"> ">隠し味はイカ塩辛!新グルメ「函館がごめ塩焼きそば」 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

隠し味はイカ塩辛!新グルメ「函館がごめ塩焼きそば」

佐々木康弘
Written by 佐々木康弘

【函館市】 最近は北海道に限らず全国各地でご当地焼きそばが次々に開発されているようですが、このほど函館にもご当地焼きそばが誕生しました!その名も「函館がごめ塩焼きそば」。強力な粘り成分が体に良いとたびたびテレビなどにも取り上げられている「がごめ昆布」を使っているのが最大の特徴です。考案したのは、「函館塩ラーメン専門店 えん楽」。

がごめ昆布は、世界でも函館近辺の海にしか生息していないとされる貴重な海藻。粘りが強すぎてダシ用には向いておらず、かつては邪魔者として捨てられていたこともあったとか。しかしながら近年は産学官の連携により効用や活用方法についての研究・開発が進み、がごめ昆布を利用した様々な製品や料理が生み出されています。この「函館がごめ塩焼きそば」もそのひとつ。「がごめ博士」として知られる北海道大学水産科学研究院の安井肇教授や、渡島総合振興局、函館市などの協力を得て開発されたという期待の星なのです。

隠し味はイカ塩辛!新グルメ「函館がごめ塩焼きそば」 函館の老舗昆布店が扱う函館産の刻みがごめ昆布を水で戻して味付けし、炒めた麺の上にトッピング。軽く麺と混ぜ合わせると適度な粘りが生まれ、柔らかい麺とコリコリした食感のがごめ昆布とのコラボレーションが楽しめます。隠し味にはなんと、イカの塩辛を使用。数多い函館の塩辛メーカーの製品の中から、生臭くならずに全体の味のバランスを整えてくれるものを選んで使っているとのこと。

隠し味はイカ塩辛!新グルメ「函館がごめ塩焼きそば」 焼きそばに塩辛?まずそう……と思うかもしれませんが、実際には塩辛自体の味はほとんどしません。「たぶん塩辛が入っているってわかんないと思います。でも、入っているのとそうでないのとではコクが全然違うんですよ」と「えん楽」の吉川寿樹オーナー。「がごめ昆布とイカ塩辛という函館の2大特産物を使った新たなご当地グルメとして確立させたいですね」とも。

「全国の催事にも積極的に出店して、ご当地グルメとしてアピールしていきたいと考えています。いつかはこれでB-1グランプリに出場するのが夢ですね」。店に訪れる観光客の反応も上々だとか。

隠し味はイカ塩辛!新グルメ「函館がごめ塩焼きそば」 「函館がごめ塩焼きそば」は、レギュラーと海鮮盛りスペシャル(エビ、ホタテ、サケ入り)の2種類。麺の量が1.5倍になる大盛りもあります。函館産の素材にこだわった新ご当地グルメ、おひとついかがですか?

函館塩ラーメン専門店 えん楽
 住所:函館市末広町24-6函館西波止場1階
 TEL:0138-24-8320
 営業時間:11:00~18:00(7~9月は~19:00、2月は~17:00)
 定休日:原則無休

筆者について

佐々木康弘

佐々木康弘

札幌市北区新琴似出身。30歳で函館に移住してからふとしたきっかけでライターの道へ進み、旅行情報誌やネット媒体などを中心に年間70万字以上を執筆。道南地域で毎年100本以上のイベントに足を運ぶイベントウオッチャーとしても活動。【Sクラス認定ライター】