トピックス

札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

JR札沼線(学園都市線)石狩太美駅―新十津川駅間の沿線4町7温浴施設を巡るスタンプラリー「乗って!浸かって!札沼“泉”」が、2018年4月28日(土)にスタートします。札沼線を利用して全施設を制覇すると、1施設の入浴料金が1回無料になるなどの特典があるスタンプラリー。今年は、札沼線で湯巡り観光をしてみませんか?

当別町4温浴施設で始まったスタンプラリーを踏襲し拡大

主催するのは、沿線住民で構成する「札沼泉ネットワーク」。共同代表のひとりで当別町の開拓ふくろふ乃湯 二代目湯守、高野紀康さんが昨年(2017年)、当別町内の3温浴施設(ふとみ銘泉・[銭湯]滝の湯・中小屋温泉)と連携して実施したスタンプラリーがきっかけです。

当別町4温浴施設のスタンプラリー開始後、高野さんと北の里泊ネット(月形町)は、その対象地域・施設を広げたいとの思いで一致。昨年12月25日に「札沼泉ネットワーク」を設立し、空知管内に位置する月形温泉ゆりかご(月形町)、浦臼町温泉保養センター(浦臼町)、新十津川温泉グリーンパークしんとつかわ(新十津川町)の3温泉を加えた7施設で再スタートすることとなりました。

札沼線沿線・石狩川右岸の4町において、自治体の枠を超えて「温泉」というキーワードでつながったのは初めて。「事業者人口も減っていく中で、それぞれが独立して経営するより手を取り合ったほうが、意味あるスタンプラリーになる」と高野さんは話します。

1駅1湯が点在する珍しい線区

▼札沼線浦臼駅に停車する列車
札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

札沼線の北海道医療大学駅(当別町)―新十津川駅(新十津川町)間(47.6㎞)は、JR北海道が単独維持困難路線として発表した線区のうち、輸送密度が200人未満という厳しい状況です。しかし、この線区は徒歩約10分以内に温浴施設のある鉄道駅(1駅1湯)が多数存在するのが特徴で、道内でもここだけと言います。

このように、全国的にも珍しい温浴施設の優位性と、維持困難な線区である札沼線(北海道医療大学駅以北)を掛け合わせることで、沿線各町の活性化に寄与できると同ネットワークは考えています。

実際、同線区は廃止が取り沙汰されていることもあり、若い人を含めJRの利用や沿線温浴施設の利用客も増えているそう。良いタイミングでスタートできると自信をのぞかせています。

気になるスタンプラリーの参加方法とは?

▼かわいいイラストが満載のスタンプ台紙
札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

「乗って!浸かって!札沼“泉”」スタンプラリーは、JR札沼線に乗って移動しながら沿線7施設を利用してスタンプを押印してもらうのが条件。最初の施設で受け取るスタンプ台紙には、乗った列車の車両番号を記入する欄が設けられています(乗車証明は写真でも可)。

対象施設と最寄り駅は下記の通り。

  • 当別町:ふとみ銘泉 万葉の湯(石狩太美駅から約450m)
  • 当別町:滝の湯(石狩当別駅から約300m)
  • 当別町:開拓ふくろふ乃湯(石狩金沢駅から約160m)
  • 当別町:中小屋温泉(本中小屋駅から約950m)
  • 月形町:月形温泉ゆりかご(石狩月形駅から約1.3㎞)
  • 浦臼町:浦臼町温泉保養センター(鶴沼駅から約950m)
  • 新十津川町:新十津川温泉グリーンパークしんとつかわ(新十津川駅から約4.5㎞)

※浦臼駅以北の列車の運行は1日1往復のみ。グリーンパークしんとつかわについては駅から距離があるため、電話して空いていれば送迎も可。

▼開拓ふくろふ乃湯(当別町)
札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

開拓ふくろふ乃湯の記事はこちら

▼中小屋温泉(当別町)
札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

▼月形温泉ゆりかご(月形町)
札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

▼浦臼町温泉保養センター(浦臼町)
札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

▼新十津川温泉グリーンパークしんとつかわ(新十津川町)
札沼線沿線7湯を巡ろう!湯巡りスタンプラリー札沼“泉”スタート

施設ごとに異なるスタンプを押してもらいながら、7施設を制覇すると、お好みの1施設は無料で1回入浴できます。また、月形温泉ゆりかごや開拓ふくろふ乃湯など一部の施設では、スタンプ台紙をもっていけば特典が付きます。

利用可能期間は、札沼線が存続する限りとしています。今後は、宿泊と絡めた企画も検討中だとか。いつまで続くかわからない札沼線で、鉄路×温泉のゆったりとした旅を楽しんでみませんか?

乗って!浸かって!札沼“泉”スタンプラリー
お問い合わせ先:札沼泉ネットワーク(北の里泊ネット)
事務局メール

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。