今回ご紹介する「ひと」は、旭川を中心">
今回ご紹介する「ひと」は、旭川を中心">てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家) – 北海道ファンマガジン
トピックス

てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家)

編集部
Written by 編集部

今回ご紹介する「ひと」は、旭川を中心に活動する女性イラストレーター・てじまともこさん。カラフルな"虹色"が印象的な絵描きだ。イラストレーターのほか、絵本作家、クラフト作家としての顔も持つ。(収録日:2012年3月29日付)

てじまともこさんは、旭川市を中心に活動するイラストレーターだ。小さい頃から絵を描くのが好きで、小学校1年生の時に好きな先生に絵を褒められてから「将来は絵描きさんになりたいなぁ」と思っていたという。本格的に美大に行ったわけではないが、2006年の出産を機に、自分の一番やりたいことで勝負しようと本格的に絵を描き出した。そして2009年以来、絵描きとして活動している。

てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家)

てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家) てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家)

てじまさんが描く絵の特徴は何と言っても「にじいろグラデーション」だ。グラデーションを多用した女性らしく明るい優しい絵なのだ。そして、一枚の絵の中に、緑、青、橙、紫、黄などたくさんの色を散りばめる。まさに「虹色」という言葉がぴったり。

てじまさんはこう語る。「絵は水彩を用いた明るい色を使って描くにじいろグラデーションの絵です。いっぱい色を使った絵をにじませて光のある世界を表現しようと思っています。木や花、星や空など自然のものを頭の中でイメージして描くことが多いです。」

絵本も同様で、1ページごとに色が変わっていく読んだ人が宝物にしてくれるような絵を描く。ご自身の作風に影響を受けた人物を尋ねると、「中学生の時によくシャガールの画集を見ていました」と答えてくれた。マルク・シャガール(1887-1985)とは20世紀のロシア出身のフランス画家である。

てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家) てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家)

絵描き、絵本作家としてのほか、絵を使ってできる様々な作品をも生み出してきた。洋服に直接絵を描くペイント洋服シリーズ、モビール(室内装飾)、レジン作家と協力したチョウチョのピアスなどがそうだ。

アートイベントも積極的に開催

てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家) てじまさんは、自分が作った絵本の読み聞かせイベントも行う。幼稚園や小学校で子供たちに読むが、普通の読み聞かせとは異なる点がある。本には文章入れず、その時の子供の年齢に合わせたり、気分によってお話や言葉を変えたりすると言う。こうした活動はてじまさん本人にとっても特に励みとなっている。

「子供の反応はいつも違って制作の糧になります。まっすぐな瞳でお話に入り込み、ワーッと歓声が上がる瞬間があり、絵を描いていてよかった!と思いますね。てじまさん!とみんながキラキラした目で声をかけてくれるのでやめられません。」

展示会も積極的に開催したり参加している。クリエータを集めて行うチャリティ展の開催や、アートマルシェというたくさんのオリジナル作品を集めたアートイベントの開催、自身の個展などである。

「個展は毎回お客さまの反応が楽しみですし、モビールのワークショップでは、体験する生徒さんが変わればできる作品もさまざまで、いい刺激をいただいています」と、てじまさんは話す。

自分の作品に込めた思いが人の心に届くように

絵描きとして活動していて良かったと思うことは「自分の作品に込めた思いが人の心に届くこと」だという。東日本大震災以降は支援活動として「クリエーターズ・チャリティ展」も何度か開催してきた。

「絵で何ができるか。震災直後も自答しましたが、私の作品を見た人が感じてくれる心から出てくる思いを受け取った時にやっててよかったと実感します。もともとは自分がやりたくてやっている仕事ですが、これが好きという想いでつくる作品が見る人にうれしい、安心する、元気になるといった気持ちを届けてくれて、てじまともこの絵が好きだと言ってもらえること。やりたいことをやって人に喜んでもらえるというのはこの上なく幸せなことだと感謝しています。」

今後はもっとたくさんの人に作品を見てもらえるように道内にとどまらず活動の幅を広げていく。てじまさんはこう語る。「何よりもっともっと心に描く思いを見る人の心まで届くよう技術も人間も広げていきたいと思います」。

てじまさんは自分の作品をいっぱいに詰め込んだ「にじいろアトリエ」を持つことを目標に、今日も旭川の地で活動している。

イベント情報

アートマルシェ~spring~
日時:2012年5月3日~13日 10:00~19:30(最終日17:00)
場所:Feeeal旭川 旭川市1条8丁目(買物公園、旧丸井)
主催:てじまともこ
オリジナルの作品を制作するアート、クラフト、陶芸、木工、アクセサリーなど、多ジャンルのクリエーターによる作品の展示販売。北海道外からも作品の出品があります。土日・祝日は作家が教えるワークショップ開催。(モビール教室・ガラス焼き教室、キャンドル作り、スイーツデコ、他)

てじまともこさんのプロフィール

てじまともこさん(イラストレーター・クラフト作家) 1980年12月23日生まれ、旭川市出身・在住。旭川を拠点に活動するイラストレーター・クラフト作家。絵を描くことが好き。2006年に出産を機に絵を本格的に始め、2009年以降絵描きとしてデビューした。絵描きのほか、絵本制作と読み聞かせ、モビール、ペイント洋服などの制作も手掛ける。公式サイト http://www.tomokotejima.jp/、公式ブログ http://blog.livedoor.jp/t_tejima、ネットショップ http://tomokotejima.shop-pro.jp/。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。