学ぶ

小説やドラマにもなった!新十津川町の特異な歴史を2つの記念館で学ぶ

北海道樺戸郡の北端にある新十津川町は、北海道開拓の歴史の中でも、少し異色の経歴を持つ町です。明治時代、奈良県吉野郡十津川村からの集団移住により分村し、拓かれたというのですが、どうしてそんなことになったのでしょうか。新十津川町にあるふたつの記念館を訪れて、歴史を紐解いてみることにしましょう。

新十津川町開拓記念館で新十津川町のルーツに迫る

▼新十津川町開拓記念館
小説やドラマにもなった!新十津川町の特異な歴史を2つの記念館で学ぶ

なぜ奈良県の人々が、遠い北海道まで移住しなくてはならなかったのか。その答えは、1889(明治22)年に奈良県吉野郡十津川村を襲った豪雨にあります。水害で600以上もの住家が全半壊し、水田の50%、畑の20%が流失。村の4分の1が壊滅する大惨事でした。そこで人々は新天地を北海道に求め、トック原野を切り拓いて新しい十津川村をつくったのです。これが、北海道の新十津川町のはじまりです。

▼当時の移住民の決意が伺える誓約書
小説やドラマにもなった!新十津川町の特異な歴史を2つの記念館で学ぶ

新十津川町開拓記念館には、当時の移住民たちによる誓約書のコピーが展示されています。そこには、千辛万苦に耐え、励まし合いながら開拓を成功させようと誓い合う、並々ならぬ決意が伺えます。

▼原始林が広がるトック原野と生きものたち
小説やドラマにもなった!新十津川町の特異な歴史を2つの記念館で学ぶ

しかし、奈良県と北海道では自然環境も大きく異なります。移住民たちが入植したトック原野は当時、樹木が一面に生い茂る原始林で、ヒグマやキツネなどの動物たちが多く生息していました。そんな土地を開拓していくことが容易ではなかったことは、言うまでもないでしょう。

▼少しずつ発達していく新十津川
小説やドラマにもなった!新十津川町の特異な歴史を2つの記念館で学ぶ

苦しい開拓生活でしたが、それでも移住民たちは、未来を担う子どもたちへの教育も忘れていなかったそうです。

▼1895(明治28)年には文武館を開校
小説やドラマにもなった!新十津川町の特異な歴史を2つの記念館で学ぶ

1897(明治30)年以降になると、村を離れる人々もありましたが、その一方で北陸や四国から新たな移住民がやって来ました。母村との交流も再開され、時は過ぎ、1957(昭和32)年1月1日になって、現在の新十津川町へと名を改めたのです。奈良県から新天地を求めて北海道に辿り着いた時から、実に67年の年月が流れていました。

▼今でも新十津川町の町章と奈良の十津川村の村章は同じ(写真提供:新十津川町)
小説やドラマにもなった!新十津川町の特異な歴史を2つの記念館で学ぶ

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】