トピックス

網走近郊の路線バスが乗り放題に!「あばしりフリーパス」新登場

網走バス株式会社(本社・網走市)は2018年1月19日(金)、網走市内と近郊の路線バスが乗り放題となる「あばしりフリーパス」を発売しました。沿線施設の割引特典クーポンが付いているため、観光客が路線バスを利用してお得に旅を楽しめるパスとなりそうです。

2日2,000円、3日3,000円で網走観光をたっぷり楽しめる

「あばしりフリーパス」は道のバス事業活性化モデル事業の一環で、網走地域を訪れる観光客等を路線バスに取り込み、バス事業の生産性向上を目指す新たな取り組み。女満別空港や網走駅から網走市内の主要路線について、2日券2,000円、3日券3,000円(子どもはいずれも半額)とわかりやすい金額設定で乗り降り自由になります(このほかに観光施設めぐり線限定の「1Dayパス」(800円)がある)。

対象となるのは、女満別空港線・美幌線(女満別空港―おーろらターミナル(道の駅)間)、観光施設めぐり線(おーろらターミナル(道の駅)―北方民族博物館間)、小清水・斜里線(網走駅―白鳥公園入口間)、網走市内線全線。女満別空港や網走駅でフリーパスを購入できるので、すぐに路線バスで網走市内の観光巡りをすることが可能です。ちなみに、パスのサイズはA5三つ折り。

網走近郊の路線バスが乗り放題に!「あばしりフリーパス」新登場網走近郊の路線バスが乗り放題に!「あばしりフリーパス」新登場

割引特典クーポンが使えるのは、博物館網走監獄、天都山オホーツク流氷館、北方民族博物館、道の駅「流氷街道網走」といった観光施設、北天の丘あばしり湖 鶴雅リゾート、網走湖畔温泉もとよしなどの宿泊・温泉施設、松尾ジンギスカン呼人支店、YAKINIKU網走ビール館、寿し安などの飲食店、計14施設。利用料金割引やタオルレンタル無料、野菜盛り合わせサービスなど各施設で特典内容は異なります。

割引特典対象施設
●オホーツク流氷館(オリジナルソフトクリーム50円引)
●博物館網走監獄(団体割引料金で入場10%引)
●北方民族博物館(常設展示観覧料大人550円→500円、高校生大学生200円→160円、65歳以上と中学生以下無料)
●モヨロ貝塚館(入館料大人300円→270円、小人100円→90円)
●松尾ジンギスカン呼人支店(食事すると季節の野菜盛り合わせサービス)
●網走観光ホテル(バスタオル・フェイスタオルレンタル無料)
●北天の丘あばしり湖 鶴雅リゾート(日帰り入浴・岩盤浴利用料金200円引)
●網走湖畔温泉もとよし(日帰り入浴料金100円引)
●網走湖荘(フェイスタオルレンタル無料)
●軽食喫茶ジィジ(ドリンク100円引)
●道の駅「流氷街道網走」(流氷砕氷船おーろら船内売店でコーヒーまたは道の駅売店でミニソフトクリームサービス)
●YAKINIKU網走ビール館(会計総額より5%OFF)
●カラオケ歌屋(網走店・潮見店について会計総額より10%OFF)
●寿し安(会計総額より5%OFF)

参考まで、通常運賃は、女満別空港―網走バスターミナル間の連絡バス往復で1,820円。同区間を往復してクーポンを使うだけでほぼ元を取れる計算になります。

「あばしりフリーパス」を利用したモデルプラン

例えば飛行機を利用して女満別空港に降り立った場合、2日券のパス購入後、網走市内に向かう女満別空港線もしくは美幌線に乗車。道の駅があるおーろらターミナルで下車すれば、冬季は流氷砕氷船おーろらに乗船することもできます(クーポン提示により、船内売店や道の駅売店でサービスあり)。網走バスターミナルから小清水・斜里線に乗り換えて、北浜駅、湯沸湖を見渡せる白鳥公園に足を延ばし、オホーツク海沿岸に押し寄せる流氷を間近で見ましょう。

特典のある宿泊施設は網走湖畔の4施設なので、天都山入口付近まで戻って一泊。翌日は観光施設めぐり線でオホーツク流氷館(同 オリジナルソフトクリーム50円引き)、北方民族博物館(同 常設展示観覧料割引)など観光地巡り。網走市内に進み、YAKINIKU網走ビール館で食事(同 5%割引)。飛行機搭乗前に時間があれば、女満別空港線上林宅前で下車し、軽食喫茶ジィジで軽食(同 ドリンク100円引き)もいいでしょう。

「あばしりフリーパス」の販売場所は、網走バスターミナル、女満別空港観光案内所、網走市観光協会(網走駅構内、道の駅)、東横イン網走駅前。バスのデザインがかわいらしいパスを利用して、お得に網走観光を楽しんでみてください。問い合わせは網走バス(TEL:0152-43-4101)まで。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。