トピックス

30周年の特別な夏だから見逃せないPMF2019、注目プログラムはこれ!

1990年にレナード・バーンスタインが創設して以来、今年でいよいよ30回目を迎えるPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌)。記念すべきアニバーサリー・イヤーだからこそ、例年にない特別なプログラムが数多く用意されています。その中から、特に注目しておきたいものをピックアップ!

特に注目したいのはこの2つ!

▼PMF2018のオープニングコンサートの様子
30周年の特別な夏だから見逃せないPMF2019、注目プログラムはこれ!

期間中はさまざまなコンサートが開催されるPMF2019ですが、やはり押さえておきたいのは、30回記念ならではの特別なプログラム。中でもおすすめしたいのが、7月20日(土)、21日(日)の「PMFプレミアム・コンサート」です。まさにアニバーサリー・イヤーを象徴すべく、かつて芸術監督としてPMF創成期を支えたクリストフ・エッシェンバッハ氏が指揮を執ります。「あのエッシェンバッハさんが、札幌に帰ってくる!」と、長年のファンなら感涙もののプログラムなのです。

▼90年代にPMF芸術監督を務めたエッシェンバッハ氏
30周年の特別な夏だから見逃せないPMF2019、注目プログラムはこれ!

PMFプレミアム合唱団として、400人を超える合唱団が参加するというのも、大きな見どころ。演目はマーラーの『交響曲8番変ホ長調』。20日と21日の両日とも同じプログラムなので、行きやすい日を選べるのもいいですね。さらにもうひとつ、おすすめしておきましょう。7月28日(日)に開催される「PMF hitaru スペシャル・コンサート」です。真新しい札幌文化芸術劇場hitaruに、いよいよPMFが初お目見えすることでも話題です。

▼hitaruの場内にPMFオーケストラが響き渡る
30周年の特別な夏だから見逃せないPMF2019、注目プログラムはこれ!

演目は、ドヴォルザークの『交響曲第8番ト長調作品88』。昨年もPMFで大活躍だったクリスチャン・ナップ氏が指揮を執ります。まだhitaruに行ったことのない方もこの機会にぜひ。PMFでは恒例の『PMF賛歌~ジュピター~』もこの日に演奏されますので、お楽しみに。

今年のプログラムは常連さんこそ注意が必要

さて、ここまで読み進めて、PMFに毎年参加しているような常連さんなら「あれ、PMF賛歌はGALAコンサートじゃないの?」と不思議に思ったことでしょう。そう、例年ならPMFの集大成であるGALAコンサートでPMF賛歌が演奏されるのですが、今年のGALAコンサートは期間の中頃、7月14日(日)に開催されますのでお間違いなく。

▼昨年PMF2018のGALAコンサートの様子
30周年の特別な夏だから見逃せないPMF2019、注目プログラムはこれ!

また、こちらも例年なら期間の終盤に開催されていたピクニックコンサートも、7月13日(土)に開催が予定されています。ピクニックコンサートについて調べる頃には、もう既に終わってしまっていた……なんてことのないように、お気をつけください。いずれにせよ、人気のプログラムは早めにチケットを入手しておくと安心。ぜひPMF2019に参加して、特別な夏を存分に楽しんでくださいね!

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。