羅臼町市街地、
羅臼町市街地、
産業 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

産業


羅臼町市街地、望郷台(羅臼国後展望塔)から見る国後島

 北方四島での主要な産業は水産業でした。千島海流と日本海流のぶつかるところに近く、世界有数規模の漁場として知られていました。サケマス孵化場なども各島に設置されていましたし、コンブなどもとられていました。

 捕鯨所、フジコ工場、エビ、カニ、サケ・マスの缶詰工場が各地に点在していました。1941年のデータでは、択捉島に22カ所、国後島に7カ所、色丹島に3カ所の水産加工工場がありました。最盛期には本州からの出稼ぎ労働者もいたといいます。

 中でもコンブ等海藻類の漁獲量は群を抜いていて、全島あわせて167758t漁獲していました。これは海産物漁獲量の8割です。コンブは歯舞群島が圧倒的漁獲量を占め、127000tでした。

 択捉島ではコンブのほかにサケマスやタラなど魚類の漁獲量も高かったようです。国後島ではカニやフジコなど水産動物の漁獲量が高かったようです。色丹島は東洋一を誇った捕鯨漁場でした。

サケ・マス・タラ等魚類:16042t
カニ・フジコ等水産動物:22481t
ホタテ・ホッキ等貝類:4984t
コンブ・ノリなど海藻類:167758t

 林業や鉱業も行われていました。国後島は森林がうっそうとしており、1940年に5カ所の製材工場が、択捉島では3か所の硫黄採掘場、国後島では4カ所の鉱業所がありました。一方農業は産業として行うのではなく、自家栽培として小規模におこなわれていた程度でした。ジャガイモはよく育ったようです。

 また、畜産は馬と牛が飼育されており、農耕・軍用馬、肉牛として飼育されていました。こうしたことから、ほぼ自給自足できており、米、味噌、醤油は道外から輸送する必要がありました。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。