今回のインタビューは、札幌を中心に音楽活動を">
今回のインタビューは、札幌を中心に音楽活動を">『まろ☆ぽん』にインタビュー – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

『まろ☆ぽん』にインタビュー


今回のインタビューは、札幌を中心に音楽活動を行うグループ『まろ☆ぽん』の皆さん。リーダー・ギターのGAkuさん、ボーカルのちごちゃん、ベースの嵐ちゃん、ドラムのかなたさん、新メンバーのToyさんの5人で活動しています。『まろ☆ぽん』の楽曲制作や、結成から今後の目標までをお伺いしました。(収録日:2011年1月25日付)

― まず、バンド名がかわいらしく特徴的なのですが、どのようにしてつけたのですか?
(GAku) ありがとうございます!由来は申し訳ないんですが、禁則事項です。

― メンバーとはいつどのように知り合ったのですか?結成までのいきさつを教えてください。
(GAku) 実は『まろ☆ぽん』を結成する前のバンドがあって、そのバンドの時に今のメンバー全員と知り合いになっていたんですよね。俺と嵐とかなたは幼なじみで、バンドをやることになってからToyと偶然知り合って、ちごはそのバンドのお客さんでした(笑)まさかこうなるとは、って感じです!運命ですね。

― 皆さんはいつごろから音楽を始めたのですか?小さいころから?
(GAku) 赤ちゃんの時から歌ってました(笑)
(ちご) 一応、小さな頃から歌手になりたいと思っていたみたいで、よく一人で歌って踊っていました(笑)
(嵐) はい。中学からです。
(かなた) 初めたのは高校2年ですね。GAkuにドラムやれやれ……と言われて、初めはめっちゃ拒否しました。高校に入ってバイト始めてお金に余裕があったときに無性にドラムやりたぃって思って買ったのがきっかけです。
(TOY) 多分、生れつきのMusicmanだと思います。

『まろ☆ぽん』にインタビュー

― 『まろ☆ぽん』の歌の特徴について教えてください。
(GAku) 初めて聴いた人でもどこか懐かしいと思えるようなシンプルで覚え易いメロディーの楽曲が多いです。ヴォーカルKeyの高い曲が多いので、歌いこなすのは難しいかも知れませんが、沢山の人に聴いて歌って欲しいです。

― 覚えやすいオリジナル曲をいくつも作っていらっしゃいますが、曲はどのように作っているのですか?
(GAku) まず僕の感性が高まります。そうすると曲が出来ます。最初はメロディーに集中したいのでコードとメロディーだけのデモを作ってメンバーに渡します。そこでちごは唄と歌詞、嵐はベース、かなたはドラムを入れます。更に壮大にしたい時には僕がDTMソフトでストリングスやらピアノやらを入れてキラキラさせます。一度聞いたら耳に残る,歌いたくなるような曲にするため頑張って作っています。『まろ☆ぽん』の曲を皆さんの人生という映画の中のBGMに選んでもらうため、日々研究を進めているんです(笑)

『まろ☆ぽん』にインタビュー

― 『まろ☆ぽん』の曲の中で、お気に入り・思い入れのある曲はありますか?理由も含めてお願いします。
(GAku)「escape」です! 生まれて初めて作った歌だから。
(ちご) 披露した中では1番新しい新曲の「surely」ですね。この曲の歌詞は、実際に自分の片思いを元に歌詞を描いたので。まぁ、歌詞では最後告白するんですけ、ど実際はできなかったんですけどね。今でも胸を痛めながら精一杯歌ってます。あとは「流れ星」。病気で亡くなってしまったワンちゃんを思いながら歌うと、歌いながら泣きそうになりますね。
(嵐) 「また☆明日」です。やっぱりメンバー思いのGAkuが書いてくれた曲だからです。
(かなた) 「また☆明日」ですね。歌詞もフレーズもまさに『まろ☆ぽん』の今までとリンクして、ライブでこの曲をやるたびに気持ちが満たされますね。あと、『まろ☆ぽん』結成のきっかけになった「escape」もすごく思い入れがあります。この曲はリズムがハネてて難しいんですよ。さらにPCで同期させてって最初は本当気が遠くなりました。でも全く違うことにチャレンジするって意味でいろんな発見やテクニック向上に繋がったんで、「escape」と作曲したGAkuに感謝してますね。
(TOY) 「また☆明日」です。これ聞けばまた明日会える様な気がします。

― これまでいくつものCDを発売してきましたね。
(GAku) 一昨年から昨年にかけて自主制作で「escape」「桜月夜」「また☆明日」「LONERMOON」の4曲を一枚500円で発売しました。有り難いことに「escape」「桜月夜」は100枚以上を完売し、「また☆明日」も残り僅かとなっています。また北海道のアーティストを全国へ発信しているCAB.R(クラッシュ アンド ビルド レコード)さんのコンピレーションアルバム「THE FIRST GIANT STEP VOL.2」にも参加させて頂きました。今年(2011年)中に『まろ☆ぽん』初となる1stアルバムを発売予定です!

『まろ☆ぽん』にインタビュー

― 『まろ☆ぽん』で活動していて良かったと思うこと、嬉しかったこと、逆につらかったことなどあれば教えてください。
(GAku) 僕の場合、辛いことがあっても結局は乗り越えて「音楽」に必ず戻ってくるんですよ。一緒にいてこんなにも楽しい『まろ☆ぽん』のみんなと音楽を生み出していけることが何より幸せです。
(ちご) 全員が『まろ☆ぽん』にとらわれずに色んな活動をしているので、色んな事を皆から勉強できたり、実際イベントにお誘い頂く機会が増えた事かな?辛い事は、仲が良すぎてケンカが激しいことかな?ついついキツく当たったり当たられたり。笑
(嵐) 良かった事に尽きますね。ベーシストとしてますます成長できたと思います。
(かなた) もぅ純粋にこのメンバーで良かったと思います。メンバー全員でイベントやらライブやらの移動中本当にこれからライブ?遊びに行く途中みたいな感覚ですごく楽しいんですよ。みんな個性強くて全員揃うとなんかかんか面白いことに遭遇したちゃいますね。つらかったことは寝ないで作業して繰り返しているうちに体壊して1週間ぐらい寝込んだことですね。このときはやりたいことあるのにできない辛さを噛みしめましたね。
(TOY) 良かった事はいつもみんなで笑いあえること。つらかったことは全くないです。

『まろ☆ぽん』にインタビュー

― 『まろ☆ぽん』として、また個人としての今後の目標とか夢をお願いします。
(GAku)今年は30曲作ることが目標です!夢は早く今の日常生活から抜け出して、Mステや紅白に出たり、武道館でライブをすること!
(ちご) 『まろ☆ぽん』としては、一人も欠ける事なく、『まろ☆ぽん』全員でデビューする事。個人では、今MCを務める番組に少しでも長く登場し続けて、たくさんの方に出会い、色んな方面に露出して、ちごを広く知っていただきたいと思います。あと、痩せたい。笑
(嵐) ワンマンlive。
(かなた) もっともっとたくさんの人に『まろ☆ぽん』の曲とメンバーのことを知ってもらうことです。個人としてはもっと自分を表現できるよう頑張りたいと思います。
(TOY) 『まろ☆ぽん』のみんなでメジャーデビューしたいです。それからは‥今はわかりません。でもいつかギター掻き鳴らして歌いたいかもしれませんね。

― 最後に読者の皆様に一言お願いします!
(GAku) 『まろ☆ぽん』の記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!今は『まろ☆ぽん』という名前だけでも覚えていてくれたら凄く嬉しいです。今後、皆さんとまたお会い出来る日が来るように努力していきますので、その時はよろしくお願いします!
(ちご) まだまだ未熟なバンドですが、少しでもたくさんの方に愛、夢、希望を伝えていきたいと思ってますので、どうか暖かく見守ってください!
(嵐) はじめまして!これからドンドン皆様の前に姿を見せて行くんでよろしくお願いします!
(かなた) 是非1度『まろ☆ぽん』を見てみて下さい。んで何か感じるものがあったら仲良くなれると思うので話しかけてくださいなっ。
(TOY) これから頑張らさせて頂きますので皆さんどうか『まろ☆ぽん』を応援して下さいねっ!!

『まろ☆ぽん』にインタビュー

― 各メンバーを紹介してください!
(GAku)
ちご: 一度会って話せば誰でも理解出来ると思いますが、かなりフランクな女子ですね(笑)付き合いも長いので妹みたいな存在です。喧嘩したら本物の兄妹を上回る争いになります(笑)
嵐ちゃん: 優しくしっかりしたイケメンですね。たまに凄い声で叫んだり、愛のある暴力を振る舞ったりもしますが(笑)
かなた: かなたに関してはよくわからないですね!(笑)しっかりしているかと思えば突然ドジっ子になったり、あとオーディションの時いきなりドラムが上手くなったり。それと他人に対して驚くほど興味を持っていないんですよ(笑)一番のカリスマ的存在なのかも知れません!!
TOY: 新メンバーのToy君は熱い魂を持った人ですね。二人で熱くなって話していると気付けば朝になってたりとかってことがよくあります(笑)
(ちご)
GAku: お兄ちゃん。たまにちごの方がしっかりします。
嵐ちゃん: しっかり者。メールの返事が異常に遅いけど、皆のケンカを平等に審判してくれます。
かなた君: パパですね。まぁ、一言でいうと、この人も謎。笑
トイ君: 付き合いは長いけど、意味不明です。笑い方が変。笑
(TOY)
ちご: 本当は可愛い女の子
GAku: 頼りになるリーダー
嵐: ドSな感じ
カナタ: 癒し系
(嵐)
ちご: とにかくモンスター!
GAku: イケメンだけど、オタク!
toy: とりあえず謎ですね。笑
かなた: 癒し系の〇〇ですね。
(かなた)
ちご: 何処へ行っても周りの人とすぐ仲良くなってて外向性半端なくて羨ましいですね。普段は寝ることをこよなく愛した娘的な存在です。
GAku: 良き理解者ですね。言うときはズバっと言ってくれて、ときには行き当たりばったり……でもとても頼りになる素晴らしいリーダーだと思います。
嵐: ツンデレです。『まろ☆ぽん』で一番のしっかり者だけどSです。嵐と2人でいるときは優しいけどそれ以外はSです。イタズラ好きのSです。
Toy: すごく熱い魂の持ち主ですね。Toyとは高2のときにメン募で出会いましたが、この出会いがなかったら僕はバンドやってなかったと思います。ときおり意味不明な行動をとりますがめっちゃ面白いです。

― ご自身を一言で表すと?
(GAku) 変態、だと思う。
(ちご) 謎。普段はボケっとしているみたいですが、やる気を出すと止まらない。スイッチがどこにあるのか自分でもよくわかっていません。
(嵐) ドS。
(かなた) 内気おっとり系……はめを外すと危ないです。
(TOY) クールな甘えん坊だと思います。

― グループ内での皆さんの立場・担当は?
(GAku) 変なことを言ってみんなを楽しませることかな!
(ちご) ボーカル、作詞担当であり、皆の妹、もしくはペット担当ですね。(笑)
(嵐) Sキャラ、担当はベースです。
(かなた) いじられるお父さん&ツチノコ的な存在です。
(TOY) わかりません。新メンバーなので控えめキャラなのです。

― 毎週木曜日、USTREAM番組「Ust-Z」のアシスタントMCをしていらっしゃいますが、始めたきっかけ、いきさつについて教えてください。
(ちご) Ust-Zのお姉さん番組である「ユイのオガルTV~札幌女子会」という番組のゲスト出演がきっかけですね。

― 自分の中で成長できたなと思うことはありますか?
(ちご) ライブのMCがちょっとだけ上手になりました。(笑)

― これまでの放送の中で印象的なことについて教えてください。
(ちご) ミートショップいとうさんの激辛ホルモンを、第一回目の放送で食べた時。

― 余談ですが、コンビを組むあらちゃんについて解説してください。(笑)
(ちご) 第二のお父さんみたいな人です。(笑)

『まろ☆ぽん』のプロフィール

2009年2月結成。メンバーはGAku、ちご、嵐、かなた、TOYの5人で構成される。『まろ☆ぽん』のオリジナル曲はシンプルで覚えやすいメロディーが特徴。代表曲に「escape」「また☆明日」「流れ星」「surely」がある。HPはこちら。Myspaceはこちら。

『まろ☆ぽん』にインタビュー
■GAku
生年月日:1987/04/08
出身地:富良野市
居住地:江別市
血液型:O型
趣味特技:読書と映画鑑賞、球技全般
経歴:MR,BIGのポールギルバートや、日本の一流ギタリスト達が審査員を務めるギターのコンテスト「GIT MASTERS」に2007年、東京代表で出場、入賞を果たし、その模様が音楽雑誌「ヤングギター」に掲載。現在は『まろ☆ぽん』でギターを務める他、ゲーム音楽への楽曲提供など様々な活動を展開中!


『まろ☆ぽん』にインタビュー
■ちご
生年月日:1990/07/12
出身地:札幌市
居住地:岩見沢市
血液型:O型
趣味特技:読書、料理
経歴:幼稚園からピアノ、小学生から合唱、中学生で吹奏楽でトランペット、エレキベースをかじる。高校生でバンドに目覚め、何故か上京し、都会の住みづらさを味わい、夢に破れ北海道に帰り就職。仕事に燃える一方で、何かつまらないと感じ始めたところに、GAkuが作った「escape」に感動。バンドでボーカルとして参加を決意し会社を退職。今に至る。


『まろ☆ぽん』にインタビュー
■嵐
生年月日:1988/02/21
出身地:江別市
居住地:札幌市
血液型:?
趣味特技:かなたイジリ
経歴:中学でGAkuとかなたとバンドを始めて色々なバンドでサポートとして活動して今に至る。BUENING BLOOD's(バーニングブラッド)でも活動中。


『まろ☆ぽん』にインタビュー
■かなた
(あだ名的な感じでたっけちゃんともお呼び下さいな)
生年月日:19XX/02/11
出身地:江別市(大麻)
居住地:江別市(豊幌)
血液型:O型
趣味特技:アニメ、ターミネーター1と2の台詞をほぼ覚えていること、Karaの尻ダンス、GAkuの紛失物の捜索
経歴:高校2年のときにGAkuと嵐とロック系バンドを2年半やり、経専音楽放送芸術専門学校を卒業後解散、すぐ『まろ☆ぽん』を組み現在に至る。


『まろ☆ぽん』にインタビュー
■TOY
生年月日:19XX/09/29
出身地:札幌市
居住地:札幌市
血液型:非公開
趣味特技:最近の趣味はお昼寝で特技は一夜漬け
経歴:以前は作詞、作曲をしてヴォーカリストとして活動。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。