わった
「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

オホーツク海沿岸では毎年1~3月に流氷が接岸します。特に知床世界自然遺産のおひざ元、斜里町ウトロの海岸には流氷がびっしり押し寄せ、流氷ウォークなど流氷アクティビティが楽しめます。
●斜里町ウトロで楽しめる「流氷ウォーク」。ゴツゴツしていて動く流氷の上をガイドとともに歩いていく体験は知床ならでは!→詳しい記事はこちら
●斜里町ウトロで冬季開催するイベント「流氷フェス」。2017年からスタートした新しいイベントで、氷でできたバーでお酒も楽しめるほか、世界初?の海中からの流氷ライトアップも楽しめます。→詳しい記事はこちら

▼井上浩輝さんが撮影した、リス・キタキツネの写真も注目を集めた
「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

ギャラクシーギアを装着して北海道の風景を楽しむ!

北海道の「生」を感じられる工夫は、最新のVR(ヴァーチャルリアリティ)技術にもみられました。北海道の空(熱気球)、陸(MTB)、水辺(カヌー)のロケーションを、360度の映像システムで体験できるとあって、30分待ちの列ができるほどの人気ぶりでした。

▼MTB(クロスバイク)に乗車してギャラクシーギアを装着。来場者は美瑛センチュリーライドなど自転車レースの舞台としても人気上昇中の美瑛の丘の景色を楽しんだ
「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

▼カヌーに乗ってギャラクシーギアを装着。来場者は釧路湿原カヌー体験の映像を楽しんだ
「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

▼メインブース中央に配置した熱気球(モチーフ)のゴンドラに搭乗しギャラクシーギアを装着。来場者は、宗谷岬ウインドファーム、知床峠、釧路湿原、十勝平野、積丹半島、五稜郭公園の空撮映像を楽しんだ
「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

日本最大の湿原として知られる釧路湿原は、北海道の壮大なスケール感をまさに肌で感じられる場所です。特に展望スポットから眺める湿原は、それを見た者に感動を与えます。この地域にはタンチョウが生息しており、運が良ければ姿が見られるかも?
●圧倒される解放感、広大さ。その釧路湿原を見るならどこがよい?! 数ある釧路湿原周辺のビュースポットから5か所を厳選して紹介します。→詳しい記事はこちら
●霧が発生することの多い釧路。それを逆手に取り、夜明けの釧路湿原を歩いて極上のうるおいミストを堪能しよう。→詳しい記事はこちら

▼30分待ちとなった熱気球ゴンドラVR体験
「生」の北海道を体験!ツーリズムEXPOジャパン2017をリポート

会場では、VRだけでなく来場者のスマホでも北海道の魅力を紹介する動画が提供されていました。

【動画】当日来場者が観ていた映像

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。