学ぶ

屯田兵と屯田兵村

編集部
Written by 編集部

屯田兵と屯田兵村

 屯田兵。北海道の開拓の歴史を語るのに欠かせない屯田兵であります。 「屯田兵村と兵屋」として、北海道遺産となっています。屯田兵とはなん だったのか、どういうところで活躍したのか、今回はそんな疑問に答えま す。

屯田兵とは?

 屯田兵制度は北海道独特の制度です。時代は明治時代。北海道は当時道 南以外未開拓の地であり、なおかつ、ロシアが南下政策で北海道へやって くる危険ととなりあわせであったことから、西郷隆盛が屯田兵の必要性を 強く主張し、開拓使の黒田清隆次官が太政官に申し入れることで、1874年 に「屯田兵例則(後に屯田兵条例)」が制定され、屯田兵制度がスタートし ました。

 目的は?それは主に2つあげられます。ひとつは「開拓」、そしてもう ひとつは「北方警備」。屯田兵となれたのは全国の士族(失業士族中心)だ けでした。合格者は、屯田兵の家である兵屋と土地、移動費、家具や農具、 制服、最初の3年間は扶助米などが与えられ、家族を連れて入植しました。

 そうした兵がたいてい200戸以上 集団で入地し、集落を形成しました。 これが屯田兵村。戸数はばらばらで、たとえば江別には10戸、山鼻には240 戸でした。

 屯田兵は軍隊でもあります。そのため西南戦争に参加したり(このとき屯 田予備兵というのも存在した)、日清戦争や日露戦争にも関与しています。 開拓には、農業、道路建設、治水工事が含まれていました。また、兵の日々 の生活の規則は規律正しく厳しかったようです。

屯田兵が入地した37屯田兵村とは?

 屯田兵が実際に入植し始めたのは1875年からです。記念すべき屯田兵第 1号は琴似。以降、発寒(はっさむ)、山鼻、江別、篠路、篠津、野幌(のっ ぽろ)といった、札幌や江別に集中して入地させました。最初の琴似入地 から10年後、今度は根室や室蘭など、道内各地に屯田兵村が形成されてい きました。

 最終的に道内37箇所に入地しました。琴似から始まり、士別及び南北剣淵で終わりま した。これらの町では、屯田兵の区画を受け継いで、基本的に市街地が碁 盤の目に区画整理されています(中には厚岸や根室和田のように、十分成 長しなかった町もありますが……)。他にも帯広市など碁盤の目の町はあり ますが、それは民間の開拓移民の手によって開拓されたもので、屯田兵は 関係ありません。

屯田兵と屯田兵村

●札幌市(1875~1889に入地):
[1]琴似(1875-)と、発寒(1876-)
[2]山鼻(1876-)
[6]新琴似(1887-)
[9]篠路(1889-)
●江別市(1878~1885に入地):
[3]江別(1878-)と、篠津(1881-)
[4]野幌(1885-)
●美唄市(1891に入地):
[16]美唄(1891-)
[17]高志内(1891-)
[18]茶志内(1891-)
●滝川市(1889~1894に入地):
[10]南滝川(1889-)
[13]北滝川(1890-)
[23]南江部乙(1894-)
[24]北江部乙(1894-)
●深川市(1895に入地):
[27]北一已(いちやん)(1895-)
[28]南一已(1895-)
[29]納内(おさむない)(1895-)
●旭川市(1891~1892に入地):
[14]西永山(1891-)
[15]東永山(1891-)
[19]下東旭川(1892-)
[20]上東旭川(1892-)
●北見市(1897に入地):
[30]下野付牛(端野)(1897-)
[31]中野付牛(1897-)
[32]上野付牛(相内)(1897-)
●根室市(1886~1888に入地):
[5]東和田(1886-)
[8]西和田(1888-)
●室蘭市(1887に入地):
[7]輪西(1887-)
●士別市(1899に入地):
[37]士別(1899-)
●空知管内秩父別町(1895に入地):
[25]西秩父(1895-)
[26]東秩父(1895-)
●上川管内当麻町(1893に入地):
[21]西当麻(1893-)
[22]東当麻(1893-)
●上川管内剣淵町(1899に入地):
[35]南剣淵(1899-)
[36]北剣淵(1899-)
●網走管内湧別町(1897に入地):
[33]南紋別(南湧別)(1897-)
[34]北紋別(北湧別)(1897-)
●釧路管内厚岸町(1890に入地):
[11]南太田(1890-)
[12]北太田(1890-)
●合計:37兵村(13士族屯田・24平民屯田)、7337戸、39901人

※札幌から空知を経て旭川にかけて、北は士別まで、道東は北見や厚岸・ 根室が中心で、そして一箇所だけポツンと室蘭にも屯田兵が置かれた。
※士族中心の屯田兵は、1890年以前の札幌市内、江別市内、室蘭市内、 根室市内、厚岸町内、滝川市の滝川の13だけ、それ以降は平民屯田。
※第一大隊=札幌市・室蘭市・深川市・秩父別町の屯田兵
※第二大隊=江別市・滝川市の屯田兵
※第三大隊=上川エリアの屯田兵
※第四大隊=道東エリアの屯田兵
※特科=美唄市の屯田兵

屯田兵の廃止……

 1885年、屯田兵例則に変わって屯田兵条例が制定されると、士族以外で も屯田兵になれるようになります(これを平民屯田という)。平民中心の屯 田兵村も誕生し、農民も多く参加したため、屯田兵後期の開拓はスムーズ にいきました。

 こうして、北海道の開拓が進み、人口も増加してくると、徴兵制が可能 と判断され、1896年に第七師団を北海道に創設、屯田兵制は第七師団にと ってかわられ、廃止への道をたどることになります。1899年にて募集を締 切、屯田兵は第七師団所属となり、1904年9月に屯田兵条例が廃止されま した。約30年の歴史でしたが、大きな功績を残しました。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。