トピックス

「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

上川町にある「大雪 森のガーデン」に、2018年8月より新エリア「遊びの森」がプレオープンしました。

森のガーデンでは、地元の子どもたちと共に新エリアを創り上げていく体験型プログラムを展開。子どもたちは「キッズアンバサダー」となって森のガーデンをサポートし、魅力を発信していきます。

その「キッズアンバサダー」プロジェクト第1回と第2回が夏に開催されました。当日の模様をレポートしていきましょう。

遊びの森のベンチをつくろう!

▼この丸太たちが、本当にベンチになるの?
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

キッズアンバサダープロジェクト第1回目は、7月8日に開催。子どもたちが遊びの森に設置するベンチづくりに挑戦しました。

▼まずは木の皮を剥ぐ作業から
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

講師の指導に従い、初めて使う道具で慣れない作業に取り組みます。ちなみにこの丸太たちは、遊びの森に展開するツリーテラスを作る時にとれた端材です。

▼ベンチの長さに合わせて木を切断
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

作業が進むにつれ、子どもたちの手際もだんだん上達していきます。小さな女の子も、のこぎりを使って上手に木を切断していました。

▼ベンチの座面にやすりをかけていく
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

作業はずっと屋外で行われます。木漏れ日の下、時折心地いい風が流れ、木々がざわめきます。子どもたちは汗を流しながらも、しっかりと自然の息吹を感じ取っていたはずです。

▼パーツを組み合わせ、完成間近
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

みんなで力を合わせてひとつのものをつくり上げていく、その楽しさや喜びを知ることも、このワークショップの大きな収穫です。

▼最後に焼き印を押して、完成!
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

最後に大雪山大学の焼き印を押し、ようやくベンチが完成しました。

▼完成後の記念写真では、みんなニコニコ
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

ワークショップに参加した子どもたちは、みんな生き生きとした笑顔で、どこか誇らしげでした。自分たちで木を切って削って組み立てるなんて、大人でも困難な作業です。それをやり遂げたのだから、すごいのひと言!

▼大きくて丈夫で素敵なベンチ
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

巣箱アートを作ろう!

▼講師のkochia(荒木孝文)さん
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

続いて8月5日に開催された、キッズアンバサダープロジェクト第2回目。この日、子どもたちが取り組むのは、巣箱づくりです。

▼説明を聞いた後、いよいよ作業開始
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

ここで作る巣箱は、森のガーデン内各所に設置されます。巣箱をつけると、そこに鳥たちがやってきて、その鳥たちが新しい木の種を運んできて、新しい木が生えてくる。すると、いろんな木がある豊かな森になっていくのだそうです。

そんな未来の森の姿に思いを馳せつつ、巣箱作りに挑戦しました。

▼ドリルで必要な穴を開ける
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

一緒に参加した保護者のサポートを受けながら、小さな手で工具を使っていきます。大人も子どもも、その瞳は真剣そのものです。

▼巣箱の形が見えてきたかな?
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

巣箱を組み立てるのに使用するのは、昔ながらのトンカチと釘。自分の指まで叩かないよう、最初はおっかなびっくりの子どもたちです。

▼屋根がカラフルに彩られていく
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

巣箱の形が出来上がったら、今度は屋根にペンキを塗っていく作業です。これが意外と難しいようで、ムラが出来たりはみ出したりしていないか、大人たちのチェックが入ります。

▼屋根を固定して、完成!
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

最後に色を塗った屋根を固定します。ずっと集中していた子どもたちの表情が、巣箱の完成と共にほっと緩み、あちらこちらで笑顔がこぼれます。

▼最後はそれぞれの巣箱を手に記念撮影
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

大雪山大学がこうしたワークショップを定期的に開催しているのは、上川町の魅力を再発見していこうという目的があるから。さらには、キッズアンバサダープロジェクトを通して、地元の子どもたちに、森や花へのリスペクトを育んでほしいという願いもあります。

▼大雪 森のガーデン
「大雪 森のガーデン」で大雪山大学「キッズアンバサダー」体験プロジェクト開催!

子どもたちはワークショップを通して、みんな少しだけ成長したようにも感じました。大雪山大学や大雪 森のガーデンでは、キッズアンバサダーに限らず、今後もさまざまな催しが企画されていく予定です。気になる人は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

大雪 森のガーデン
所在地:北海道上川郡上川町字菊水841番地8
電話:01658-2-4655
夏期営業期間:2018年4月28日~10月14日
夏期営業時間:
4月28日~5月18日       9:30~17:30(最終入園17:00)
5月19日~9月9日         9:00~18:00(最終入園17:00)
9月10日~10月14日     9:00~17:00(最終入園16:00)
入場料金:大人(高校生以上)800円(2018年5月19日~10月14日まで)
公式サイト
Facebookページ

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】