学ぶ

北見という地名はどこから始まった?

北見という地名はどこから始まった?

オホーツク最大の都市「北見市」。この市名の裏には、壮大な物語が隠されていました。そもそも「北見」という名称の発祥が、現在の北見市のある地域ではないのです。その北見の名前の由来はこんなところにありましたとさ。

北見国の誕生

 北見という名前はアイヌ語由来ではなく、和人がつけた名です。松浦武四郎が命名したのですが、オホーツク海岸を「北海岸」と呼んでいたことから「北」、稚内の海岸からは快晴の日に樺太が見えることから「見」、一字ずつ取って「北見」としたとされています。

 当時は宗谷という広域行政区域はなく、現在の豊富町を除いて、利尻、礼文、稚内~北見枝幸~紋別~常呂~網走~斜里までの海岸線沿い一帯がすべて北見国に属していました。一方、北見という町は当時は存在しませんでした。ただの広域行政区域の名称だけでした。

網走に北見誕生

 北見という町ができたのは、1881年のこと。現在の網走市中心部付近を「北見町」と名付けました。ここは開拓使網走外三郡役所所在地となっていました。現在の北見市の場所とは異なります。

 その後、北見町は網走町の一部となります。しかし1926年に大字が廃止されると、網走町北見としての北見は消滅しました。というわけで、廃止されたとはいえ、北見という地名は網走市にとって専売特許のようなもの。

突然盆地に北見誕生

 北見という地名がなくなった網走。1882年に3県が発足し、現在の宗谷・網走のような区域に変更され、さらに1897年に支庁が発足したため、1926年以降は北見という行政区が存在しない状態でした。しかし、再び北見という地名が突如あらわれたのは北見盆地の中央でのことでした。

 常呂郡にあった野付牛村は鉄道の要所であり、大きな町として成長していました。野付牛は拡大を続け、1916年に町制施行し野付牛町、1942年には市制施行し、その間に、置戸、留辺蘂、端野などを分村していきました。

 急速に発展してきた上での市制施行に伴い、野付牛町は旧北見国の名前をとって「北見市」へと改称されました。改称する話は以前からあったようですが、旧北見国では初となる市制施行であることと、市制施行にあたり「のつけうしし」と言いづらくなることも理由の一つにあったものと思われます。

 しかし、アイヌ語由来の歴史ある名称を改称してしまうことに反対の声があがったり、"町名本家"網走の住民から反対があったりと、簡単ではなかったようです。とはいえ、この市制施行により北見という地名が復活したといえるでしょう。

そして現在……

 宗谷・網走を含んでいた時代の旧北見国。名前の由来も宗谷に関係するところがありましたが、その名称は引き継がれ、野付牛の位置に地名として残ることになりました。

 広域行政として支庁がありますが、現在は北見支庁なるものは存在せず、網走支庁(現:オホーツク総合振興局)となっています。しかし、旧国名の時代につけられた北見山地など、北見市から近くはない場所にも「北見」という地名を見つけることができます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。