"> ">言葉にしない思いに気付いてあげたい―フリーブライダルプランナー佐藤美華 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

言葉にしない思いに気付いてあげたい―フリーブライダルプランナー佐藤美華

編集部
Written by 編集部

【札幌市】 ブライダルプランナー、それは初めて結婚式場を選びたいという人に各式場の魅力を紹介し、披露宴のプロデュースを行う人のことを言う。プレゼンテーションや営業力、コミュニケーション力が求められる仕事だ。ほとんどのブライダルプランナーは会場専属という形で業務を行うが、フリーで活動している人も少数ながらいる。札幌市では佐藤美華さんがその一人だ。新郎新婦のために式の提案を与える際、大切にしたいと思っていることとは何か、目指していることは何か、また、これから北海道で式を挙げたいという人は何に注意したら良いのか、聞いた。

ブライダルプランナーとして大切にしたいと思っていること

そもそも佐藤さんはブライダルプランナーになりたいと思っていたわけではない。でも接客はしたいと思いホテルに入社した。最初に希望とは全く違う宴会部門に配属された。結婚式も関係する部門で、実際の結婚式やプランナーの姿も見るようになるにつれ、『ブライダルプランナーも素敵だな、やってみたいな』と思い始めたという。その後、偶然ブライダル部門に配属され、実際に結婚式に携わることになる。希望してもなかなか行けない部署だったそうで、『たまたま運が良かったんでしょうね(笑)』と語る。

約4年間、会場専属プランナーとして活動した後、今度はフリーでブライダルプランナーとして活動することとなった。フリーのメリットをこう語る。『会場専属だと看板を背負っているメリットはあるが提携先以外の企業を紹介することが難しい場合が多い。でもフリーだと制約が少ないため、よりお客様の希望に合わせてプランニングすることができる。時間をかけて新郎新婦がまだ気が付いていない希望まで引き出すことで、理想の式に近づけてあげることができる』。

言葉にしない思いに気付いてあげたい―フリーブライダルプランナー佐藤美華 大切にしたいと思っているのは、昔からの歴史。近年はオリジナルの結婚式をやりたいというカップルも多いが、プランニングの際は、従来の基本的な流れも大切にしたいというのが佐藤さんの考えだ。『たくさんのカップルがそうしてきて幸せなカップルが大勢いるので、祖父母など様々なゲストに配慮したうえでのオリジナリティある結婚式にしたい』と考えている。

さらに、言葉にしない思いに気がついてあげたいとも話す。そこには、表情の変化、いいにくそうなこと、席をはずしたときにこっそり話していたりすることといったことが含まれる。エピソードを一つ話してくれた。『以前、ワケアリで新婦側の出席者がゼロという結婚式があった。どうしてなのか気にはなっていたが、直接は理由を聞かなかった。最終的に「あの時聞かないでくれてありがとうございました」と言ってくれた。ちょっとした表情を見逃さないというのは大切だとつくづく感じさせられた』。いつもとちょっと違うところがあれば声をかけるかけないを決める。難しいことではあるが、自分なりにいろいろ考えてきたり行ってきた経験がそれを決めるのだ。

全国でも珍しい取り組みを札幌から発信したい

ところで佐藤さんは、全国的にも珍しい連携の仕方をしている。それは、ファイナンシャルプランナーの事務所で一緒に行っていることである。結婚式にはどうしても大金が必要で、そこで悩んでしまって式を挙げないという人がいるので、ブライダルも、そしてお金の相談や人生プランも一通り見てもらえるという、大変良い組み合わせなのである。

いま、佐藤さんには一つの考えがある。出会いの場から提案したいということである。『例えばエステサロンや美容室に協力してもらいセミナーを開催する。綺麗になりたい女性、彼女が欲しいのでイメチェンしたい男性などを集めて、出会いにつながる場を提供する。こうして長い目で見てその人の人生に貢献できたらいいなと考えている』と話す。長い目で見た支援の取り組みは、全国でも珍しいという。

北海道でこれから結婚式を挙げるときの注意点

言葉にしない思いに気付いてあげたい―フリーブライダルプランナー佐藤美華 北海道の披露宴には会費制・発起人など独特の風習がある。佐藤さんは、カップルの得ている情報が結婚情報誌に偏り過ぎていることを危惧している。『結婚情報誌の巻頭特集については、北海道の情報ではないことが多い。例えば会費制では、本来お車代は用意しないのが一般的であったが、そのことでどうしようか情報が錯綜してしまっている人を見かける。こんなことを相談していいのかなと思う時こそフリープランナーに聞いてほしいし活用してほしい』と、これから北海道で結婚をするカップルにアドバイスしている。

プランニングする人たちとは長い付き合いになることが多い。一年後、二年後に担当した夫婦が子供を連れて会いに来てくれる時は特に嬉しいという。また、全ての記念日を担当したホテルで祝ってくれる人もいたり、披露宴の最後に映像のエンドロールで「ブライダルプランナー佐藤美華」と出てくる瞬間はお客様の気遣いに感動すると話している。

向上心の固まり―。佐藤さんは自分のことをこう表す。今後もその向上心を持って人と人のつながりをサポートしていくことだろう。

佐藤美華(さとうみか)

言葉にしない思いに気付いてあげたい―フリーブライダルプランナー佐藤美華 2007年に北星学園大学社会福祉学部福祉心理学科を卒業。大学卒業後、札幌市内のホテルにてブライダルプランナーとして勤務し、その後フリーに転身。ブライダルプランナーのほか、ブライダル・接客・ビジネスマナーの講師、司会業、モデル業と、幅広い活動を行っている。
佐藤美華ブログ
ブライダルプランニング

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。