旅する

あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

【室蘭市】工場夜景などで全国的にも有名な室蘭市ですが、また新たな夜景スポットが2014年11月に誕生しました。

この、室蘭の夜空にそびえ立つ光のタワーの正体とは?それはJX日鉱日石エネルギー室蘭製造所(室蘭市陣屋町一丁目172番地)[地図]の集合煙突。新たに塗り替えられた煙突に36基のLED照明を設置したことにより、市内の構造物で最高の高さ、約180メートルの煙突が室蘭の夜を美しく彩っているのです。

これまで室蘭夜景をたくさん撮影してきましたが、これほどの存在感を放っているものはありませんでした。 地元民のわたしも思わず「うわぁぁ、すごいっ」と声を出してしまうくらい、感動できる夜景です!

塗り替え候補3案の中から色彩を選んで投票

「集合煙突塗り替えキャンペーン」が2013年10月21日(月)~11月30日(土)に行われ、わたしも参加しましたが、室蘭市・登別市・伊達市在住の市民が塗り替え候補3案の中から色彩を選んで投票した結果、今の色彩に決定しました。

▼塗り替えられたJX室蘭煙突
あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

遠い日の思い出ですが、小学生の頃、写生会でこの集合煙突をスケッチしたことがありました。 それが約30年振りに塗り替えられ、先月11月19日からライトアップが始まりました。 その美しさ、幻想的な世界を彩るその存在に、地元民をはじめ、煙突の前を走行するドライバーの視線を楽しませてくれています。

わたしもこの付近をよく通過するので、毎晩このライトアップを目にするのですが、仕事などで疲れているときでも、 このライトアップを眺めていると心が癒されることがあります。

夜になると光のタワーが現れる

▼崎守埠頭から
あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

▼陣屋側から夜景を望む
あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

▼陣屋側から。▼陣屋高架下
あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る! あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

▼白鳥台から
あれはなに!? 室蘭の夜空に幻想的な世界を彩る光のタワーが現る!

点灯時間は日没前から午前0時まで。集合煙突の前を通過すると、その存在感に圧倒されます。 市民はもちろんのこと、市外にお住まいの方でも楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

このライトアップされた集合煙突は国道37号線沿いにあるので、車で通過する際によく目にすることができます。 ですが、その美しさに見惚れてしまうのも交通事故のもとなので、ほどほどに(笑)。 新しい室蘭夜景の誕生。市内の夜景スポットをぐるりと周る夜景観光バスも出ているようなので、今後の室蘭夜景に注目です!

これからクリスマスやバレンタインなど、冬のイベントが目白押しです。 想いを伝えたい人や大切な人を連れて、夜空を美しく彩る室蘭夜景を楽しんでみるのもいいのでは?

AirBookmark

筆者について

ぽっちゃり~な・森

ぽっちゃり~な・森

1976年室蘭産まれ、室蘭育ち。年間60万文字、年間3万枚の撮影をこなす、北海道をこよなく愛するどさんこトラベルフォトライター。小説家、ライトノベル作家・森下朱月としてはこれまで7冊の著書を発売、シリーズ作品を連載中(2014年7月現在)。「ぽっちゃり~な・森の胆振探検隊」では、主に室蘭市、近郊の情報をお届けします。