同じ語源に由来するのに、自治体名称が違う街が隣">
 同じ語源に由来するのに、自治体名称が違う街が隣">同じ語源に由来する街をご存知?砂川・歌志内 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

同じ語源に由来する街をご存知?砂川・歌志内


 同じ語源に由来するのに、自治体名称が違う街が隣り合っているところがあります。それは中空知地域です。どういうことでしょうか。(写真は砂川市のパンケ歌志内川水門)

 中空知にある砂川市。砂川市の東側に隣接する山間の街・歌志内市。そして、砂川市から分離した上砂川町。これらの街の名称は、どれも同じ言葉に由来しています。

 それはいずれも、アイヌ語の「オタ・ウシ・ナイ」つまり、「砂浜・についている・川」という意味の言葉からとられています。しかし、現在の自治体名称は異なります。

 まず、歌志内市。アイヌ語の「オタ・ウシ・ナイ」をそのまま読ませた地名です。音訳というわけです。

 一方、砂川市は、同じ言葉ですが、意訳した言葉「砂浜・についている・川」を地名にしています。こうしたわけで、同じ語源でありながら、地名が異なるのです。

 砂川市にはパンケ歌志内川、ペンケ歌志内川、歌志内市には中心部の沢をペンケ歌志内川が流れています。この河川名称が流域の地名になっていったということになります。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。