学ぶ

北海道遺産上ノ国三館とは?

編集部
Written by 編集部

北海道遺産上ノ国三館とは?
勝山館のあった上ノ国町夷王山

 道南・檜山管内、江差町の南に「上ノ国町」があります。これに対する 地名として「下ノ国」もあるわけですが、松前から見て、松前半島の西が 上ノ国、東が下ノ国でした。現在も町名として残っているのは上ノ国町だ けで、下ノ国は現在の津軽海峡沿岸北斗市上磯付近のことを言いました。

 そんな上ノ国は、松前・江差同様北海道の歴史が詰まっている場所でも あります。上ノ国には3つの館(たて)が存在していました。国指定史跡も あり、2004年には北海道遺産に「上ノ国の中世の館」として登録された歴 史的に重要な遺跡です。

上ノ国三館とは?

 1.花沢館(はなざわたて)
 2.洲崎館(すざきたて)
 3.勝山館(かつやまたて)

 1~3は時代順ですが、いずれもほぼ同時期で15世紀の館でした。そして 3つとも一人の歴史上の人物が関係しています。その人とは「武田信広」。 1つ目の「花沢館」では、武田信広は補佐でした(守護は蛎崎季繁かきざき すえしげ)。

 しかし危機的状況が発生。1457年にアイヌのコシャマインが館を次々と 襲って攻め落としていったのです。道南にあった12ほどとされる館は陥落 していったものの、最後に残った2つのうち一つ、それが花沢館でした。

 そこで武田信広はコシャマインを討って反乱を抑えました。この功績に より、彼は先に書いた蛎崎家の婿になり新居として、2番目にある「洲崎 館」を築きました。

 以上の2つは、現在の上ノ国町市街地にあり、市街地の中心を流れる天ノ 川をはさんで向かい合うように建っていたようです。

勝山館は?

 この勝山館は、後の「松前藩」の基礎を築くものであり、重要でした。 武田信広は徐々に権力を握り、特に、北海道西海岸の交易権を手に入れた ことで、新しく拠点として「勝山館」を築きます。山の中腹に建てられ、 三段構えの山城だったようです。

 ここで勢力拡大し、武田信広はここで亡くなります。また、後継ぎであ る蛎崎光広は、拠点を松前に移し、松前藩がスタートしました。勝山館は 16世紀まで130年もの間、交易ルートの拠点として活躍しました。

 一時は、箱館・松前・上ノ国と重要通商拠点であったものの、上ノ国の すぐ北に位置する江差に行政拠点が置かれ、上ノ国は衰退していきました。 でも、かつて中世(室町時代)に、北海道のその後に大きな影響を与えたの は確かです。

北海道遺産上ノ国三館とは?

 現在、勝山館跡は上ノ国町随一の観光名所です。その横には「夷王山」 (いおうざん)があって、頂上には夷王山神社があります。そこから見る景 色は格別です。江差・上ノ国を眼下に見ることができます。たまには歴史 を感じる旅もいいものです。


●今回の話題のまとめ
 上ノ国にはかつて三館が存在した
 「花沢館」コシャマインの戦いで陥落しなかった館の一つ
 「洲崎館」反乱を鎮圧した武田信広の新居
 「勝山館」交易ルートの拠点で勢力拡大・松前藩誕生の基礎

●北海道の歴史で見ると……
 (初期)縄文時代・擦文文化・アイヌ文化
 (鎌倉)流刑地時代・以降和人が道南に渡り和人社会形成
 (室町)コシャマインの戦い ←<ココ!>
 (江戸)松前藩誕生
 (江戸)シャクシャインの戦い
 (江戸)クナシリメナシの戦い
 (江戸)箱館開港(ペリー)・箱館戦争
 (明治)廃藩置県・開拓使設置・屯田兵
 (明治)3県時代・北海道庁設置
 (昭和)太平洋戦争

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。