トピックス

後半は食べ物が多かった!? 胆振担当記者が2014年を振り返ってみた!!

後半は食べ物が多かった!? 胆振担当記者が2014年を振り返ってみた!!

何かとあわただしい年の瀬を迎え、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 胆振地方を担当している胆振の食いしん坊こと、わたくし ぽっちゃり~な・森はというと、これは大事なところなのでしっかりとお伝えしておきますが、 ぽっちゃりな体系を維持するために日々食べることに専念しております!これがまた大変なんですよね~(笑)。

さて、わたしは今年(2014年)7月から北海道ファンマガジンのライターとして参加させていただき、これまで胆振管内の出来事などを16件、ご紹介しております。2014年を振り返るこの記事を作成するにあたり、これまでの記事を調べていたら、おやびっくり!? 16件の記事のうち、食べ物関係の記事が半数以上あるじゃないですか~(笑)。 その16件の中から、わたしの独断と偏見ではございますが、「年間トップ5」をまとめてみましたので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

5位:イカを一枚まるごとプレス! 大漁番屋虎杖浜の「いかせんべい」が旨い!

後半は食べ物が多かった!? 胆振担当記者が2014年を振り返ってみた!!

本編の記事はこちら

お店に入った途端、とても香ばしい香りがわたしを出迎えてくれたこちらの記事からご紹介。 虎杖浜近海でとれたイカを、1枚まるごと高温でプレスした「大漁番屋虎杖浜さん」の「いかせんべい」です。 動画をみていただければわかると思いますが、とにかくイカがとても柔らかく、ついつい手が止まらなくなってしまうほどの美味しさ。 実はこの動画を撮影しているとき、近くにはたくさんのカモメが待機していて、手に持っている「いかせんべい」を密かに狙っていたんです(笑)。 「いかせんべい」の美味しい香りに引き寄せられたのかな?

4位:大人でもワクワク!古い玩具や美術品を集めた「古趣 北乃博物館」

後半は食べ物が多かった!? 胆振担当記者が2014年を振り返ってみた!!

本編の記事はこちら

お次は胸をワクワクさせてくれたこちらの記事。 博物館開館という長年の夢をかなえた、登別市で玩具店を営む若木日出男さんが管理する私設博物館、「古趣 北乃博物館」です。 館内には1万点以上の古い玩具や美術品がびっしりと展示されていて、初めてここを訪れた方は驚きの声を上げること間違いなし!  取材の最後に若木さんご本人を撮影する際、「カッコ良く撮ってくれよ」とのリクエストをいただいたので、いつも以上に気合を入れてシャッターを切りました(笑)。

3位:女性必見!アロニアスイーツが堪能できる大滝のカフェ「アイバレー」

後半は食べ物が多かった!? 胆振担当記者が2014年を振り返ってみた!!

本編の記事はこちら

アロニアスイーツの美味しさにとても感動させられたので、こちらの記事をご紹介。 美容効果も期待できるアロニアを美味しく食べさせてくれるカフェ「花Cafe Aivalley」です。 撮影当日、大滝アロニアの歴史やアロニア料理を丁寧に説明してくださった石川さん。 店内に流れる静かなJAZZに身を委ねながら、アロニア料理に舌鼓。 雪が解けた春に、また訪れたいお店です。

2位:すぐに売り切れちゃう串団子が室蘭に!? 人気和菓子店「さとみ屋」

後半は食べ物が多かった!? 胆振担当記者が2014年を振り返ってみた!!

本編の記事はこちら

個人的にさとみ屋さんの串団子が一番好きなので、こちらの記事が2位ということで(笑)。 地元では本当に大人気の和菓子屋さんでして、午後に店を訪れると「売り切れました」といわれることがあるくらい、地域に愛されている和菓子屋なんです。 食いしん坊のわたし。売り切れだととても悲しくなるので、店を訪れる際は必ず確認の電話をかけてから出かけております(笑)。

1位:あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

後半は食べ物が多かった!? 胆振担当記者が2014年を振り返ってみた!!

本編の記事はこちら

わたしの独断と偏見で選んだ第1位の記事はこちらです。 JX日鉱日石エネルギー室蘭製造所(室蘭市陣屋町一丁目172番地)の集合煙突ライトアップを紹介した記事。 12月の夜風はとても寒く、白い息を吐きながらの夜景撮影でしたが、思っていた以上の写真が撮れたので一安心。 新しく誕生した室蘭夜景を全国の皆様にみていただきたくて、渾身の想いでシャッターを切り続けた甲斐がありました。 美しい光のタワー。室蘭へお越しの際は、ぜひご覧になってくださいね!

さて、今年最後の記事となりましたが、最後までお付き合いありがとうございました。 また来年も皆様が楽しめる内容の記事を書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

AirBookmark

筆者について

ぽっちゃり~な・森

ぽっちゃり~な・森

1976年室蘭産まれ、室蘭育ち。年間60万文字、年間3万枚の撮影をこなす、北海道をこよなく愛するどさんこトラベルフォトライター。小説家、ライトノベル作家・森下朱月としてはこれまで7冊の著書を発売、シリーズ作品を連載中(2014年7月現在)。「ぽっちゃり~な・森の胆振探検隊」では、主に室蘭市、近郊の情報をお届けします。