学ぶ

アイヌ語地名「太」が多い北海道

 北海道にアイヌ語由来の地名が多いのは周知の事実ですが、ここではその中でも「太」に着目してみます。道内には「○○太」という地名をよく見かけます。この地名のある地域の特徴を調べてみるとおもしろいことがわかります。

 「太」は「ブト」と読むことが多いのですが、アイヌ語の「put(プトゥ)」つまり「河口」を指します。道内には有名な「太」があって、そのいずれも河口近くを指す地名なのです。だから、「○○太」という地名を聞いたら、その名前の河川の河口または合流口を想像できます。

 代表的なものは住所の一部となっているもので、「空知太」。空知川という富良野方面から滝川砂川付近まで流れる河川で、滝川砂川付近で石狩川と合流します。砂川市には空知太という地名が存在します。かつて空知太駅逓や空知太駅がありました。「条」の地名があります。

 「江別太」は江別市の地名。屯田兵が入植しました。現在は江別太小学校があるため、地元ではメジャーな地名となっています。いまは江別川とは呼びませんが、現在の千歳川の石狩川との合流地点となっています。

 「当別太」は当別町当別川の石狩川との合流地点にある地名。「漁太」(いざりぶと)は恵庭市漁川の千歳川と合流するところにあります。「夕張太」は夕張市にあるのではなく、また、夕張川の石狩川との合流地点にあるのでもないので不思議に思いますが、実は旧夕張川の合流地点が正解です。それは北広島に近い空知管内南幌町にあります。

 「芽室太」は十勝管内芽室町の芽室川が十勝川に合流するところにあります。その十勝川の河口付近(十勝管内浦幌町)にある浦幌十勝川河口は「十勝太」となっています。この川はもともと十勝川本流でした。

 道内にはほかにも「太」がありまして。三笠市街地は「幌内太」でした。幌内鉄道時代、幌内太駅が設置されていました。日高管内日高町富川は「沙流太」でした。駅名としても使われていた時代がありました。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。