トピックス

北海道が11年連続1位!函館市が魅力度で2年連続6度目の全国1位に!

  

株式会社ブランド総合研究所(東京都)は2019年10月17日、毎年恒例の地域ブランド調査2019の調査結果を発表。全国で最も魅力的な都道府県で北海道が11年連続1位になったほか、同じく市区町村別で函館市が2年連続6度目の全国1位に輝きました。

この調査は全国47都道府県及び全国1000市区町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目を調べるもので、年1回実施。今回が14回目になります。全国の消費者31,369人から有効回答を得ました。

北海道がほぼ横ばいの得点ながら全国1位

2009年に全国47都道府県が調査対象に加えられましたが、それ以来11年連続で北海道がナンバーワンを死守しています。北海道の魅力度は前年の59.7に対して61.0と微増しましたが、ほぼ横ばい。2位の京都府(50.2)が微減したため、今年は10ポイント以上の差が付きました。

47都道府県別魅力度ランキングトップ10
1位 北海道(61.0)
2位 京都府(50.2)
3位 東京都(43.8)
4位 沖縄県(40.4)
5位 神奈川県(34.5)
6位 大阪府(32.9)前年7位
7位 奈良県(30.0)前年6位
8位 福岡県(29.6)
9位 石川県(25.4)前年11位
10位 長野県(24.8)前年9位

北海道の具体的な数値を見てみると、魅力度、観光意欲度、食品想起率の3点でトップ、認知度と情報接触度では東京都に次いで2位、居住意欲度では東京都と神奈川県に次いで3位、食品以外想起率では京都府と石川県に次いで3位になっています。

2年連続全国1位に輝いた函館市

一方、市区町村別の魅力度ランキングでは、函館市がトップに輝きました。トップ10では札幌市が3位から2位に上昇、小樽市が4位、富良野市が9位と、道内から4市がランクインしました。

市区町村別魅力度ランキングトップ10
1位 函館市(53.7)
2位 札幌市(52.9)
3位 京都市(51.0)
4位 小樽市(48.0)
5位 神戸市(44.9)
6位 横浜市(44.2)
7位 鎌倉市(43.1)
8位 金沢市(42.2)
9位 富良野市(40.8)
10位 仙台市・日光市(39.3)

函館市のポイント数は前年の50.0から53.7に上昇。具体的には観光意欲度とイメージ想起率で1位、産品購入意欲度で4位になりました。

札幌市のポイント数も46.8から52.9と上昇し、京都市を抜いて2位に返り咲きました。魅力度の他、観光意欲度で1位、情報接触度で2位、食品想起率で3位にランクイン。小樽市と富良野市もともにポイント数が上昇しましたが、小樽市は4位のまま、富良野市は前年の7位から2ランクダウンとなりました。食品想起率で夕張市が前年1位から2位にダウンしたものの上位を維持しています。

北海道勢はほかに、下記の都市がトップ100にランクインしました。

トップ100に入ったその他の北海道の市町村
16位 旭川市(34.2)前年28位
26位 帯広市(30.1)前年30位
29位 釧路市(29.7)前年32位
30位 登別市(29.5)前年24位
56位 洞爺湖町(23.6)前年126位
57位 千歳市(23.3)前年66位
62位 石狩市(22.7)前年87位
63位 ニセコ町(22.6)前年55位
77位 美瑛町(21.8)前年87位
77位 南富良野町(21.8)前年129位
87位 夕張市(20.8)前年79位
88位 根室市(20.7)前年93位
92位 室蘭市(20.6)前年87位

洞爺湖町が前年126位から急上昇し56位に、南富良野町も129位から77位に上昇しています。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。