旅する

花畑牧場と田中義剛

編集部
Written by 編集部

花畑牧場と田中義剛

 株式会社花畑牧場。それは北海道十勝・中札内村の平原の真ん中に開設されている牧場です。1992年5月7日に会社が設立され、1995年に牧場がオープンしました。代表取締役社長で経営者はタレントの田中義剛氏。社長自身は、タレント業務と農業経営を兼務するという「半農半芸」というシステムを採用。


大きな地図で見る

花畑牧場開設への紆余曲折

 なぜタレントがこの北海道に、しかも十勝、中札内村に牧場を構えることになったのでしょうか。そもそも田中社長は青森県出身です。しかし、大学は江別市の酪農学園大学を卒業しました。そう、牧場を持つことが夢だったのです。それも、農協などの流通システムを排除した自作・自前販売をモットーにしています。

 1994年ごろに所属事務所の借金や銀行融資で23ヘクタールの農地を購入、花畑牧場を開設しました。中札内村を選んだのは、空港の近さ。とかち帯広空港が近くに立地しており、本州との行き来も良好である、というわけです。名前の由来は当初は花と牧場を結び付けたかったから。

 開設当初はジャージー種の牛一頭だけだったという花畑牧場。従業員30人で、生産していたのはチーズでしたが、多くは返品されました。赤字も膨らみ、開設当初からの借金や融資合計は約四億円、社員も社長含め2人になり、一時は自己破産寸前まで追い込まれたこともあるんだとか。

大ヒット商品開発、生キャラメル誕生

花畑牧場と田中義剛

 しかし、その後ヒット商品を生み出していくことになりました。まずは「トムチーズ」がラーメンのトッピングに使われてヒット、ひょうたん型のチーズ「カチョカヴァロ」がヒット、そして極めつけは2007年4月に発売した「生キャラメル」でした。

 この生キャラメルは大ヒットどころか、全国に生キャラメルブームを巻き起こしました。手造りながら1日4万箱を製造しており、現在(2008年ごろ)では社員150名、従業員1500人、年商120億円(2007年で約20億円でした)にまで急成長しました。

 これに伴い、花畑牧場も観光地として大ブレイクしました。2008年度上半期で前年同期の15倍の訪問者があったとしています。付近は田園地帯ですが、駐車場までの道路は大渋滞、さらに花畑牧場効果として、近くの「道の駅なかさつない」は2008年度訪問者が前年比12.4%を突破し、幸福駅も訪問者が26.1%増加しています。

 敷地内には、観光地として「花畑牧場ショップ」「花畑牧場カフェ」「生キャラメル工房」「チーズ工房」「ホエー豚亭」「ファームランド」の各施設があります。また、東京ドーム5個分という23ヘクタールの広大な敷地には、「田中義剛邸」「ビニールハウス養豚場」「チーズ熟成庫」があり、関係者以外立ち入り禁止です。

 中札内本社だけでなく、道内各地や首都圏にショップをオープンさせ、財政再建団体夕張市応援の意味を兼ねて夕張市にも工場と直営ショップをオープンさせました。

花畑牧場と田中義剛


花畑牧場の主な歴史
1992年5月7日 株式会社花畑牧場設立
1995年 花畑牧場オープン
2007年3月 生キャラメル製造開始
2007年4月 生キャラメル販売開始
2007年6月 石屋製菓白い恋人不正発覚による撤去空きスペースにて、新千歳空港BlueSkyで生キャラメル販売スタート
2008年6月 楽天市場でインターネット販売開始
2008年7月1日 札幌市の株式会社見方の工場でも生産開始
2008年8月1日 ホエー豚亭オープン
2008年9月20日 花畑牧場カフェ新千歳空港店オープン
2008年10月24日 花畑牧場生キャラメルと偽った商品「花ばたけぼくじょうの生キャラメ」からメラミン検出事件
2008年11月 Yahooショッピングでインターネット販売開始
2009年1月24日 オフィシャルサイトでインターネット販売開始、生キャラメル〜New Type〜発売
2009年1月31日 札幌・大通店オープン
2009年2月1日 札幌・アピア店オープン
2009年2月5日 東京・青山に「ホエー豚亭」オープン
2009年3月2日 バナナ味の生キャラメル発売
2009年4月8日 東京・南青山に花畑牧場カフェオープン
2009年4月18日 函館店オープン
2009年4月20日 夕張市・石炭の歴史村に工場オープン
2009年4月24日 花畑牧場カフェ大通店オープン
2009年4月25日 宮崎マンゴー味発売
2009年4月28日 小樽店、夕張市直営ショップがオープンし夕張メロン味発売
2009年6月3日 道が生キャラメル第1工房、第2工房、レストラン「ホエー豚亭」の建築基準法違反是正指導
2009年6月4日 東京・銀座・渋谷・原宿の竹下通り同時3店舗オープン

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。