味わう

北海道だけで根強い人気を誇る「ガラナ飲料」って何?

北海道だけで根強い人気を誇る「ガラナ飲料」って何?

全国の皆さんは「ガラナ」という飲み物をご存知でしょうか。北海道民であれば一度は聞いたことがあるドリンクでしょう。そして、一度は飲んだことがあるという道民が多いことと思います。しかし全国的に見るとガラナが広く浸透しているわけではなく、北海道だけで普及しており、根強い人気を得ています。

そこで、ガラナをご存じない方のために、ガラナって何?という基礎情報から、なぜ北海道限定で広まったのかという歴史的背景、ガラナにはどんな種類があるのか、このガラナ特集では深堀りしていきます。

そもそも「ガラナ」とは植物の名前!

「ガラナ」とは本来、植物の名前です。ムクロジ科ガラナ属のガラナという植物は、ブラジル・アマゾン川流域が原産地。現地のポルトガル語では「guarana(グァラナ)」と呼びます。これは、現地先住民族グァラニー族が祭りでこのガラナを飲んだことにちなむのだそう。ガラナは丸みを帯びた赤い実をつけるツル性植物で、熱帯地方の植物ですので、北海道で栽培するような植物ではありません。

現地先住民族は、不老不死の薬として、また滋養強壮によい飲み物として愛用していましたが、アンタルチカ社(現:インベブ社)が1921年に、商品としてガラナ飲料の生産を開始しました。これをきっかけにブラジル国内では広く浸透し、ブラジルではコーラと並ぶポジションを維持し続けています。

ガラナ飲料とはいったいどんなドリンクなの?

ガラナ飲料とはいったいどんなドリンクなのでしょうか。飲んだことのない方にはあまりわからないかもしれません。そこで、ガラナ飲料の見た目や味わいについて簡単にご紹介しましょう。

ガラナ飲料の見た目はコーラそっくりです。薄い茶色や黒っぽい褐色をしており、シャンパンのような炭酸飲料です。コーラに比べると独特の甘みと少し薬臭さがあるのが特徴。ドクターペッパーに似たような味と表現する人もおり、その強さは製造会社によって異なります。

製法としては、ガラナの実から抽出したガラナエキス(天然エピカテキン)をもとに、天然水、糖分、カラメル、炭酸、酸味料、香料などを加えて作ります。種子にはカフェインやタンニンを多く含み、カフェインに至っては4.3%の含有量で、コーヒーの3倍とも言われています。カテキン、カリウムをはじめ、15種類のアミノ酸が含まれるガラナ。血液の流れをよくして酸素を身体中に運ぶため疲労回復、肥満予防、動脈硬化にも効果があるとされています。ですからガラナ飲料は、健康にも良いドリンクと言えるのです。

北海道だけで根強い人気を誇る「ガラナ飲料」って何?

道内ではコンビニ・スーパーで普通に売っている!

道内で販売されるガラナ飲料は現在、小原(七飯町)、丸善市町(苫小牧市)、セイコーマート、キリンビバレッジ、ウエシマコーヒー、ポッカサッポロなどが製造や販売をしています。コアップガラナに関しては、小原が全国の9割と圧倒的シェアを誇り、同社の製造分のほとんどは道内で販売しています。パッケージも様々で、缶、ペットボトルが最も多く、コアップガラナは瓶タイプもあります。

北海道ではスーパーやコンビニエンスストアには必ずおいてあり、道民の身近な飲み物として人気を得ています。そのほか観光地の土産店では、動物の図柄をデザインするなど観光客に受け入れられやすいパッケージで販売をしています。メーカーによっては街の自動販売機にも置いてあることがあります。

北海道出身者にとってガラナ飲料は懐かしさを感じるもの。北海道では当たり前にあるドリンクで、中には全国で販売されていると思っている道民もいますが、北海道以外では入手が困難なため、北海道を離れて初めてそのガラナの魅力に気付く人もいます。コーラよりはマイナー感は否めないものの、コーラよりも自然に近く健康志向のソウルドリンクとして親しまれています。


では、なぜ北海道だけでガラナが広まり、北海道限定のロングセラー商品になったのでしょうか。次の記事ではその点を取り上げます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。