トピックス

除雪機製作は夏場に行う!

 冬になると必要不可欠な道具の一つが「除雪車」。雪国北海道では毎度おなじみのロータリー車になります。その除雪車の国内シェアの約4割を製造し、北海道だけでなく北陸・東北地方といった積雪地域にも供給している国内唯一の除雪車専門メーカーが、北海道札幌市にある日本除雪機製作所(NICHIJO)です。

 毎年、除雪機(ロータリーなど含めて全ての除雪機)100台を越える台数を製造しているとか(2005年度は140台)。製造のほとんどが雪のない夏場(春から秋)に行われていて、冬は部品の準備に当てているそうです。(=北海道新聞)

 製造する除雪機の中には、知床用特大・大・中・小のロータリーだけじゃなくて、鉄道用のものや凍結防止剤散布車(空港用含む)やゲレンデ用のものも入っています。完成した除雪車は、小樽市春香町にある国内唯一の除雪車専用テストコース(1981年-)で、テストが行われているそうです。

 当サイトの雪国北海道生活コーナーには、除雪作業車についてや、住宅地排雪作業の様子など関連ページがありますので、ご覧ください。

 さて、上記にも書いた日本除雪機製作所(NICHIJO)ですが、この公式サイトには、おもしろいコンテンツが盛りだくさんで楽しめる内容になっていますね。ビデオムービーもあるので、雪がおなじみでない地域の方でも雰囲気がわかるかと思います。さらには、ペーパークラフトを作れるコーナーや、ミニチュアロータリーを販売もしています。ぜひアクセスして楽しんでみてくださいね。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。