学ぶ

松浦武四郎は北海道の名付け親

編集部
Written by 編集部

松浦武四郎は北海道の名付け親

 かつて「蝦夷地(えぞち)」と呼ばれていた現在の北海道ですが、明治2年8月に 「北海道」という地名に変わったときの名付け親は「松浦武四郎」というのはよく知 られていること。
 じゃ、この人、北海道人?なんで北海道の歴史に深くかかわっている?

松浦武四郎のはじまり

 松浦武四郎が生まれたのは三重県松阪市。そう、北海道の人ではありませんでした。 しかし、28歳以降、当時蝦夷地と呼ばれていた島に6回もわたって旅、そして調査を 続けました。こうした北海道探検があって、北海道との関係が密接になったわけです。 (実は彼、16歳からすでに旅を好み全国各地を旅しています。恐るべし……)

 大きな転機となり、蝦夷地へわたることに決めた要因は、欧米列強国のアジア 進出と植民地化にありました。蝦夷地付近にはロシアから船がやってきていたため、 日本の危機感を感じていたようです。

蝦夷地探検スタート……

 最初の探検では知床岬まで行きました。2度目の旅では、今度は先住のアイヌの 人たちとの交流を深め、アイヌの言葉をならいました。3回目には蝦夷地を領土として いた松前藩が行っていたアイヌの人たちへの残酷な扱いを知ることになります。

 残りの蝦夷地探検の旅は、探検家としてだけではなく箱館奉行所(現在の函館市) の役人としてわたっています。その役人としての4年の間に3回の旅を行っています。 そしてそのころ整備した主要道路も現在の北海道の幹線道路に大きな影響を与え ています。

アイヌの人たちのことを考えていた武四郎!

 江戸幕府が終わり、明治維新が起こった頃、松浦武四郎は、「北海道通(つう)」 としての名声を得ていました。そしてここで、武四郎が北海道にもっとも大きな影響を 与えた、北海道の地名提案が行われました。このとき、武四郎は開拓使の開拓判官 という役職についていました。

 松浦武四郎が目指したのは、もちろん幾つかの旅で交流を深めたアイヌの人たち との共存でした。それで、地名にはもちろんアイヌの言葉を中心に各地を命名していき ました。現在の支庁名、郡、市町村名のほとんどがアイヌ語を語源としていますし、 行政区画も松浦武四郎の原案がほとんどそのまま現代まで続いています。

そして「北海道」がうまれた!

 そして「北海道」という名前も付けました。松浦武四郎は「北加伊道」と呼び、 「加伊」(カイ)、つまりアイヌの人たちが自分たちの土地を呼んだ名前を含み、 アイヌへの敬愛の気持ちを忘れませんでした。また、それは東海道、南海道などの 「五畿七道」にも対応しています。最終的に「加伊」を「海」として現在の北海道 という名前が誕生しています。

 松浦武四郎は「手塩日誌」を書いていますが、その中でさらに詳しく「北海道」命名 について教えています。音威子府村には現在「北海道命名の地」の碑が立てられて いますが、ここに住んでいた長老アエトモから「カイナー」が「男」、「カイ」が 「この国に生まれた者」という意味であることを聞き、「北加伊道」という名前を 思い立ったといいます。


※北加伊道、海北道、海島道、東北道、日高見道、千島道。この6候補を最初 提出しました。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。