学ぶ

2010年・支庁再編のポイント

編集部
Written by 編集部

2010年・支庁再編のポイント

 2010年4月1日、明治から続いてきた北海道の支庁制度に大きな変更が加えられます。北海道の行政史に残る日付となります。ここでは、支庁制度改正の主なポイントを整理します。

1.支庁が総合振興局と振興局へ

 これまでの14支庁が、9総合振興局と5振興局に改称されます。名称の違いは、総合振興局は指定された隣接する振興局の、広域で所管することが望ましい業務を行うことができるものとしています。当初9総合振興局の下に格下げの形で5振興局を設置するとした形の名残といえます。実際は、総合振興局と振興局は同格とされます。

 変更される名称は以下の通りです。旧網走支庁が道内で唯一、カタカナのオホーツク総合振興局へ変更されます。振興局所在地に変更はありません。なお、総合振興局が広域的に所管できる振興局をわかりやすく表示するため、段落を付けていますが、本来は同格扱いですので、あしからず。

空知支庁→空知総合振興局(岩見沢市)
 石狩支庁→石狩振興局(札幌市)
後志支庁→後志総合振興局(倶知安町)
胆振支庁→胆振総合振興局(室蘭市)
 日高支庁→日高振興局(浦河町)
渡島支庁→渡島総合振興局(函館市)
 檜山支庁→檜山振興局(江差町)
上川支庁→上川総合振興局(旭川市)
 留萌支庁→留萌振興局(留萌市)
宗谷支庁→宗谷総合振興局(稚内市)
網走支庁→オホーツク総合振興局(網走市)
十勝支庁→十勝総合振興局(帯広市)
釧路支庁→釧路総合振興局(釧路市)
 根室支庁→根室振興局(根室市)

2.幌延町と幌加内町が移管される

 旧・留萌支庁所管だった天塩郡 幌延町は、総合振興局の条例施行と同時に、宗谷総合振興局へ移管されます。これは、幌延町の経済・生活圏は稚内市との結びつきが強いため。留萌管内から宗谷管内への移管は歴史的にみると、1948年の豊富村に続き2回目。

 旧・空知支庁所管だった雨竜郡 幌加内町は、総合振興局の条例施行と同時に、上川総合振興局へ移管されます。これは、幌加内町の経済的結びつきが士別市、旭川市方面と強いため。空知管内から上川管内への移管は歴史的にみると、1899年の富良野村に続き2回目。

 この2町の移管を受けて、空知、上川、留萌、宗谷各管内で自治体数の変更があります。空知総合振興局は24市町、上川総合振興局は24市町村、留萌振興局は8町村、宗谷総合振興局は11市町村になります。

3.ウルップ島以北3郡の管轄が外される

 これまで、根室支庁と根室税務署は千島列島全域を管轄していました。1951年のサンフランシスコ平和条約で千島列島領有権を放棄しているため、本来は北方四島だけでよいのですが、なぜかウルップ島以北も管轄してきました。

 戦前はウルップ島以北に3郡ありました。得撫郡、新知郡、占守郡の3郡です。戦後、そのまま継続して管轄してきたのは、根室支庁と根室税務署だけですが、総合振興局の条例施行にあわせて、該当3郡を削除する方針です。

4.十勝国、石狩国、天塩国が完全消滅

 1869年に決められた11国86郡のうち、なぜか3つの国の名称が道支庁設置条例別表に所管として記載されていました。十勝国、石狩国、天塩国です。4月1日の道総合振興局・振興局設置条例施行に伴い、この3つの国の表記が完全に抹消されます。また、今回の条例施行で、郡を表記せず市町村名で明記しました。

5.その他区域変更

 北海道議会議員の選挙区の区域と名称が変更されますし、道立高等学校通学区域・名称変更が行われます。土木現業所も変更されます。新しくなった総合振興局・振興局の区域に合わせて所管区域が決定されました。管轄は以下の通りです。
 札幌土木現業所=空知・石狩
 小樽土木現業所=後志
 室蘭土木現業所=胆振・日高
 函館土木現業所=渡島・檜山
 旭川土木現業所=上川
 留萌土木現業所=留萌
 稚内土木現業所=宗谷
 網走土木現業所=オホーツク
 帯広土木現業所=十勝
 釧路土木現業所=釧路・根室

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。