楽器を用いて演奏をしたり歌ったりするだけじ">
楽器を用いて演奏をしたり歌ったりするだけじ">夢幻Lab.[想]:[奏]:[創] (音楽劇団) – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

夢幻Lab.[想]:[奏]:[創] (音楽劇団)

編集部
Written by 編集部

楽器を用いて演奏をしたり歌ったりするだけじゃない音楽劇団「夢幻Lab.[想]:[奏]:[創]」通称「ムゲラボ」。そもそも聞きなれない音楽劇とはどういうものなのか。ムゲラボ結成のきっかけとは。個性豊かな4人のメンバーに伺った。(収録日:2011年10月24日)

 札幌を中心に活動している「夢幻Lab.[想]:[奏]:[創]」は、寺田英夫、森高麻由、田中K助、加納美由紀の4人で構成される音楽劇団である。みな多彩で個性豊かであり、音楽や演劇などそれぞれのフィールドで活動している。まずはメンバーの素顔に迫る。

 主催の寺田英夫さんは、3歳からクラシックピアノを始め音楽を学び、アーティストのサポートを経て、2005年にAirGのDJとしてデビュー。現在、月~火11:30~12:30「Music Air Stay-G」パーソナリティとしても活動している。また、シンガーソングライターでもあり、初のワンマンライブのチケット150枚をあっという間に完売させたことがあるという。田中K助さんも同じく様々な楽器を演奏し、アーティストのサポートをしてきた。

 マイペースがとりえ、猫が大好きという森高麻由さんは、高校から演劇を始めた。いろいろな場所でお芝居に出ており、趣味で絵を描いたりする。ムゲラボのポストカードに絵を描いて販売している。加納美由紀さんは、透明感のある優しい歌声が魅力。ムゲラボの裏番長、まとめ役、影の支配者でだれも逆らえない(メンバー談)。ムゲラボの会計係である。

夢幻Lab.[想]:[奏]:[創] (音楽劇団)

ムゲラボの音楽劇とは

 「夢幻Lab.[想]:[奏]:[創]」は2011年春に旗揚げしたばかりという音楽劇ユニットである。そもそも音楽劇とはどういうパフォーマンスを指すのだろうか。

 「音楽劇と言われて何だと言う方がほとんどだと思うんですが、寺田がピアノ・ギターなどの楽器を、田中もパーカッション・ピアノ等いろんな楽器を演奏して歌い、そうした生演奏・生歌をバックに、朗読のお芝居が付いてくるというのが音楽劇です」と主催の寺田さんは語る。

 たとえば、1番はポップの歌、2番から曲にまつわるストーリーが朗読で展開され、3番は歌と朗読の両方がクロスして物語が終焉を迎えていくというスタイルの表現。簡単に言うとそんな感じである。一作品は通常45分~1時間ほどになるという。

 では、なぜ音楽劇と言うスタイルで活動しようと思ったのだろうか。寺田さんが教えてくれた。

夢幻Lab.[想]:[奏]:[創] (音楽劇団)  「もともと芝居を見るのが好きで、いろんなご縁でやらせてもらったりもしたが、音楽とお芝居の世界観を一緒にできないかなと思ったのがはじまりですね。お芝居で流れる音楽はBGM程度ですが、どちらも前に出られることがないかと考えていたところに偶然いたのが、現在のメンバーでした。まゆさんのお芝居を見ていたし、同じ歌を習う門下生のみゆきさんとも出会い、この4人ならできるのではないかと。自分にない物を僕以外の3人が持っていて、芝居、歌、イラスト、会計士、様々な才能を持っています。4人でおしゃべりしていることが多くて、こういうことをしたいよねという話をして、4人でイメージが合致し、結成しました」

 最後に今後の目標や視聴者の皆さんへのメッセージを聞いた。

 「旗揚げ半年なので、音楽劇を多くの人に見てほしいです。音・照明・その場の空気をすべて作品の中に取り込んで、お客さんとして見るというイメージよりは、自分がそこにいるような感覚に、作品の中にいるように感じられる作品を作っていきたいので、一度見に来てほしいと思っています」

USTREAM番組のために書き下ろした音楽劇「星に願いを」

「協奏曲第一番 CROSS~失われた始まりの記憶~」

生きろ!それだけだ……
生まれる前と 生まれた後の記憶が交差する世界<CROSS>
生まれる日を待つ「5つの命」に告げられたのは
人生で歩む過酷な運命 彼らが出した結論は 誕生か それとも
生演奏と 芝居 二つの表現が交差する新たな表現「音楽劇」
劇場CONCERT!必見!!

<原作/脚本/奏楽指揮>寺田 英夫
<演出>太田 真介(COLORE)
<出演>岡田怜奈/森高麻由/坂本裕以/屋木志都子/立川圭吾 ほか

<公演日程>
2012年 1月21日 15:00開演
2012年 1月21日 20:00開演
2012年 1月22日 14:00開演
2012年 1月22日 18:00開演

<チケット>
前売券:¥2.000
11月1日より 一般発売開始!!

<会場>
演劇専用小劇場BLOCH(札幌市中央区北3条東5丁目岩佐ビル1階)

<主題歌>
「共奏」~Hideo Terada~
1月21日劇場公開と同時にSingle 発売予定!

<企画制作>
日之出音楽事務所

<制作協力>
COLORE

<Supported by>
㈲STEPS
㈲ルシエルクレール
cafe amina
Studio Vivo
Voice Works Sapporo

<お問い合わせ>
日之出音楽事務所:011-281-8383
hide.order@gmail.com

「日之出感謝祭 Vol.1」

日之出音楽事務所と愉快な仲間達が送る2Daysのお祭り騒ぎ
『前夜祭』は、がっつり音楽
『本祭』は、がっぽりエンタメ
バラエティ豊かな出演陣のパフォーマンスにも注目

<日程>
『前夜祭?酒と音楽の夕べ?』
12月3日(土)OPEN:20:00 START:20:30
CHARGE:¥2.000(1Drink付き)
ADRESS:北海道札幌市中央区南7西4第Ⅱ北海ビル アバンティ4F
出演:長谷川幸裕 河野圭佑 寺田英夫

『本祭?季節外れの学校祭?』
12月4日(日)OPEN:18:30 START:19:00
TICKET:¥2.000/学生:¥1.000/小学生以下:無料(フリードリンク&お菓子つき)
ADRESS:札幌市中央区南11条西9丁目4-1
あけぼのアート&コミュニティセンター中ホール(旧あけぼの小学校)

出演:夢幻Lab.[想]:[奏]:[創] 長谷川幸裕 河野圭佑 もえぎ色女学院 D.O.G

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。