学ぶ

道内地域エリア分け大全! 道央・道南・道東・道北ってどこなの?

 北海道といえども、面積が広いので細分化することが多々あります。 その圏域のわけ方はさまざまで、2から21までみられます。今回は、道内を どんなふうにエリア分けしているのか、いろいろ集めてみました。

道内地域エリア分け大全! 道央・道南・道東・道北ってどこなの?

蝦夷地時代

 松前藩時代には「東蝦夷地」「西蝦夷地」といったふうに分けられてい て、知床~大雪~千歳を境に、太平洋側を東蝦夷、日本海側とオホーツク 海側を西蝦夷としていました。東蝦夷には千島列島が、西蝦夷には樺太(後 に北蝦夷地と改称)が含まれました。

道内地域エリア分け大全! 道央・道南・道東・道北ってどこなの?

江戸時代松前藩時代の3地域区分
東蝦夷地:汐首岬以北の太平洋側、及び千島列島
西蝦夷地:熊石以北の日本海側とオホーツク海側、及び樺太(北蝦夷地)
和人地(松前地):松前や箱館など道南一部地域(最終的に久遠~長万部以南及び小樽)
または
口蝦夷地:襟裳岬~神威岬間以西
奥蝦夷地:上述以東
和人地(松前地):上記参考

 この「口蝦夷地」「奥蝦夷地」の分け方は、後に多く使われるようにな った「北北海道」「南北海道」の2地域に近いものがあります。明治時代 以降の開拓で、比較的早くに開かれていた南と遅かった北の区分でもあり ます。支庁でいうと以下のようになります。

「南北海道」:渡島・檜山・後志・胆振・日高・石狩・空知
「北北海道」:上川・留萌・宗谷・網走・十勝・釧路・根室

 この「南北」を現在でも使っているのは、高校野球の支部区分でしょう。 2007年に少子化による編成で、それ以前の空知支庁分断状態が解消されて います。

高校野球南北海道:胆振・日高・後志・石狩・渡島・檜山
高校野球北北海道:十勝・網走・上川・空知・宗谷・留萌・釧路・根室

 なお、かつて道内には、3県、11国時代もありました。

大分類:道央・道南・道北・道東

 一方で、最も馴染み深い区分といえば「道央」「道南」「道北」「道東」 の4区分でしょう。支庁を基準にしています。西というのは基本的に使うこ とはありません。

道内地域エリア分け大全! 道央・道南・道東・道北ってどこなの?

3区分(支庁別):道央を道南に統合した形
「道南」:石狩・空知・後志・胆振・日高・渡島・檜山
「道北」:上川・留萌・宗谷
「道東」:網走・十勝・釧路・根室
4区分(支庁別)
「道央」:石狩・空知・胆振・日高・後志
「道南」:渡島・檜山
「道北」:上川・留萌・宗谷
「道東」:網走・十勝・釧路・根室
または(道央が巨大化するので)
「道央」:石狩・空知・後志(国土交通省は道南に含める)
「道南」:渡島・檜山・胆振・日高
「道北」:上川・留萌・宗谷
「道東」:網走・十勝・釧路・根室
または
※市町村を別の圏域に含めるパターンはいくつもあるが最もポピュラーな例 で、富良野地区を道央に、深川地区を道北に移管する方法。ほかに空知管内 幌加内町だけを道北に含める例もある。塩狩峠を境界として旭川市を含めた 上川中部も道央に含める向きもあるが、人口的アンバランスと道北中心都市 喪失のためあまり使用されない。道南と道東は基本的に変化なし。
「道央」:石狩・空知(南空知・中空知)・胆振・日高・後志・上川(南部)
「道南」:渡島・檜山
「道北」:空知(北空知)・上川(北部・中部)・留萌・宗谷
「道東」:網走・十勝・釧路・根室

この北空知の深川市・雨竜郡を道北に含める例としては、車のナンバープ レートの区分にも見られます。これは運輸支局の管轄です。6つに分けた圏域も多く使われます。それが「地域生活経済圏」。

道内地域エリア分け大全! 道央・道南・道東・道北ってどこなの?

地域生活経済圏の6エリア
「道央圏」:石狩・後志・空知・胆振・日高
「道南圏」:渡島・檜山
「道北圏」:上川・留萌・宗谷
「オホーツク圏」:網走
「十勝圏」:十勝
「根釧圏」:釧路・根室

 5つに分ける「観光圏」というのもありますが使われなくなっています。

観光圏5エリア
「道南観光圏」:渡島・檜山
「道央観光圏」:石狩・後志・胆振・日高
「大雪山観光圏」:空知・上川・十勝
「道東観光圏」:釧路・根室・網走
「道北観光圏」:宗谷・留萌

支庁再編……14→9へ

 2009年度に支庁が再編、14支庁は6連携地域9総合振興局 に再編されます。総合振興局というのが新しい支庁の姿です。支庁再編についてはこちら。道央は圏域 が広いので3つに、道北は2つに分割されます。

道内地域エリア分け大全! 道央・道南・道東・道北ってどこなの?

(道央連携地域)
 ・道央総合振興局(岩見沢市)(=石狩・空知支庁(幌加内町除く))
  ・石狩振興局(札幌市)(=石狩支庁)
 ・後志総合振興局(倶知安町)(=後志支庁)
 ・日胆総合振興局(室蘭市)(=胆振・日高支庁)
  ・日高振興局(浦河町)(=日高支庁)
(道南連携地域)
 ・道南総合振興局(函館市)(=渡島・檜山支庁)
  ・檜山振興局(江差町)(=檜山支庁)
(道北連携地域)
 ・道北総合振興局(旭川市)(=上川(空知の幌加内町含む)・留萌支庁(幌延町除く))
  ・留萌振興局(留萌市)(=留萌支庁)
 ・宗谷総合振興局(稚内市)(=宗谷支庁(留萌の幌延町含む))
(オホーツク連携地域)
 ・オホーツク総合振興局(網走市)(=網走支庁)
(十勝連携地域)
 ・十勝総合振興局(帯広市)(=十勝支庁)
(根釧連携地域)
 ・道東総合振興局(釧路市)(=釧路・根室支庁)
  ・根室振興局(根室市)(=根室支庁)

中分類:細分化の地域名

 14の支庁をさらに細分化するとき、独特の圏域名になることがあります。 1支庁あたり3ほどに分かれますが、これほど細かく分けるのは気象予報区分 くらいです。該当する市町村は以下の通りです。かっこ内は市町村数です。

道内地域エリア分け大全! 道央・道南・道東・道北ってどこなの?

●石狩
人口比重や政令指定都市の関係上札幌を別にされることがある
(札幌市)(1):札幌市のみ
(札幌圏)(7):札幌市以外
または3つに分けられる
(北部)(3):石狩市、当別町、新篠津村
(中部)(2):札幌市、江別市
(南部)(3):千歳市、恵庭市、北広島市
●渡島・檜山
(南渡島):森町以南の渡島管内
(南檜山):乙部町以南
(北渡島檜山):八雲町以北の両支庁管内、奥尻町
※北渡島及び檜山、南渡島の2つに分けることもあるほか以下のようにもなる
(檜山北部)(2.5):せたな町、今金町、八雲町熊石
(檜山奥尻島)(1):奥尻町
(檜山南部)(4):江差町、乙部町、厚沢部町、上ノ国町
(渡島北部)(1.5):長万部町、八雲町八雲
(渡島東部)(5):函館市、北斗市、森町、鹿部町、七飯町
(渡島西部)(4):松前町、福島町、知内町、木古内町
●後志
(北部)(6):小樽市、赤井川村、余市町、仁木町、古平町、積丹町
(西部)(8):岩内町、寿都町、蘭越町、黒松内町、共和町、泊村、神恵内村、島牧村
(羊蹄山麓)(6):倶知安町、ニセコ町、京極町、喜茂別町、留寿都村、真狩村
●胆振
(西胆振)(6):室蘭市を中心に登別市以西
(東胆振)(5):苫小牧市を中心に白老町以東
または3つに分けられる
(西部)(4):伊達市を中心に洞爺湖町、壮瞥町、豊浦町
(中部)(4):室蘭市、苫小牧市、登別市、白老町
(東部)(3):安平町、むかわ町、厚真町
●日高
(西部)(2):日高町、平取町
(中部)(2):新ひだか町、新冠町
(東部)(3):浦河町、様似町、えりも町
●空知
(南空知)(9):岩見沢市を中心に美唄市・月形町以南
(中空知)(10):滝川市を中心に芦別市・雨竜町以南、奈井江町・浦臼町以北
(北空知)(6):深川市を中心に北竜町以北
●上川
(北部)(8):士別市・名寄市を中心に塩狩峠(和寒町)以北
(中部)(9):旭川市を中心に塩狩峠(比布町鷹栖町)以南、美瑛町以北
(南部または富良野)(5):富良野市を中心に上富良野町以南
●留萌
(北部)(3):天塩町を中心に遠別町、幌延町
(中部)(3):羽幌町を中心に初山別村、苫前町
(南部)(3):留萌市を中心に増毛町、小平町
●宗谷
(北部)(3):稚内市を中心に豊富町・猿払村
(南部)(3):枝幸町を中心に浜頓別町・中頓別町
(利尻礼文)(3):利尻島と礼文島
●網走
南北に2分することが多い※佐呂間町は北網に入ることもある
(遠紋)(9):紋別市と遠軽町を中心として網走北部(遠軽町佐呂間町以北)
 (北部または西紋):紋別市を中心に紋別市滝上町以北
 (南部または東紋):遠軽町を中心に湧別町
(北網)(10):北見市と網走市を中心として網走東部(北見市以東)
 (北見):北見市を中心に訓子府町、置戸町
 (網走西部):網走市を中心に大空町、北見市常呂町、佐呂間町
 (網走南部):美幌町、津別町
 (網走東部):斜里町、清里町、小清水町
●十勝
(北部)(5):足寄町、陸別町、上士幌町、鹿追町、新得町
(中部)(10):帯広市、士幌町、音更町、本別町、池田町、浦幌町、豊頃町、 清水町、芽室町、幕別町
(南部)(4):中札内村、更別村、大樹町、広尾町
●釧路
(南西部)(2.5):釧路市、釧路町、白糠町
(中部)(2.5):釧路市阿寒、鶴居村、標茶町
(北部)(1):弟子屈町
(南東部)(2):厚岸町、浜中町
●根室
(南部)(1):根室市
(中部)(1):別海町
(北部)(3):中標津町、標津町、羅臼町

その他の地域区分

テレビ放送エリア
・札幌:石狩・後志・空知(南空知・中空知)
・室蘭:胆振・日高
・函館:渡島・檜山
・旭川:上川・留萌・宗谷・空知(北空知)
・帯広:十勝
・釧路:釧路・根室
・網走:網走

気象予報区分
・札幌管区気象台
 ・石狩(札幌)(3):北部・中部・南部
 ・空知(岩見沢)(3):北空知・中空知・南空知
 ・後志(倶知安)(3):北部・西部・羊蹄山麓
・函館海洋気象台
 ・渡島(函館)(3):北部・東部・西部
 ・檜山(江差)(3):北部・南部・奥尻島
・稚内地方気象台
 ・宗谷(稚内)(3):北部・南部・利尻礼文
・旭川地方気象台
 ・上川(旭川)(3):北部・中部・南部
 ・留萌(留萌)(3):北部・中部・南部
・網走地方気象台
 ・網走(網走)(3):東部・西部・南部
 ・北見(北見)(1)
 ・紋別(紋別)(2):北部・南部
・釧路地方気象台
 ・釧路(釧路)(4):北部・中部・南東部・南西部
 ・根室(根室)(4):北部・中部・南部・北方領土
 ・十勝(帯広)(3):北部・中部・南部
・室蘭地方気象台
 ・胆振(室蘭)(3):西部・中部・東部
 ・日高(浦河)(3):西部・中部・東部

北海道開発局開発建設部
札幌(石狩川専門が別にある、石狩・空知)、函館(渡島檜山)、旭川、 小樽、室蘭(胆振・日高)、釧路(釧路・根室)、帯広、網走、留萌、稚内

第二次保健医療福祉圏(21)
南渡島、南檜山、北渡島檜山、札幌、後志、南空知、中空知、北空知、 西胆振、東胆振、日高、上川中部、上川北部、富良野、留萌、宗谷、 北網、遠紋、十勝、釧路、根室

消防本部再編(21)
宗谷、留萌、上川北部、上川中部、富良野、遠紋、北網、根室、釧路、 十勝、日高、北空知、中空知、南空知、札幌圏、札幌市、東胆振、西胆振、 後志、北渡島・檜山、南渡島

北海道警察方面本部(5)
・「札幌方面本部」:石狩・胆振・日高・後志(寿都郡・島牧郡除く)・空知(南空知・中空知)
・「函館方面本部」:渡島・檜山・後志(寿都郡・島牧郡)
・「旭川方面本部」:上川・留萌・宗谷・空知(北空知)
・「釧路方面本部」:十勝・釧路・根室
・「北見方面本部」:網走

地方検察庁(4)
・「札幌地方検察庁」:石狩・空知(南空知・中空知)・胆振・日高・後志(北部・中部)
・「函館地方検察庁」:渡島・檜山・後志(西部)
・「旭川地方検察庁」:上川・空知(北空知)・留萌・宗谷・網走(遠紋)
・「釧路地方検察庁」:十勝・釧路・根室・網走(北網)

地方・家庭裁判所(4)
・「札幌地方裁判所」:石狩・空知・胆振・日高・後志(寿都郡・島牧郡除く)
・「函館地方裁判所」:渡島・檜山・後志(寿都郡・島牧郡)
・「旭川地方裁判所」:上川・留萌・宗谷・空知(北空知)・網走(遠紋北部)
・「釧路地方裁判所」:十勝・釧路・根室・網走(遠紋南部・北網)

衆議院小選挙区(12)
・第1区:札幌市(中央・南・西区)
・第2区:札幌市(北・東区)
・第3区:札幌市(白石・豊平・清田区)
・第4区:札幌市(手稲区)、後志支庁
・第5区:札幌市(厚別区)、石狩支庁
・第6区:上川支庁
・第7区:釧路・根室支庁
・第8区:渡島・檜山支庁
・第9区:胆振・日高支庁
・第10区:空知・留萌支庁
・第11区:十勝支庁
・第12区:宗谷・網走支庁


 いくつか例を見てきましたが、胆振と日高はつながりがある、十勝は絶 対的に他に分割されない単独のエリア、釧路と根室は一緒になることが多 い、渡島と檜山は必然的に道南になるなど、おもしろいことがわかります。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。