トピックス

室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

【室蘭市】2014年8月2日(土)・3日(日)の2日間、室蘭初のイベントカーのお祭り、「室蘭カーフェスティバル2014」が室蘭港フェリーターミナルで開催された。 当日は炎天下のなか、痛車祭りやコスプレ、ミニ四駆、屋台、ゲーム大会等が行われ、会場を訪れた参加者たちを大いに楽しませてくれた。

「痛車の展示場所がほしい」。開催のきっかけはそんな思いからはじまった

みなさんは「痛車(いたしゃ)」という言葉をご存じだろうか? えっ? 痛い車? なにそれ?  では痛車のことを知らない方のために簡単に説明すると、車体にアニメや漫画、ゲームに関連するキャラクターやメーカーのロゴなどを塗装したり、ステッカーを貼りつけたりと、 萌え系要素を大いに含んだ装飾車のことだ。 見るに堪えないことを表現する「痛い」という俗語と、イタリア車を意味する「イタ車」を掛け合わせた言葉であり、「萌車(もえしゃ)」とも呼ばれている。

そんな痛車の展示が場所がほしい。開催にいたるまでのきっかけは、ふとした瞬間に浮かんだ思いだった。

室蘭カーフェスティバルの実行委員長の内村淳一氏は、自らも痛車を所有するオーナー。 愛車のカペラワゴンには、東方projectの手書き系ステッカーという、新しいジャンルを開拓中である。

▼イベント実行委員長・内村氏
室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

痛車を展示する場所がほしい。だったら自分たちでイベントを開催すればいいじゃないか。 自らも痛車を所有する内村氏の思いは、所属する「東方蝦夷痛車会」の仲間たちを動かし、開催場所の管理者である室蘭市の港湾部に自ら出向き掛け合い、 やがて多くの人々が協力し大きな輪となり、今回室蘭初となるカーイベントを開催することにこぎつけた。

この痛車を展示するカーイベントを通じて、内村氏にはもうひとつの願いがあった。 「ニュースなどでオタクの事件が取り上げられるたびに思うんですよ、『アニメが悪いわけじゃない、すべてのオタクが、そんな人ばかりじゃない』て。 だからこのイベントを通じてオタクの敷居を下げたい、もっと身近に感じてほしいんです」。 そう語ってくれた内村氏の瞳には、自らが語ってくれた言葉、強い信念をわたしは感じた。

色鮮やかな痛車がずらりと勢ぞろい!

当日は30台以上の痛車が会場の中央にずらりと並んでいた。 どの痛車も目を奪われるものばかりだが、なかでもわたしの目を引きつけてくれた痛車をいくつか紹介したい。

・KYOSHO ALICE MOTORS
室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

・東方風神録仕様
室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

・東方project 霧雨魔理沙仕様
室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

・初音ミク仕様
室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

・けいおん 秋山澪仕様
室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

そしてなんと! イベント会場で愛車にペイントをしてる方も!
・銀河鉄道999・メーテル仕様。オーナー様と
室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

ステージ上で繰り広げられる様々なパフォーマンス

室蘭に熱い痛車が勢ぞろい!「室蘭カーフェスティバル」初開催

特設ステージでは、「歌ってみた 踊ってみた パフォーマンス」が繰り広げられた。 トップバッターを務めたのは札幌で活動をする「みるきぃ☆すぱいす」。彼女たちが繰り広げる軽快なパフォーマンスで会場は一気に盛り上がりをみせていた。

「1日目にブレイカーが落ちるというアクシデントもあったが、来年も開催したい」。 そう、わたしに語ってくれた内村氏。 オタクの敷居を下げたい、もっと身近に感じてほしい。 彼が語ってくれたメッセージは、イベント会場を訪れた人々に伝わったはずだ。 痛車の魅力がわかるこのイベント。今年は参加できなかった方がいたら、せひ来年は参加してほしいと思う。

筆者について

ぽっちゃり~な・森

ぽっちゃり~な・森

1976年室蘭産まれ、室蘭育ち。年間60万文字、年間3万枚の撮影をこなす、北海道をこよなく愛するどさんこトラベルフォトライター。小説家、ライトノベル作家・森下朱月としてはこれまで7冊の著書を発売、シリーズ作品を連載中(2014年7月現在)。「ぽっちゃり~な・森の胆振探検隊」では、主に室蘭市、近郊の情報をお届けします。