学ぶ

北方領土で日本のテレビ・ラジオを視聴できる?

編集部
Written by 編集部

 北方領土はロシアが実効支配しているとはいえ、日本固有の領土です。そんな北方領土でも実は日本のメディアが視聴できるといわれています。実際に行って確かめるというのは困難なわけですが、実は、根室市や知床など北方四島に程近い地域では、ロシア語のラジオを傍受できます。

 こうして、北方領土(色丹島、歯舞群島、国後島)は根室地域と非常に近い距離にあるという地理的条件ゆえに、日本のテレビ・ラジオ・携帯電話も受信できるというわけです。

北方領土で日本のテレビ・ラジオを視聴できる?

日本のテレビとラジオが必要

 北方四島に在住住民はロシア人が大半を占めているわけですが、ロシア本土から距離が遠すぎ、インフラ整備が進んでいないこともあり(ただしロシアのテレビ番組が全く見れないというわけではない)、日本からの情報を頼りに生活している人が大勢います。

 その代表例が「天気予報」です。天気情報は北方領土用のものがなく、日本の北海道根室地方の天気予報を頼りにしています。実際、1994年の大地震で北方領土で被害を受けた時、HBCはロシア語併記をしたという事例があります。ほかの番組も受信できるので、日本語がわからなくとも日本の情報にも通じることができるのです。

 実はNHK・HBCといった地上波だけではなく、BS放送も専用アンテナを設置すれば(ただしサイズは日本国内のものより大きめのものを使用)、視聴できるということになっています。

 根室に近い色丹島島民の半数がBSアンテナをつけているとの情報もあります。どこでBSアンテナを買っていくのかというと、根室市にやってくるロシア人船員が電気ショップで購入していくパターンが多いとか。

 ただしこれはアナログ放送の場合。日本国内では、2011年にデジタル化を迎えてアナログ放送が終了するわけですが、北方領土島民も当然ながら買い替え付け替え作業が必要になりそうです。

そして携帯電話まで?

 北方領土でも携帯電話が使えるというからびっくり。もちろん基地局が北方領土内に設置されているわけではありませんが、国後島南部では、北海道本土との間に海しかないこともあり、通話やiモードの接続が可能とされています。

 携帯電話は使えるからといっても契約・支払はどうするのか?という疑問がでてくるのですが、からくりはこう。購入・契約・支払は北海道の人が行っていて、北方領土の海運業者と交易を行うのに、携帯電話が便利だということで、北方領土島民に貸しているというわけ。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。