学ぶ

住所で○○市○○村?○○原野?

市の中に村があるって?

 市の中に○○村という住所がある、そんな地名があります。北海道道路 地図がある方は稚内市のところを開いてみてください。特に稚内市中心市 街地のページが一番いいのですが、ノシャップ岬がある半島の大部分を占 めている地名は「稚内村」です。

 稚内港近くの海岸線沿い市街地は別の住所が付されていますが、日本海 側と山の部分は「稚内村」です。中心地の南側にも続いています。その他 にも「声問村」「抜海村」「宗谷村」の合計4つの村が稚内市にはありま す。

 これらはすべて「大字」ですが、同一市の中にこれだけ「村」があるの はここだけでしょう。たいてい住所表記において市の次に来るのは○○町 です。これが「○○村」になるというのはあまり例がありません。

 稚内市は住宅街形成に伴って順次独立、新区画が誕生していきました。 かつて稚内村、声問村、抜海村、宗谷村はそれぞれ独立した村でしたが、 合併した際、村名をそのまま大字の地名にしたというわけです。これがそ のまま残って地名となっているものです。この村名の下に字名がさらに付 きます。

 この事例は、同じく港町の留萌市でも「留萌村」が存在していますし、 市ではなく町村でも、そして道外でも幾つか存在していますが、やはり北 海道に多く見られます。

富良野市字麓郷市街地?陸別町字リクンベツ原野?

 なにこれ?と思われた方も多いはず。これはれっきとした住所です。こ のように「市街地(または市街)」や「原野」がつく地名があるのも北海道 の特徴といえます。さらに田舎では「線」「号」に加えて「基線」「分線」 という地名が目立つのも北海道ならでは。

 これは、北海道がただでさえ広大なので、農村地帯と市街住宅地区との 区別をするために「市街地」が用いられるようになりました。ただ、この 市街地という地名は、最近では新町名に置き換えられるようになってきて おり、消滅しつつあります。

ついでに:番地がない?網走番外地

 番外地といえば、あの高倉健さんの「網走番外地」が真っ先に思い浮か びますね。無番地とも呼ぶ番地がない地名。自衛隊の駐屯地が代表例とし て有名でしょう。北海道ではたとえば、登別市登別温泉町無番地。ちょう ど登別地獄谷がある場所です。網走市は北浜無番地に北浜駅があります。

 もちろんこの無番地というのは北海道だけではありません。しかし、北 海道は広大ですので無番地がやたら存在しています。特に屯田兵由来の町 並みを形成している場合、商店の地域に無番地が設定されることもあった ようです。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。