味わう

人気No.1はいちごソフト!道の駅とようらで豊浦産イチゴを堪能しよう

人気No.1はいちごソフト!道の駅とようらで豊浦産イチゴを堪能しよう

【豊浦町】豊富な海産物の宝庫──噴火湾に面した豊浦町。元プロボクサーで現在タレントとして活躍中の内藤大助さんの出身地としても有名な町ですが、イチゴの産地としても有名なのはご存じでしょうか?

国道37号を函館方面に走っていくと、左手にみえてくるのが「道の駅とようら」。 ここでは地元産のホタテや豚肉を使った料理のほかに、豊浦産のイチゴをふんだんに使ったスイーツを堪能することができるんです!

「今日はどんな旨いものが食べられるのかな?」と、食いしん坊のわたしはワクワク! 特にイチゴは大好きなので、ここへ向かう道中、テンションは上がりっぱなしでした。

人気ナンバーワンの「いちごソフトクリーム」

道内どこの観光地へ行っても手軽に食べることができて、尚且つ人気メニューなのがアイスやソフトクリームですが、 ここ「道の駅とようら」で販売されているソフトクリームは、非常にコクがあり新鮮さを感じることができます。

人気No.1はいちごソフト!道の駅とようらで豊浦産イチゴを堪能しよう

豊浦産いちごを使った手作りジャムを、丹念に練りこんだのがこちらの「いちごのソフトクリーム」です。 生のイチゴが1/4にカットされ、ソフトクリームの周りに配置されてます。 スプーンで掬い、口のなかに入れた途端、「旨い!」と声が出てしまうほど、いちごの柔らかい甘みとソフトクリームの甘みが優しく口のなかに染み渡ります。

また、おしゃれなワッフルもソフトクリームの甘さとマッチしていて美味しい! お値段は350円と少し高めですが、そのお値段にあった「美味しさ」を提供してくれる一品です。

「とようらいちごスムージー」と「とよTONバーガー」

人気No.1はいちごソフト!道の駅とようらで豊浦産イチゴを堪能しよう

こちらは2014年4月1日から加わった、季節限定の新商品「とようらいちごスムージー」。 ふんわり凍った豊浦産イチゴに、ミルクとヨーグルトを合わせたシャリシャリすっきり味。 イチゴの新鮮さがしっかりと閉じ込められているのでオススメです!

人気No.1はいちごソフト!道の駅とようらで豊浦産イチゴを堪能しよう

こちらも新しく加わった「とよTONバーガー」。 とても柔らかいパン生地の中に、地元豊浦産の豚肉を挟んだ一品。 カルビソースが絡んだ柔らかい豚肉に舌鼓みです!

この他にも、ベビーサイズのホタテをソースでいただく「ホタテフライ級」や、 ホタテ一個丸ごと使った、たこ焼き風焼き玉「ほた丸くん」など、美味しそうなメニューがまだ他にもあります!

地元産の野菜を販売。内藤大助さんのコーナーも

ここ「道の駅とようら」では、地元の方が丹精込めて作った新鮮な野菜や加工品なども販売されてます。 また、豊浦町出身の元プロボクサーで現在はタレントして活躍中の内藤大助さんのコーナーもあります。 トロフィーや記念品などが展示されているので、内藤さんのファンにはたまらないコーナーですね。

▼地元の野菜などを販売
人気No.1はいちごソフト!道の駅とようらで豊浦産イチゴを堪能しよう

▼内藤大助さんのコーナー
人気No.1はいちごソフト!道の駅とようらで豊浦産イチゴを堪能しよう

豊浦へ起こしの際は「道の駅とようら」に立ち寄り、美味しいスイーツなどを堪能してみるのもいいのでは?

道の駅とようら
住所:北海道虻田郡豊浦町旭町65-8
TEL:0142-83-1010
FAX:0142-82-3088
休館日:無休。11~3月は水曜日、年末年始。
営業時間:道の駅9:00~18:00(11~3月は17:00まで)、 テイクアウトコーナー10:00~17:00(11~3月は16:00まで)
公式ウェブサイト

筆者について

ぽっちゃり~な・森

ぽっちゃり~な・森

1976年室蘭産まれ、室蘭育ち。年間60万文字、年間3万枚の撮影をこなす、北海道をこよなく愛するどさんこトラベルフォトライター。小説家、ライトノベル作家・森下朱月としてはこれまで7冊の著書を発売、シリーズ作品を連載中(2014年7月現在)。「ぽっちゃり~な・森の胆振探検隊」では、主に室蘭市、近郊の情報をお届けします。