トピックス

しものまさひろさんにインタビュー

編集部
Written by 編集部

しものまさひろさんにインタビュー

今回のインタビューは、札幌市を中心に独自のウンドー「あへあほ体操」普及活動を行っているウンドープロデューサー、しもの まさひろさんです。あへあほ体操って何?という基本的なことも含めてお話を伺いました。(収録日:2010年10月10日付)

― どんなお仕事・活動をなさっていますか?
 ウンドー指導が中心です。独自のウンドー「あへあほ」の普及活動をしています。活動場所は、病院、スポーツ施設、企業、学校、など様々です。札幌での活動が多いですが、地方にも講演や特別講座など呼んで頂く事もあります。
 あへあほ体操という独自のウンドーを考案してからは、メディアやイベント出演のお仕事も頂くようになりました。

しものまさひろさんにインタビュー

しものまさひろさんの経歴
18歳 陸上自衛隊に入隊。
19~22歳 第11特科連隊多連装ロケット中隊という部隊に約5年間所属。その時に部隊の代表として駅伝強化選手として活動。
22歳 持病の腰痛の悪化で入院……病床でスポーツトレーナーの道を決意。
23~25歳 陸上自衛隊を除隊し、夜間のカイロプラクティックの専門学校で2年間、身体について徹底的に学ぶ。昼間は整骨院や整形外科リハビリ科で経験を積む。
25歳 フリーでの活動を始めながら、フィットネストレーナー、エアロビクスインストラクターなどの資格を次々に取得し、ヨガ・ピラティス等あらゆるトレーニング方法を独自に研究。
27歳 あへあほ体操を考案。2007年5月に出版された小冊子「簡単ひざ体操」がきっかけとなり、情報番組HTBイチオシ!の体操コーナーを担当(2007~2009)
29歳 あへあほ体操が歌になる。NHKみんなのうた等を手がけた作詞家 山本氏の総合プロデュース。作曲はV6や島谷ひとみさんなどに曲を提供しているKANKE氏。歌は自身が担当。(みんなで楽しく歌って踊れるウンドーな曲です)
31歳 あへあほ体操がDVDになる。

しものまさひろさんにインタビュー

(あへあほ体操・動画)



― あへあほ体操はどのようにして誕生したんですか?
 あへあほ誕生前は「効果のみ」を追求してウンドー指導をしていたのですが、ある男性に「誰でも出来てインパクトがあって忘れない体操を考えて欲しい」と言われました。
 そこで誰でもできるお腹を凹ませる動作にインパクトがあって忘れない「あへあほ」という言葉をつけました。そしてさっそく生徒さん達にドキドキしながらお披露目指導をすると予想以上に喜んでくれました。
 「あへあほ体操」をすると会場の空気が変わるんです。一体感が生まれます。「あへあほ」で人と人が繋がっている感じがするのです。

― あへあほ体操はどのような体操なのか、具体的に教えていただけますか?
 「あ~へ~あ~ほ~」と繰り返し言いながら、「へ」と「ほ」の時にお腹を凹ませるだけのウンドーです。「あ」のときは、ただ「あ~」と言うだけです。お腹の奥(インナーマッスル)が鍛えられます。このウンドーが入口となって、色んな体操をしてもらう。それが「あへあほスタイル」です。

しものまさひろさんにインタビュー
しものまさひろさんにインタビュー

― どのような方にあへあほ体操をオススメしていますか?
 ウンドーしたくない人です。「こんなんでいいんだぁ~」と思って欲しいです。

― このお仕事をしていて、楽しかったことや、うれしかったこと、やっていてよかったことなどありましたらお聞かせください。
 今回の取材もそうですが、僕の活動に興味を持ってくれた方から連絡を頂いたり、「応援してます!」とか「あへあほ やってます!」などの手紙やメールを頂いたりすると凄くうれしいです。

― 今後の目標や夢について教えてください。
 もっともっと多くの人達に「あへあほ」を知ってほしいですね。近日、DVD「簡単スッキリ!健康体操 あへあほ」がリリースされます。北海道から全国へ! そして世界へ「あへあほ」を広めていきたいと思っています。

しものまさひろさんにインタビュー
しものまさひろさんにインタビュー

しもの まさひろさんのプロフィール

1979年7月8日生まれ、札幌市出身、札幌市在住。ウンドープロデューサー。27歳で独自のウンドー「あへあほ体操」を考案後、様々なメディアで紹介される。2010年にはDVDを発売し、あへあほ体操の輪は確実に拡大中。オフィシャルサイトオフィシャルブログもある。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。