味わう

スイーツにトリュフ?札幌の2ホテルで期間限定スイーツ提供開始

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社・東京都)は、世界的美食ガイド『Gault & Millau(ゴ・エ・ミヨ)』と初のコラボレーションにより4種類のスイーツを開発。同社が運営する札幌グランドホテルおよび札幌パークホテルで、11月限定で提供を開始しました。

アジアのベストパティシエ賞受賞の成田一世氏と共同開発

今回コラボレーションにより開発したのは『Best Pastry 2018 世界にひとつだけのスイーツ from 北海道』と題するスイーツです。

今年9月6日に発生した北海道胆振東部地震によりダメージを受けた北海道、被災者を盛り上げ、道外の人たちにも北海道の魅力を伝え、足を運んでもらいたいという想いがあり、コラボが実現。また、「地域の価値で、未来を変えていく。」という同社のブランドステートメントと、各地の食材やサービスに注目し食文化を世界に発信する『ゴ・エ・ミヨ』の想いが合致したことも、コラボ実現の理由の一つです。

▼『ゴ・エ・ミヨ』編集長と対談する成田一世氏
スイーツにトリュフ?札幌の2ホテルで期間限定スイーツ提供開始

このコラボレーションでは、世界の食のトレンドを左右するレストランランキング『世界のベストレストラン50』アジア部門アワード『アジアのベストレストラン50』で最も注目度の高い個人賞部門『アジアのベストパティシエ賞』を2017年に受賞した成田一世(なりたかずとし)氏が、札幌グランドホテルおよび札幌パークホテルの総料理長と共同で冬のスペシャルスイーツを開発することになりました。

▼札幌グランドホテルおよび札幌パークホテルのパティシエと共に記念撮影に応じる成田一世氏(中央)
スイーツにトリュフ?札幌の2ホテルで期間限定スイーツ提供開始

北海道の代表的な素材の一つ「ミルク」の魅力を表現

北海道は酪農に最適な環境で、繊維豊富で良質な牧草が育ち、それを食べて育った北海道の乳牛からとれるミルクは濃厚でコクがあり、世界に誇れる一品です。今最も注目されているシェフ・パティシエである成田一世氏が手がけるのは、その北海道の代表的な素材の一つである「ミルク」の魅力を表現したスイーツです。

▼共同開発したスイーツを手に笑顔を見せる成田一世氏
スイーツにトリュフ?札幌の2ホテルで期間限定スイーツ提供開始

「今回はこのミルクをベースに、北海道の魅力を最大限に伝えることができるスイーツを開発しました。どちらのホテルのスイーツも、クリスマスのオーナメントをイメージし、金の飴細工にミルクを詰めることで、少しずつ崩しながら、ミルクと他の素材の味が融合して変化を楽しめるよう仕上げました」(成田氏)

スイーツの本場・ヨーロッパにインスパイアされたという北海道発の新たなスイーツは、札幌グランドホテルと札幌パークホテルで別々のメニューが展開されます。

▼札幌グランドホテルで提供する「SUCRE FRUITS ROUGE(シュクル フリュイ ルージュ)」
スイーツにトリュフ?札幌の2ホテルで期間限定スイーツ提供開始

札幌グランドホテルでは「SUCRE FRUITS ROUGE(シュクル フリュイ ルージュ)」(税・サ込2,000円)と題し、ベリーの酸味と香りを楽しみながら、ミルクとの相性を感じられる、まるで宝石のような一皿です。ヨーロッパと近い気候の北海道だからこそできる、ベリーの魅力を活かし、幾層にも重ねた様々なベリーの食感、香り、酸味を楽しむことができる一品で、光り輝くアイスと泡に姿を変えたミルクの異なる風味も楽しむことができます。

▼札幌パークホテルで提供する「SUCRE TRUFFE(シュクル トリュフ)」
スイーツにトリュフ?札幌の2ホテルで期間限定スイーツ提供開始

一方、札幌パークホテルでは「SUCRE TRUFFE(シュクル トリュフ)」(シャンパン1杯付、税・サ込3,000円)。ヨーロッパではチーズに挟み込んで香り付けするなど、様々な使われ方をするトリュフがスイーツの素材として登場。ミルクの新たな魅力を一層際立たせます。塩、赤ワイン、ベリーとのマリアージュが斬新で新しいと言えるでしょう。

どちらのスイーツにも採用されているボール状の金の飴細工は、崩すと中からミルクの素材が溢れ出てくるという仕掛けが施されており、遊び心をくすぐります。

▼冬の北海道をイメージしたテイクアウト用スイーツ
スイーツにトリュフ?札幌の2ホテルで期間限定スイーツ提供開始

さらに、雪景色となる冬の北海道をイメージしたテイクアウト用スイーツも2種類開発されました。ミルクと、ミルクから作られたマスカルポーネを使い、プレゼントを開けるときのようなドキドキ感、ワクワク感を与えてくれる一品です。包みのように見える部分もなんとホワイトチョコレート。

こちらについては、札幌グランドホテルはティラミス味の「Papillote~Tiramisou~(パピヨット ムースマスカルポーネ カフェ)」(税込800円)、札幌パークホテルではベリー味の「Papillote~Fruits rouge~(パピヨット フリュイ ルージュ)」(税込800円)を展開します。

提供期間は2018年11月1日~30日の1ヶ月間。札幌グランドホテル東館1Fの西洋料理「ノーザンテラスダイナー」(14:00~17:00L.O.)、札幌パークホテル1Fの西洋料理「テラスレストラン ピアレ」(14:00~17:00L.O.)で提供。テイクアウトのスイーツについては、札幌グランドホテル東館1Fのショップ「ザ・ベーカリー&ペイストリー」、札幌パークホテル1Fのスイーツ「テラスレストラン ピアレ ケーキコーナー」で販売しています。

※2018年11月12日、一部文言、営業時間を修正いたしました―編集部

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。