学ぶ

大森駅(おおもり):ふるさと銀河線

編集部
Written by 編集部

大森駅(おおもり):ふるさと銀河線 住所十勝管内中川郡池田町字大森354
開駅1989年(平成元年)6月4日
由来所在地名が大森だったことから。
キロ起点の池田駅から累計16.5km
← 高島駅5.0km
<大森駅>
勇足駅4.3km →
大森駅(おおもり):ふるさと銀河線 詳細
 1989年(平成元年)に開駅となっているが、実際は1948年には列車が停車し始め、1968年10月1日に仮乗降場として開業している。つまり、国鉄時代は仮乗降場、JR北海道へ移行した1987年4月1日からは はれて駅となったが、正式にはふるさと銀河線となってから駅という扱いになった。しかも初期の仮乗降場時代は、現在の大森駅の位置よりも1kmほど勇足駅側だったという。1981年に現在の位置に移転した。

 駅の周りは、西側に田園風景、東側は林と山、高速道路という風景である。駅舎や待合室はなく、当然無人駅である。国道242号線が目の前にあり、国道から駅のホームまでの短い区間の両脇には、ご丁寧にも花が植えられている。寂しい駅でも、花がきれいに並んでいるだけでも何かイメージが違う。


2006年3月18日現在の時刻表※池田駅の上り・北見駅の下りは着時刻
上り下り
6:32 足寄→帯広
7:46 陸別→帯広
8:28 置戸→池田
9:57 北見→池田
通過 北見→帯広(快速)
14:44 陸別→池田
17:16 北見→池田
19:27 北見→池田
通過 池田→足寄
7:15 池田→北見
通過 池田→北見
12:21 池田→陸別
通過 帯広→北見(快速)
16:43 池田→北見
18:19 帯広→北見
20:59 池田→陸別
※上り7本、下り5本、うち快速0往復

駅構内線路図(略図)
大森駅(おおもり):ふるさと銀河線

大森駅(おおもり):ふるさと銀河線


大森駅(おおもり):ふるさと銀河線
大森駅(おおもり):ふるさと銀河線

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。