トピックス

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ

編集部
Written by 編集部

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ

 道内で興味深い活動を行っているクラシカルグループを紹介する連載。今回は、札幌を中心に活動する木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ。アウトリーチやコンサート、ワークショップ管楽器講習会など幅広い活動を行っている5人組の女性グループである。結成のいきさつ、メンバーの素顔に迫る。(収録日:2011年10月28日付)

ポロゴとは?

 童謡やクラシックの名曲が奏でられ、子供たちの賑やかな笑い声や拍手が響く―。2011年9月某日、全校児童約20人が集まった とある小学校の教室での様子だ。子供たちが楽しく音楽に触れあえるこうしたアウトリーチは、木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴが特に力を入れている活動の一つであり、その内容には定評がある。

 たとえば、童謡やジブリ映画『となりのトトロ』の「さんぽ」など子供たちに馴染みのある曲をはじめ、誰もが聞いたことがあるようなクラシックの名曲を管楽器のみのアレンジで演奏する。また、演奏する楽器がどのようなものか、どのように音が出るのかを分かりやすく解説したり、ホースとじょうごを使ったホルン体験コーナー、曲のテーマを当てるクイズコーナーを設けるなど、子供たちが実際に参加・体験できる内容も織り込む。

 彼女たちの活動はアウトリーチだけではない。道内各地の公共ホールでのコンサートも開催し、こちらも好評である。このような活動を行っている木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴだが、どのような経緯で結成されたのだろうか。

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ

ポロゴ結成のきっかけ

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ
楽器はどのように音が出ているのか、メンバーそれぞれが分かりやすく解説する

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ
ホースとじょうごでできたホルンで子供たちに体験してもらうプログラムも用意されている

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ
クラシック名曲コーナーではムソルグスキー「展覧会の絵」をクイズ形式で演奏

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ
メンバーも子供たちも笑顔がこぼれる

 木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴは、札幌在住の若手女性管楽器奏者5人で構成される。メンバーは、フルートの大島さゆりさん、オーボエの岡本千里さん、クラリネットの山本郁実さん、ホルンの長岡碧さん、ファゴットの諸岡今日子さん。名前の由来は、札「幌」の木管「五」重奏団であることから「ポロゴ」とした。

 はじまりは、2007年に青森県で行われた財団法人地域創造主催の「公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業」に参加するために結成した。この事業では、青森県内各地で学校等におけるアウトリーチ、公共ホールでのコンサートに出演したりした。

 このとき、「どうしたら子供たちに音楽の楽しさを共有してもらえるか、コーディネーターの方にご意見いただいたりもしながら知恵を絞った経験を北海道でも活かしたいと、現在の活動につながっています」と代表の山本郁実さんは話す。

 このように、もともとアウトリーチのために結成されたアンサンブルということもあり、当初から学校訪問を取り入れ活動を行ってきた。ポロゴがアウトリーチ活動を大切にしているのは、「クラシック音楽の愛好家を増やしたい」「クラシック音楽のコンサートへ足を運んでくれる人を増やしたい」といった願い、普及への思いから行っている。

 アウトリーチの内容は、当初から変わってきた部分もあるが、その時々でベストと思える内容になるよう毎回話し合いをし、未就学児、小中学校、高校、老人福祉施設、それぞれに合わせてプログラムを決めているという。「すべて異なる種類の楽器のため、アウトリーチでいろんなアイデアを出せたり、長く活動を続けられている一因にもなっている」(山本さん)。

 道内各地に赴いてアウトリーチやコンサート演奏活動を行っており、2011年だけでも、札幌市以外では、新得町、伊達市、奈井江町、月形町、喜茂別町、浜頓別町等、道央圏にとどまらない。この中には、北海道文化財団によるアートシアター鑑賞事業・文化の宅配便事業での出演も含まれている。

メンバーが語るポロゴ

 ところで、メンバーにとってポロゴとはどういうグループなのだろか。「お客さんとの距離が近いグループ」(岡本さん)、「柔軟性のあるアンサンブル」(長岡さん)、「みんながそれぞれ持っている長所で補い合っている団体」(山本さん)。「新しい発見の連続」と話すのは大島さゆりさん。普段ソロでも活動しているが、5人のアンサンブルで新しい自分を発見することができ、曲によって聴衆の反応が違うことや、いただく感想も勉強になると言う。

 これまでの活動で思い出に残っているコンサート・アウトリーチをそれぞれに聞いてみると、「お客さんと直に交流できる公演」(岡本さん)、「斜里町の小さな小学校でのアウトリーチでは生演奏を聴くのが初めてというお子さんがほとんどで楽器に興味津々、遠くまで伺って良かったと思った」(大島さん)など、各地に行って音楽を通して交流できることが印象深かった様子。

 ウィンドアンサンブル・ポロゴは、これからも子供たちに音楽を身近に感じてもらうべく道内各地で活動を続けていく。メンバーを代表し山本さんはこう語る。「ポロゴをきっかけにクラシック音楽や楽器に興味を持ってくれる人がいたらいいなぁと思いながら活動しています。そういえば子どものころ学校に楽器を吹く人が来たな~、楽しかったなぁ、なんて思ってもらえたりしたら嬉しいです」。

【映像】小学生対象のアウトリーチのダイジェスト

メンバープロフィール

[フルート] 大島さゆり(おおしまさゆり)

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ フルートの大島さゆりです。食べる事が大好きで、メンバーの残り物まで私が食べています。体力を使う仕事なので食事が基本です!特に好きな食べ物は焼き肉です。

函館市出身。札幌大谷短期大学音楽科卒業、同短期大学音楽科専攻科修了、ハンガリー国立リスト音楽院へ留学。霧島国際音楽祭にてT.ロバーテロ氏のマスタークラスを受講。フルートを山下晴生、新井まどか、コヴァーチ・ローラント、森圭吾の各氏に師事。金笛カルテット、アンサンブルグループあみゅぜ、各メンバー。

メンバーの皆さんから一言
(岡本) サバサバしていて、話が面白いく、アドリブがすごいです。
(山本) いつも笑顔で、さらっと面白発言をしてみんなを爆笑させてくれます。
(長岡) 笑顔が素敵な癒し系です。早朝に集まっても一人だけメイク完了で朝から爽やか!
(諸岡) いるだけでそこはさゆりさんオーラに包まれます。他の人にはない独特の空気感を持っていると思います。

[オーボエ] 岡本千里(おかもとちさと)

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ オーボエの岡本千里です。読書、日ハムの応援、ご当地キティちゃん集めが好きです。

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。同大学大学院修士課程教科教育専攻音楽教育専修修了。ソロや室内楽などの演奏活動、後進の指導などを行っている。オーボエを寺岡稔、岩崎弘昌各氏に師事。ヤマハ株式会社登録講師、株式会社キクヤ楽器LABO MESSEオーボエ講師。札幌音楽家協議会、ハイメスアーディスト会員。

メンバーの皆さんから一言
(大島) おしゃれ番長(雑誌から出てきたような流行にのった洋服を着ています)。
(山本) いつみても雑誌に登場しそうなくらい女の子らしくてオシャレ。そして多趣味。
(長岡) 一番女の子らしい人。見た目だけじゃなく中身も可愛らしさ満載です。
(諸岡) ポロゴのAKBです(笑)いつでも可愛く時々ボケるところが萌えポイントです。

[クラリネット] 山本郁実(やまもといくみ)

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ クラリネットの山本郁実です、ふつつかながら今のメンバーで代表を務めています。かなりうっかり者なので、いつもみんなにフォローしてもらってなんとかやっています。熱しにくく冷めやすいのですが、一番長く細々と続いている趣味は献血でしょうか……。

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。同大学卒業演奏会に出演。ノルウェー国立ベルゲン大学グリーグ音楽院へ留学。第12回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。Kanon、札幌管楽ゾリステン各メンバー。これまでにクラリネットを木田亜子、多賀登、H.ニルセン、渡部大三郎各氏に師事。ヤマハ株式会社登録講師、島村楽器ミュージック・スクール、わかな音楽教室、RISE音楽院各講師を務める。

メンバーの皆さんから一言
(大島) 濡れ髪美人(朝早い時は洗った髪を乾かさずに現れます)。
(岡本) 山本さんがいなかったら、ポロゴ活動できないくらい頼りになります。頭良過ぎです。
(長岡) まっすぐで透明感がある人。賢いのにちょっと天然というバランスも絶妙です。
(諸岡) なんでもこなせる敏腕女社長でメガネをとると色っぽい女性に変身されます(笑)

[ホルン] 長岡碧(ながおかみどり)

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ ホルンの長岡碧です。趣味はケーキを食べること!美味しいケーキ屋さんを日々探しています。

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。ホルンを西條雅人、橋本敦の両氏に、室内楽を内田輝氏に師事。ヤマハ株式会社登録講師、RISE音楽院講師、高等学校にて音楽講師を務める。札幌管楽ゾリステンメンバー。

メンバーの皆さんから一言
(大島) ケーキ大好き(ケーキを食べた数を記録しています)。
(岡本) いつも一番周りに気を遣っています。
(山本) ケーキと高い場所(展望台とか)が大好きで、女性らしい細やかなところに気の付く人。
(諸岡) 笑顔が素敵な社長秘書で、家計簿?といつも戦っています!

[ファゴット] 諸岡今日子(もろおかきょうこ)

木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ ファゴットの諸岡今日子です。ファゴットというマイナーな楽器をはじめたきっかけは、中高とクラリネットを吹いていたのですが高校1年の頃、コンクールでどうしてもファゴットが必要で先生にやってみないかと言われ、「音が出たらやります!」と宣言したら音が出てしまったのです……。今思えば音を出すだけなら誰でも出来ることに気付いてしまいました……(笑)趣味は歌って踊ることです。

札幌大谷大学音楽学部音楽学科在学中。第46回TIAA全日本クラシック音楽コンサートにてアンサンブルで奨励賞受賞。第20回日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位入賞。草津夏期国際音楽アカデミーにてM.トルコヴィッチ氏のマスターコースを受講。これまでにファゴットを坂口聡、夏山朋子各氏に、室内楽を金野里奈、島方晴康各氏に師事。

メンバーの皆さんから一言
(大島) アニメオタク(アニメソングを振り付きで唄っています)。
(岡本) 年下なのに私より大人っぽいです。真面目なときとそうじゃないときのギャップがすごい。笑
(山本) 車の中でAKBを熱唱しています。じわっとにじみ出る面白さがあります。
(長岡) 面白くて気配り上手。みんなを和ませてくれる人です。歌って踊れます。

[リンク]
木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ 公式ウェブサイト
木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ 公式ブログ

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。